2020年5月19日 (火)

庭レンジ開けず・・・

夜半から雨の火曜日、風も強い。

午前11時過ぎの天候、

気温18℃、東北東の風8m、雨あり。

庭レンジ開けず・・・・・

Dscn6907

2020年5月12日 (火)

風あり、涼し

5月半ばの火曜日、曇り。

午前10時半過ぎ、庭レンジにてASG(エアソフトガン)トレーニング開始。

気温20℃、北東の風4m、風やや強し。

Omleft

WA(ウエスタンアームズ)

.45ハイキャパシティ・オプティカルマッチ

Omright

20年位前、知人より譲り受けた物。

名称が分からなかったので、

フェイスブックのトイガン関係グループで

尋ねてみると、さっそく教えてくれた。

SNS、ありがたいものである。

Datsaight

譲り受けたのは本体のみ。

後に、赤羽フロンティアで、ダットサイトを購入した。

この銃を含め、所蔵ASGの多くはろくに撃っていない。

射距離5m、ダットサイトで照準して撃った。

Onehand

BB弾は0.25g

素直な弾道は、さすがWAだけのことはある。

Towhands

Handgun

この日の長物は、先日Amazonでポチした

クラウンU10

Dscn6895

ナイロン製のスリングを付けた。

膝射と伏射にスリングを使うつもりでいたが、

どうも上手くセット出来ない。

Dscn6896

諦めて、スリングに頼らないで各姿勢を執ってみた。

K_20200512152001

この銃は、全体がプラスチックなので、

ことのほか軽い。

カタログデータでは1,800gとある。

エアコッキング式であるが、

ボルト開閉操作も軽く、扱いやすい。

P_20200512152301

射距離7mとした。

弾道は素直である。

S_20200512152401

Lk-rp

↑ 左;膝射  右:伏射

St

↑ 立射

Equipment

長物射撃の装備

上衣:チャンピンズチョイスのシューティングジャケット、

下衣:カジュアルパンツ、

グローブ:AHG

靴:スニーカー

正午前、約1時間半のASGトレーニングを終了する。

 

 

2020年5月 8日 (金)

Amazonでポチ・・・

Amazonでポチした。

Dscn6861

クラウン・スーパーライフルU10シニア

Dscn6862

ボルトアクション、エアコッキング式の

エアソフトガン。

全長110cm、重量1.8kg

全身プラスチック製。

特徴は、照準器。

リアサイトはピープ、フロントはポスト型。

Dscn6863

ピープ径がやたらと小さい。1mmくらいだろうか。

スタMasaがフリーライフルで使っているリアサイトのピープ径は、

1.2mmを基準にしている。わずか0.2mm狭いが、

結構眼が疲れる・・・・・

Dscn6866

庭レンジでゼロイン。

プローン(伏射)の姿勢での固定射撃。

Dscn6870

この銃は、ケースレスとカートリッジの二つの方法で給弾できる。

ケースレス・マガジンを外し、カートリッジ式にして撃った。

Dscn6871

ホップは最弱、射距離は10m。

BB弾は付属品を使った。たぶん0.2gか・・

Dscn6867

エアコキだが、ボルトの操作は軽い。

結構素直な弾道である。

Dscn6869

送料込み8,081円。良い買い物だったとは思う。

午後1時半ころの気候。

気温20℃、東南東の風4m、

風がやや強めであったが、

トイガン・シューティングにはまずまずの気候。

Dscn6876

装備は、ダンガリーシャツの上に、

チャンピオンズチョイスのライフル・ジャケット、

下衣はカジュアルパンツ、

日差しが強めだったので、ゴーグルは黒。

Dscn6879_20200508175901

西日が強くなる前に、

庭レンジを閉めた。

 

 

 

 

2020年5月 1日 (金)

今日の庭レンジ

新緑の季節5月。

その初日は晴れ、気温は高い。

午後1時半ころ、気温24℃、南の風3m。

庭レンジ開設。

Dscn6828

ハンドガンは、ウエスタンアームズ製、

コルトM1911MKⅣシリーズ80CQB。

これも20年前に購入した銃。

Dscn6822

Dscn6823

気温はガスガンには適していたらしく、

快調に動いた。

Dscn6826

射距離5m

Dscn6825

Dscn6827

長物はAPS-2

この日は立射だけ撃った。射距離10m

Dscn6830

Dscn6831

日差しが強ったので、ゴグルは黒を使った。

Dscn6832

↑ 左APS-2  右M1911CQB

いずれの銃も、実銃と違い弾速が遅い。

BB弾が放物線を描いて飛ぶのが見える。

 

午後3時過ぎると、西日が強くなるので、

標的が見えなくなる。

ほどほどにして終了。

Dscn6824

 

2020年4月29日 (水)

庭レンジ、お休み

庭レンジが開設出来るのは、

妻が仕事に出かけて自宅に居ない平日で、

雨が降っていない時。

ゴールデンウイーク初日、

妻は庭花壇の雑草除去などの作業をした。

レンジは開設出来ない・・・

 

 

2020年4月27日 (月)

庭レンジ、やや寒し・・・

4月下旬の月曜日、午前10時半過ぎの天候は、

曇り、気温14℃、東北東の風4m

という状況であった。

コロナ禍により、不要不急の外出は控えなければならない。

エアソフトガンを持って、庭レンジに入る。

Dscn6812

この日のハンドガンは、

WA製ウイルソン・コンバット・サービス。

マガジンはシングルスタックのM1911系。

Dscn6810

距離5mで撃つ。

Dscn6811

快調に動いていたかと思うと、

ジャムし始める。

屋外の気温14℃は、

ガスガンには良い条件とは云えないようだ。

Dscn6814

次に長物。

UXスーパー7

Ux7left

今は無きトイガンショップ主催のシューティングマッチの賞品。

Ux7right

カートリッジ式エアコッキング、レバーアクション。

Dscn6818

距離7m。

Dscn6819

レバーアクションは面白いメカである。

レバーコッキング時、いささか手が痛い・・

Img_1010

Img_1011

スタMasaの技量不足を差し引いても、

精度はあまり良いとは云えない銃だ。

Dscn6820

 

 

 

2020年4月24日 (金)

金曜日、庭レンジ

金曜日、晴れ、気温15℃、東の風3m

ASG(エアソフトガン)を出して、

庭レンジで射撃。

Dscn6788

この日のASG、ハンドガンは

WAのウイルソン・コンバット・クラシック。

Img_1001

Img_1002

20年位前の製品。たぶん、トイガンイベント、

ブラックホールで購入。

Dscn6797

シューティングマッチ用なのか、

スライドのストロークが短く、

スライドストップが掛からない。

Dscn6798

距離5mで、ツーハンド及びワンハンドで撃つ。

標的の真ん中を狙点とするセンター照準を執る。

素直な弾道である。

BB弾は、棚の奥から出てきた0.25g。

今の主流は0.2gらしい。

手持ちの0.25gと0.22g、0.3gを優先的に処理することにする。

 

今回の長物は、サンプロジェクトのレミントンM700。

Img_1003

これも大昔、ブラックホールで購入、したと思う。

ASGのパワー規制、準空気銃所持の禁止が法制化される、

ということになった時、簡易のパワー測定器を購入して、

所蔵ASGのパワーを調べた。

このサンプロ700だけ、突出したパワーで、

1J(ジュール)をはるかに超えていた。

サンプロ本社に架電したところ、

「お客様の送料御負担で弊社のお送りいただければ、

無料でパワーダウン作業いたします。」

との回答。

すぐに宅配便でサンプロ本社に送り、

無事、パワーダウンして還って来た。

Img_1005

この銃、木製ストックだが、

スリングやバイポッド装着のためのスタッドが無い。

今回は、距離7mで立射だけ撃った。

Dscn6800

この銃のトリガーの切れの悪さは、

オリジナルのRem700と同じような感じだ。

そういう点ではリアルである。

Dscn6804

Dscn6802

装備は、前回同様、

チャンピオンズチョイスのジャケット、

タクティカルパンツ、スニーカー、

AHGのグローブ

射撃練習を終え、昼食とした。

 

2020年4月21日 (火)

庭レンジ始動

新型コロナウイルスが世界中に蔓延している。

その影響は甚大である。

多くの射撃場が閉場している。

AR(エアライフル)、SB(小口径ライフル)

BB(ビッグボア・ライフル=大口径≒センターファイア・ライフル)

の練習場所が無い・・・・・・

毎日、据銃練習はしているが、弾を出したい欲求にかられる。

先週は、天候に恵まれなかった。

雨風が強い日が続いた。

自宅庭にて、エアソフトガンを撃つ設備を整えた。

Dscn6766 

お隣方にBB弾が飛び込まないよう、

ビニールシートでバックストップを作る。

火曜日、曇天なるも風は無し、

射撃には良い気候。

庭レンジ、始動である。

この日のハンドガンは、

ウエスタンアームズ製、S&Wモデル6906コンバットマスター。

Img_0991

2年前のゴールデンウィーク、

トイガンイベント「ブラックホール」で購入した製品。

Dscn6767

今ではオートマチック型ASG(エアソフトガン)の

ブローバック当たり前であるが、

このM6906は固定スライド形式の銃である。

ハンマーをコックして撃てるが、

次弾からダブルアクション・オンリーとなる。

トリガープルが軽いので、

DAでも苦にならない。

Hg

射距離5m。素直な弾道である。

Dscn6769

M6906を50発ほど撃った後、

ライフルを撃つ。

Img_0995

APS-2。箱出し、何も弄っていない。

これは20年位前、浜松町でのブラックホールで購入した物。

スコープはメーカー不詳、トイガン用の安価な製品。

Dscn6783

装備は、ダンガリーシャツの上に、

チャンピオンズチョイスの射撃ジャケット、

下衣はタクティカル・パンツ、

靴はスニーカー、グローブはAHG。

なお、銃に付けたスリングは、

アンクルマイクス製の1インチ幅のミリタリータイプ。

マガジンには6mmBB弾が25個入るので、

膝射、伏射、立射の各姿勢25発ずつ撃った。

Dscn6774

K_20200421181101

以上、膝射

射距離10mとした。

Dscn6779

↑ 伏射

Dscn6781

↑ 立射

S-p

↑ 向かって右が伏射、左が立射の弾着。

BB弾の弾痕、実銃と違ってきれいに穴が開かない。

約1時間半、トイガン射撃練習を実施した。

弾を出すことは出来たが、

何か物足りなさを覚えた・・・・・

 

 

2020年1月 5日 (日)

硝煙の香り

SB(スモールボア・ライフル=リムファイア式小口径)撃っても、

散弾銃撃っても、硝煙の匂いはあまり感じていなかった。

SB射場、練習場所は屋外、クラブ対抗戦の会場、静岡藤枝の

スポーツパル高根の郷はインドアだが、射距離50mなので、

空気の流れは良い。クレー射撃は屋外で撃つ。

AR(空気銃)は、そもそも火薬を使わない。

グアムのG.O.S.Rも屋外射場なので、

煙は拡散する。

埼玉長瀞射撃場

の300m射場は、ほぼ覆道式射場なので、

大口径ライフルの硝煙が煙たい時がある。

硝煙を感じるのは長瀞くらいであろうか・・・

 

正月恒例のトイガン系イベント「ブラックホール」を

覗いてきた。

Bh 

会場は、東京浅草の、東京都立産業貿易センター台東館の

4階フロア。

今回はモデルガンの展示が多かった。

高級モデルガンのB.W.Cと、タニオコバのブースでは、

モデルガンの無料試射コーナーがあった。

両ブースで1911系モデルガンを撃たせていただいた。

キャップ火薬使用、これが結構な発射音を出す。

さらに、撃発時にそれなりの反動が感じられた。

そして燃えた火薬の匂い=硝煙の香りが、漂う。

専用のツールで調べたら、スタMasaの衣服や皮膚から

濃い硝煙反応があるだろうと、思った。

 

モデルガンの硝煙、ひどく懐かしい感じであった。

BB弾を発射するエアソフトガンに硝煙は無い。

弾が発射されないブランクのモデルガンの魅力は、

硝煙の香りだろうか、と思った正月休暇であった。

 

2018年9月24日 (月)

グアム射撃合宿2018 四日目最終日

土曜日、行程最終日。

Dscn3391

朝食はホテルのレストランではなく、外に出る。

Dscn3396

Dscn3397

パンケーキを食べたい、と思った。

Dscn3401

IHOP、有名なパンケーキ屋。

朝食会メンバーは、ATRさん、OZさんとスタMasa。

Dscn3403

グアムの料理の量は多い。食べられそうな量を選んだ。

パンケーキ、目玉焼き、ベーコン、コーヒーの朝食、
食べて満足した。

Dscn3413

宿に戻り、NHKのテレビ放送を見ながら、帰国準備する。

Dscn3415

チェックアウトまで時間がある。
グアムの銃砲店「KE-RA-DA」を覗きに行くことにした。

ATRさんとoda選手とスタMasaの三名。
ホテル街のバスが通っていない所なので、
ホテルのタクシーで向かう。

Imgp8302

10時30分開店、とのことだが、人の気配は無い。
待つこと約5分、店主が現れた。
セキュリティ面から撮影は禁止。

英語が話せるATRさんに通訳してもらう。
小規模な銃砲店であるが、
ショーケースには、グロック等のハンドガンが並ぶ。
壁には、M4系等の自動ライフル、
スタームルガーアメリカン・ライフル等のボルトアクションが並ぶ。

冷やかしだけでも恐縮なので、
ベルト1本と30口径用の洗い矢ブラシ1本を購入。

店の前で待機してくれたタクシーでホテルに戻る。

Dscn3418

Dscn3435

初日に行った室内射撃場「HAFA ADAI SHOOTING GALLERY」再び訪れる。
〆の射撃。
善良なクリスチャン、OZさんも参加した。

Dscn3460

↑ CZ75を撃つOZさん。10発中3発が標的紙に入った・・・・・

Dscn3448

Dscn3454

Dscn3465

↑ ATRさんは.38スペシャルのブラジリアン・タウルスのスナブノーズ・リボルバーを気に入ったもよう。
 安定した射撃で合宿を〆た。

Dscn3457

↑ oda選手、コルト1911で合宿〆の射撃。

Dscn3468

Dscn3467

Dscn3469

Dscn3470

Imgp8315

Dscn3445

午後2時過ぎ、HISの送迎車がホテルに来る。
グアム国際空港に向かう。

Dscn3473

Dscn3476

帰国のための搭乗手続きをする。

Dscn3483

この飛行機で成田に向かう。

Dscn3492

Dscn3496

Dscn3504

離陸。

Dscn3536

UAの機内食は・・・・・まあ、こんなものだろう

Dscn3551

Dscn3576

離陸後約3時間20分、成田に着陸。

Dscn3588

本合宿はここで解散した。

スタMasaはバスで帰還

Dscn3597

Dscn3594


2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック