2018年6月10日 (日)

870でBANG!BANG!!

6月2週目の日曜日、台風が近づいているせいか、雨と風typhoon

このところ暑い日が続いていたが、この日曜日は気温が20℃くらい、
少々肌寒い。

午前中、要件を済ませ、午後は、高萩射撃場に向かう。

Dscn2658

先客無し・・・この日は同射場の練習会であったが、
それも終了し、参加者は既に引き上げていた。

単独トラップとなる。

Dscn2655


得物は、レミントン870

Dscn2657

Dscn2653

装弾は、この射場で購入のRIO、24g、7.5号のトラップ仕様

Dscn2654

装弾を100個購入、ラウンドは行けるところまで・・・
結局3Rで全弾消費した。


どこをづ撃ってよいのか分からないトラップの謎sign02

中る感じは全く無かったhappy02

Dscn2660


2018年6月 2日 (土)

水戸市射撃協会の夏大会

Dscn2652_2

↑ の葉書が届いたのは四月だったろうか・・

当日は晴れ、気温は25℃くらいまで上がった。

水戸市射撃協会の会長は、水戸市長である。

高橋市長さん、実は散弾銃所持者である。

Dscn2636

この市長さん、県議のころから、腰の低い、偉ぶらない人である。
今回、久しぶりに市長も競技に参加した。

Dscn2638

スタMasaは2組の一番立ち。

試合なので、ベレッタ682を使った。
装弾は、本大会協賛の、信田銃砲火薬店で購入したインペリアル、7.5号24g

場所は、友部射撃場

スタMasa、この射場とは相性が良くない・・← ’迷人の言い訳bleah

一生懸命撃ったつもりだったが、 14 14 10 12 計50

無残なスコアである・・・

Dscn2642

どこをどう撃ってよいのか、全く分からずの、
泥沼状態down

Dscn2650

↑ 装備は、上衣はニットシャツにクレーベスト、
 下衣はカジュアルパンツ、靴はスニーカー、
 ゴルフグローブ、イエローのシューティンググラスを着ける。

ふと見ると、市長さんは左射手であった。

Dscn2648

Dscn2649

公務多忙の市長さん、久しぶりのトラップは苦労していたようだ。

Dscn2645

昼過ぎ、競技終了。

スタMasa、酷いスコアであったが、Bクラス3位、ということであったcat

Dscn2651


2018年5月13日 (日)

サンデーシューター

5月半ばの日曜日、曇りcloud
天気予報では、午後から雨rain

午前中の要件を済ませ、
午後は高萩射撃場に向かう。

午後1時過ぎ、射場着。天候は、まだ曇り。

射場には、O内場長と射撃指導員のAZさんの二人だけ。
使用者名簿を見ると、午前中に3名の客が居たようだ。

Dscn2582

Dscn2583

Dscn2581

この日の得物は、ベレッタ682

Dscn2589

装弾は、この射場で販売の、RIO(リオ。アールテンではない)

演目はトラップ射撃。

Dscn2586

1R目   2枚目右方向を抜く。やはり右が駄目か・・と嫌な感じがする。
      右方向、出たら追う、照星に皿を乗せる、六時照準の要領、
      さらに銃口を皿の右方に滑らせ撃発・・・
      なんとなく上手くいった。   21点
       今年のベストスコアである。

Dscn2584

2R目   初っ端、いきなり抜くが、右方向を取れるようになった。イージーミスがあり、21点

Dscn2587

3R目    ぽろぽろ抜くが、射撃の感じは悪くない・・・ 20点

Dscn2585

一息ついておりと、AZさんが
「8割が見えてきたかな・・」
と一言。

チキンハートのスタMasa、すっかり意識してしまった。←迷人会の得意技『言い訳』

4R目  右方向はなんとか取れるようになったが、
     左方向が取れなくなった。失中8枚中5枚は左方向であった・・17点

ここで弾切れ、終了。

Dscn2591

装備   上衣:ニットシャツ+クレーベスト
      下衣:普通のスラックス
      グローブはゴルフ用、靴はスニーカー

Dscn2596

Dscn2593

装備続き   イアプロテクターはサイレンシオ、
         シューティンググラスは、色はイエロー、スミス&ウエッソンのブランド

Dscn2594

↑ クラブハウス内の掲示物

午後3時過ぎ、降雨mist
ゆっくり後片付けをして、山を下りたmaple


2018年5月 2日 (水)

Remington2種の射撃

連休の間の木曜日。
仕事休み日。

曇り空cloud

笠間=茨城県狩猟者研修センターに向かう。

朝9時過ぎ、大口径射場には先客ハンター2名様。
さらに、馴染みのMZさん来場。

Dscn2450

スタMasaの得物。
レミントンM700
口径.308Win.

実包は、弾頭シェラ110grHP+火薬IMR4064を44.3gr.初速2800fps見当+薬莢ノルマ+
雷管フェデラルのリロード弾

隣の射座に入ったMZさんは、クリードモア・ライフルを使う。

Dscn2448

銃身を6.5mmクリードモアから6mmBRに換装したとのこと。

Dscn2449

MZさんは伏射を練習。

スタMasaは3姿勢練習。

Dscn2452

Dscn2463

Dscn2464

Dscn2465

Dscn2457

Dscn2462

この日の装備は、ジャケット&トラウザーはザウアー
グローブはAHG
靴はステンバーグ

Dscn2453

Dscn2459

ライフル練習後はトラップを2R撃つ。

Dscn2471

レミントン870を使う。

Dscn2469

装弾は、近所の銃砲店

で購入したインペリアル。

Dscn2466

ベレッタDT10を携えた40歳代の男性射手とラウンドする。

その御仁、左利き、技量は相当高い。

Dscn2467

Dscn2468

スタMasa、全く中らずdown

Dscn2470

午後3時過ぎ、引き上げた。


2018年4月29日 (日)

連休二日目、技能講習

ゴールデンウィーク二日目は日曜日。
朝から晴れsun

午後から散弾銃の技能講習を受講。

場所は、高萩射撃場

午後1時射場入り。

Dscn2427

受講者は二人。 もう一方は、今回初めての更新とのこと、
40歳代の男性。銃はベレッタDT11。

スタMasaはベレッタ682を使った。

Dscn1728

銃を手にした時、必ず薬室を確認
銃口を人の方向に向けない
射撃時以外、引鉄に指を触れない

が基本事項。

分解組み立て、安全な保持方法、不発時の処理等々

Dscn2430

↑ もう一人の受講者の方は、実射の前に練習射撃を行なった。
スタMasaは経費節約のため、練習無しとした。

実射はストレート25枚を、初矢のみで撃つ。
そのうちどのくらい中ればよいか・・・

Img_7118

5枚以上的中が公安委員会の指導らしい。

強風があった・・・(言い訳のよい材料

思うように中らないdown
10発撃ったところで、まだ3枚しか的中していない。
焦りが出てきたsweat01

後半、なんとか持ち直したが、結果14枚pig

Dscn2434

合格ということではあるが、
特記事項
「射撃技能が低下している」
「練習量不足」
と評価された、ようだhappy02

連休明けには、技能講習修了証明書が交付されるはず。
同証明書が揃えば、
更新申請書類が整う。

5月末に所持許可更新申請を行なう。


2018年4月12日 (木)

春の銃砲検査、その後・・・

恒例の春の銃砲検査は木曜日。
出勤日と休日を変更して、
会場である公民館に行き、
検査を受ける。

晴天、汗ばむ陽気。
午後は高萩射撃場に向かった。

Img_7107

先客は、ブログ友の、ふまっちゃんさん

DT10とRem870を持参していた。

スタMasaの得物はRem870

Img_7111

ふまっちゃんさんに3Rお付き合いいただいた。

Img_7112

Img_7113

先週の水戸市射撃協会の春大会の後遺症か、
まるで中らず。 
左右真っすぐ、すべての方向で失中の連続であった。

Img_7115

トラップ名人の、ふまっちゃんさん、上下でもリピーターでも
上手にこなす。

それに引きかえ、スタMasaは・・・
中らなくても、Rem870は撃っては面白い銃だ。

撃ち終えて、ふまっちゃんさん、場長としばし歓談の後、
引き上げた。

Img_7116

Img_7114

↑ クレーベストの胸に輝く迷人会バッジ


2018年4月 7日 (土)

新年度最初の試合

2018年3月、スタMasaは39年務めた職場を退職した。
悠々自適の御隠居・・・・・

とは行かず、再就職した。
夜勤無し、週5日勤務の堅気のサラリーマン、
某役所の非常勤嘱託職員、契約は1年。

さっそく週始めの月曜日から、新しい職場に出勤する。

夜勤に慣れていた体は、健康的な日勤勤務に疲労感を与えた・・
おそらく慣れの問題であろう・・

新しい環境での最初の休日は土曜日。

この土曜日は、寒かった・・

水戸市射撃協会の平成30年度第一回射撃会、
友部射撃場
で開催された。

Dscn2343

Dscn2344

受付8時半なので、早めに行くが、早すぎた・・・
駐車場で1時間待った・・

Dscn2345

小雨模様で、寒い。

Dscn2354

参加人員23名、トラップとスキートの合計。
トラップは3組。
一番乗りのスタMasaは、トラップ1組の1番立ち。

Dscn2346

Dscn2359

使用銃はベレッタ682

Dscn2362

1R目、中るような中らないような、あやふやな感じであったが18点。
上出来である。

Dscn2347

2R以降は、右方向全滅のあおりを受け、真ん中と左もイージーミスで抜く。

18 13 12 14 計57

Dscn2358_2

Dscn2351

猫も笑う乱れ撃ちであった・・

Dscn2357

使用装弾はインペリアル7.5号、24gのトラップ用。

Dscn2356

小雨の中の、寒いトラップであった。

Dscn2347_2

57点という低スコアであったが、参加人員少数といこともあり、
8位であった。
賞品は、信田銃砲火薬店の装弾引換券125発分。

午後1時過ぎ、全行程終了、小雨の中、帰還したmist


2018年3月26日 (月)

春のトラップ

3月下旬の月曜日、晴れsun

この季節にしては気温が高い。

トラップ練習、高萩射撃場に向かう。

午前9時半過ぎ、射場着。

Dscn2322

先客は無い。 

Dscn2324

この日の銃は、レミントン870

Dscn2326

装弾は、この射場で販売している、RIO、12番径、7.5号、24gの
トラップ用を購入する。

晴天だが、風が強い。
クレーが風に翻弄される・・・ ←中らない言い訳を見つけるのは「迷人会」の得意技shadow

単独で4R撃った。 トラップは一か月以上ブランクがあったが、
そのわりには、そこそこか・・・

Dscn2334

3R目、20点。 上出来であるnotes

Dscn2328

↑ 装備
  ニットシャツ、カジュアルパンツ、スニーカー、
  ゴルフ用グローブにサイレンシオのイアプロテクター、
  迷人会バッジを付けたタガミ製クレーベスト
  レミントン・ブランドのシューティンググラス

Dscn2330

スタMasaが撃ち終えたころ、ベネリ使いのM川さん来場。

この日、M川さんは、20番径のレミントン870ウィングマスターを使った。

Dscn2336

リピーター名人のM川さん、今一つ調子に乗り切れていない様子。

Dscn2331

↑ クラブハウス内に掲示の注意書き

Dscn2335

昼過ぎ、後片付け後、引き上げた。


2018年2月 1日 (木)

笠間、曇り空

2月1日木曜日、空は曇り模様cloud

ハンティングライフル、レミントン700を持って
笠間=茨城県狩猟者研修センターに向かう。

Dscn2020

先日の大雪の影響あり。

午前9時、射場着。 大口径ライフル射場に入る。
寒いことは寒いが、先週の真壁=茨城県営ライフル射撃場ほどの寒さではない。
温度計が無いので確認出来なかったが、おそらく1℃以上はあったように思う。

スタMasaが射場に入った直後、来場者1名様。
ミロクSS-20を携えた50歳代の紳士的な男性射手。

Dscn2022

二人は黙々と撃った。

Dscn2023

先日、300m用銃身から100m用銃身に換装したので、
バイポッド・プローン(銃架伏射)でゼロイン(照準調整)する。

Dscn2034

Dscn2025

実包は弾頭シェラの110gr.HP、火薬IMR4064で初速2800fps見当のリロード弾。

ゼロイン後、3姿勢を練習。

Dscn2026

Dscn2031

K(ニーリング=膝射)とP(プローン=伏射)は、
ますまず・・・

Dscn2032

S(スタンディング=立射)は、どうしようもない。
スコープのレティクルの中心が黒点の中心に重なった時に
撃発出来れば、9点圏に収まるのだが・・・

Dscn2027

銃が止まらない、引鉄が重い・・ 

据銃力という基本的な前提が出来ていない。
というか、ますます据銃力は衰えて行くようだ。
肉体の老化は致し方ないのかもしれない・・

Dscn2033

Dscn2030

装備  ザウアーの上下、
 ステンバーグの靴、AHGのグローブ

Dscn2029

昼過ぎ、射撃終了。後片付け後、受付でトラップを申し込む。

トラップ射場、先客無し。

Dscn2035

Dscn2037

Dscn2042

この日の散弾銃は、ベレッタ682

Dscn2043

Dscn2044

装弾は、近所の銃砲店で購入した
インペリアル。

2R撃つ。 中る気、まったくしなかった・・・

15  11

Dscn2041

Dscn2040

装備はシャルムのクレーシューティング・スーツ。

スタMasaが撃ち終えてから、トラップA面に来場者1名様であった。

午後3時過ぎ、山を下りたapple


2018年1月 8日 (月)

レミントン2種

成人の日、祝日。

笠間=茨城県狩猟者研修センターに向かうrvcar

研修センターのクレー射場は、2019年茨城国体の試合会場となる。
大口径ライフル射場の前が工事中であった。
トイレ棟を建てるとのこと。

Dscn1955

Dscn1949

大口径射場隣の10mAR射場に、風よけが設置されていた。

Dscn1953

大口径射場、先客はスラグの射手お二人。

Dscn1962

大口径撃ち初めは、ハンティングライフル、
レミントン700、口径.308Win.

Dscn1963

先日、100m用銃身に換装したので、
バイポッド・プローンでゼロインから始まる。

Dscn1975

2発でゼロイン完了。思いのほか照準点はずれていなかった。
リューポルドQRWマウントベースの効果のようだ。

3姿勢の練習。 K(ニーリング=膝射)から始める。

Dscn1976

曇り空であったが、気温はそれほど低くない。
10℃以上はあったと思う。

P(プローン=伏射)は・・・センターに入らないdown

Dscn1977

Dscn1966

S(スタンディング=立射)は、珍しく白い所にはみ出さなかったcoldsweats02

Dscn1978

Dscn1972

Dscn1968

↑ 装備
    ジャケット&トラウザーはザウアーの旧型
    グローブはAHG
    靴はステンバーグ

Dscn1972_2

Dscn1971

実包はリロード弾。
弾頭シェラの110gr.HP+薬莢ノルマ+火薬IMR4064を44.3gr.初速2800fps見当+
雷管フェデラル

Dscn1974

スタMasaが立射を練習しているころ、スラグのお二人が射撃を終えた。
お二人は標的紙を回収した後、引き上げた。

Dscn1970

射場に一人・・・寂しくなった・・sign04

午後1時過ぎ、練習終了。
後片付けをして、食堂に向かう。
食堂は閉店していたrestaurant

Dscn1965

受付でトラップを申し込む。
トラップB面に入った。

Dscn1979

先客はお一人だが、スタMasaは相手にされずであったので、
単独で撃った。

Dscn1986

今回の銃は、レミントン870、12番径

Dscn1982

装弾は、近所の銃砲店で購入した
インペリアルの7半、24gトラップ用。

ちょっと疲れが出たか、振りが鈍い感じで、失中が続く・・・ 14点

2R目も単独射撃。 ますます体が重くなった感じで、
中る気が全くしなかった。     7点

ごく普通のジャパンセット、クレーが速いわけではない。

Rem870、上下二連に比べて撃ち難い感じだが、
面白い銃なので手離せないcat

ライフルとショットガン、レミントン製品2種を撃った休日であった。

Dscn1980


より以前の記事一覧

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック