« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年8月28日 (金)

SB弾切れにつき、AR練習

SB弾、在庫が乏しく昨日、通販注文した。

金曜日、SB練習の日であるが、AR練習に変更。

8月も終わりだというのに、朝から暑い。

朝9時半、真壁=茨城県営ライフル射撃場に到着。

2_20200828161301

先客無し。

午前10時過ぎのころ、オールドタイマーのM井さん来場。

M井さんは50m射場に入った。

10m射場、スタMasa一人。ちょっと寂しい・・

Dscn7714

午前10時ころ、外気温は32℃くらいで、

10m射場の温度設定は28℃。

Dscn7715

8的に入る。

Dscn7716

銃はアンシュッツ8002

Dscn7717

弾は、RWSのR10、4.49mm

立射を70発ほど撃つ。

点取りはしないが、表示される点数を見ると、

少しはまとまりつつあるように思う・・・

Dscn7719

装備はARAの上下、ステンバーグの靴、

ゲーマンのグローブ。

1的に移動して伏射を練習。

Dscn7722

P(プローン=伏射)を20発ほど撃って終了。

Dscn7721

バットプレートを上限まで上げる。

Dscn7724

ハンドストップはAns4751型

Dscn7725

装備はS(スタンディング=立射)の上衣と、

グローブは同じ。

Pの試合時、射撃用トラウザーと専用の靴は使えないので、

下衣はワークパンツとスニーカー。

スリングはアカーロジックベルト。

 

後片付け後、50m射場でM井さんのP練習を見ながら、

ランチタイム。この日のメニューは、

コンビニのおにぎり2個と納豆巻き1本、

パックの緑茶。

食後、M井さんと歓談してから

山を下りた。

Dscn7726

↑ 左:スタMasaの「556号」

 右:M井さんの「308号」

 

 

 

 

2020年8月24日 (月)

まだ暑い月曜日

月曜日、AR(エアライフル)の日。

朝は涼しかったが、気温は上昇。

真壁=茨城県営ライフル射撃場に向かう。

10m射場に入る。

先客は、月曜日の男、HYさん。

10射場は空調あり。

Dscn7700

射場内、28℃に設定されている。

Dscn7699

立射から練習。

銃はアンシュッツ8002

Dscn7701

疎かになりがちなフォロースルーを意識するように心掛けた、

つもりであった・・・・・

Dscn7702

立射80発ほど撃つ。点取りはしない。

グルーピングとフォロースルーが今回のテーマ。

Dscn7705

いつもの装備。

1的に移動してP(プローン=伏射)を練習。

Dscn7708

今回セッティングの変更は、バットプレートの高さを、

最上にしただけ。

Dscn7707

Pは20発ほど撃って終了。

10m射場隣の50m射場は、常連の方々で賑わっていた。

Dscn7712

Hyさんと歓談した後、山を下りた。

 

2020年8月22日 (土)

高萩、賑やか

8月終盤近くの土曜日、この日はトラップとした。

朝は少々涼しい‥‥昼頃に掛けて暑くなった。

上下二連散弾銃、ベレッタ682を持って、

高萩射撃場に向かう。

射撃場入口・・・

Dscn7673

案内板が草に隠れている・・・

Dscn7672

午前10時過ぎ射場着。

この日は賑わっていた。

すでに5名様トラップを撃っていた。

Dscn7676

お仲間に入れていただく。5人立ち。

Dscn7678

安全操作以外考えないことに・・・・とも行かない。

あーでもない、こーでもないと考えながら撃って19点。

Dscn7677

2R目、暑さ、というより高い湿度に辟易・・14点

Dscn7679

3R目、どこをどう撃って良いのか分からず状態で14点。

ここで弾切れ、終了。

Dscn7682

装弾はノーベルアームズの7.5号、24g。

Dscn7681

装備 ポロシャツ+夏用クレーベスト、

 下衣はカジュアルパンツ、

 左手にゴルフグローブ、靴はスニーカー、

 シューティンググラスの色はイエロー、

 イアプロテクターはサイレンシオ。

Dscn7683

この日、高萩市の最高気温は29℃とのことだったが、

湿度が高く、涼しいとは感じられなかった。

 

2020年8月21日 (金)

炎熱地獄:真壁50m射場

金曜日、SB(スモールボア・ライフル=小口径銃)練習の日。

朝から暑い。

午前9時過ぎ、真壁=茨城県営ライフル射撃場50m射場に入る。

Dscn7650

そのころ気温は30℃に達しようといていた。

Dscn7649

先客は無かったが、

クラブチーム「オールドタイマー」のM井さん来場。

大学生らしき若い男性来場。

そして、埼玉県ラのKBさん来場。

Dscn7651

この日の得物はアンシュッツ1913。

Dscn7654

弾はエレースポート

Dscn7653

気温は上がる、湿度は高く汗が噴き出る。

Dscn7652

いつものメニュー、3姿勢練習。

Dscn7656

K(ニーリング=膝射)は、まずまず・・・・・・

P(プローン=伏射)は相変わらずの9点地獄・・

うかうかしていると8点に飛ばす・・・(涙

Dscn7663

S(スタンディング=立射)も相変わらずの乱れ撃ち。

3姿勢で150発ほど撃って終了。

Dscn7670

↑ P練習中のM井さんと、3姿勢のK練習のKBさん

Dscn7666

↑ 正午過ぎのころの気温。

 ちょっと息苦しい。

Dscn7658

↑ 装備 ARAの上下、ゲーマンのグローブ、

 ステンバーグの靴

Dscn7665

Dscn7667

装備の中は、上衣:ポロシャツ+トレーナー、

 下衣:ジャージパンツ

 インナーウエア、たっぷりと汗を吸い込んだ。

射座を整え、外に出る。

銃器手入室で銃をクリーニングし、

射場内ベンチでランチ。

コンビニで仕入れたサラダ巻きと稲荷ずし、

パックの緑茶を昼食とする。

食後、まだ練習中のM井さんとKBさんに挨拶して

山を下りた。

 

 

2020年8月17日 (月)

盆明け、真壁でAR練習

盆明けの月曜日、朝から暑い。

月曜日はAR(エアライフル)の日、としている。

真壁=茨城県営ライフル射撃場に向かう。

Dscn7638

午前9時半ころ、10m射場に入る。

月曜日の先客は、HYさん。

Dscn7629

午前9時半ころ、外気温32℃、

10m射場内は29℃。

Dscn7628

立射練習、8的に入る。

Dscn7630

銃は、いつものアンシュッツ8002

Dscn7632

この銃は退職金で新品購入した物だ。

ハンドポンプ、アダプター、中間レバーの曲損などの

トラブルがあり、ポンプ式に比べて面倒くさい銃である。

この銃の前に所持した圧縮空気式は、

中古のAns2002であった。

ただで貰ったとはいえ、あまりに状態が悪く、

ついに愛着が持てなかった。

Dscn7634

面倒くさい銃であっても、新銃で購入しただけに

愛着も湧く。

Dscn7636

午前10時過ぎのころ、大学生、高校生が来場。

人の気配で賑やかにある。

Dscn7637

ARAの上下を基調した、いつもの装備。

立射を100発程撃って終了。

1的に移動して、P(伏射)練習。

Dscn7640

S(立射)のセッティングからの変更は、

バットプレートを上限まで上げる、

フォアエンドレーザーを外し、

ハンドストップAns4751型を装着、

スリングはアカーロジックベルトを使用する。

Dscn7643

Pを20発ほど撃って、全練習を終了。

Dscn7641

たっぷりと汗をかいた。

50m射場にある男子更衣室で着替える。

50m射場では、クラブチーム「オールドタイマー」のOKさん、

茨城県ラのK村さんがPを撃っていた。

暑い中集中して練習のお二人には、

あえて声を掛けず、そのまま失礼した。

Dscn7642

後片付けして、HYさん、コーチのT田さんと歓談した後、

帰還。

2020年8月16日 (日)

銃砲一斉検査中止

春の恒例行事、銃砲刀剣類の一斉検査。

茨城県においては、2020年(令和2年)の銃砲刀剣類の一斉検査は中止になった。

Dscn7627

↑ 通知文。これは近所の銃砲店に掲示されていた。

8月4日付けであるが、我々一般銃器所持者には、

未だ通知は無い。

2020年8月15日 (土)

盆のトラップ:高萩

暑さ厳しき盆の中日の土曜日、

前日のSB練習でのストレスを発散させるため、

トラップガンを持って高萩射撃場に向かう。

午前10時過ぎ、射場は賑わっていた。

御常連の方々5人が射団を組んでトラップを撃っていた。

Dscn7612

その射団が終わってから、

常連のUJさん、MKさんと三人立ちでラウンドする。

Dscn7615

得物はベレッタ682。

装弾はインペリアル24gの7.5号。

Dscn7618

とにかく暑い。アンロード、銃口の向き、

トリガーへの指の不干渉等、安全だけ注意した。

Dscn7616

用意した装弾は120個。

3R撃って残り15個。

Dscn7622

16  17  16

蒸し暑くてストレス発散とはならなかった。

一緒に回ったUJさんとMKさんは、

快調に20枚オーバーしていた・・・・・・

Dscn7620

装備  ポロシャツ+カジュアルパンツ+スニーカー。

 左手にゴルフグローブ、クレーベストは、

タガミにメッシュ地。イアプロテクターはサイレンシオ。

気温30℃くらいだが、湿度が高く、

体感としては、ひどく蒸し暑い。

Dscn7621

コンビニで購入の総菜パンとパックの牛乳をランチとした後、

山を下りた。

2020年8月14日 (金)

盆の中日、乱れ撃ち:真壁50m

盆の中日の金曜日、朝から暑い。

金曜日はSB練習の日。

午前9時55分、真壁=茨城県営ライフル射撃場50m射場に入る。

先客は、クラブチーム「オールドタイマー」のOKさん。

それから茨城県ラのK村さんが来場する。

Dscn7596

OKさんとK村さんはP(伏射)練習。

Dscn7600

↑ 午前10時ころの射場の気温、約29℃。

Dscn7598

スタMasaは3姿勢練習、得物は

アンシュッツ1407。

Dscn7601

実包はエレースポート、たぶん最も安価な練習弾。

Dscn7602

K(膝射)から始まる。これはまずまず・・・

Dscn7607

Pは・・・・・・果てしなく続く9点地獄(泣

Dscn7609

S(立射)は、出だしはまずまずだったが、

20発くらい撃ったころから、

身体の揺れが小さくならなくなった((/_;)

なんとか黒点内に収まる弾着であったが、

スタミナ不足を痛感した。

Dscn7606

装備 ジャケット&トラウザーはARA

グローブはゲーマン、靴はステンバーグ、

スリングはアカーロジックベルト。

アンダーは上衣:ポロシャツ+トレーナー、

下衣:ジャージパンツ。

たっぷりと汗をかいた。

Dscn7611

三人とも、同じ頃に練習を終えた。

射座内を片付け、射場内のベンチでランチ。

コンビニで購入して来た、おにぎりセットと

稲荷ずしとペットボトルの緑茶がメニュー。

午後1時過ぎ、山を下りた。

2020年8月10日 (月)

8月の祝日、真夏日の射撃

山の日、朝から晴れ、気温は上昇する。

月曜日、AR(エアライフル)練習の日。

真壁=茨城県営ライフル射撃場に行く。

Dscn7587

祝日だけあって、10m射場、50射場とも

賑わっていた。

Dscn7580

10m射場12的に入る。

Dscn7584

10m射場の温度は約29℃に設定されていた。

Dscn7583

外気は34℃くらいだったらしい。

いずれにせよ、暑い。

Dscn7586

弾はRWSのR10、4.49mm。

Dscn7590

この季節には暑苦しい装備。

ARAの上下を基調とする。

アンダーは、Tシャツ+ニットシャツ、

ジャージパンツ。

たっぷりと汗をかいた。

Dscn7585

立射を90発ほど撃つ。

右掌の汗が、グリップを滑らせる・・・・・

対策を講じる必要を感じた。

Dscn7582

1的に移り、P(プローン=伏射)を練習する。

Dscn7591

Pを20発ほど撃って終了。

Dscn7592

昼過ぎ、ますます暑くなった、ような気がした。

2020年8月 8日 (土)

マスターズの試合、2本中止

日本マスターズライフル射撃連合事務局より連絡あり。

9月5日~6日、埼玉県長瀞射撃場にて開催の

マスターズオープン兼ジャパンカップ大口径大会、

9月26日~27日、静岡県藤枝市スポーツパル高根の郷にて開催の

マスターズジャパンカップ

以上2大会、中止となりました。

原因は、もちろんコロナウイルスです。

残念です。

 

 

2020年8月 7日 (金)

金曜日のAR

金曜日はSB(スモールボア・ライフル=小口径銃)練習の日、

としているが、SBの弾切れ、火曜日に注文を出した。

予定では、夕方に到着する。

というわけで、AR(エアライフル)練習とした。

朝9時過ぎ、真壁=茨城県営ライフル射撃場10m射場に入る。

先客はBR(ビームライフル)の中学生君。

Img_1038

10m射場はインドアで、空調あり。

設定温度は28℃。

Img_1039

練習の準備をしているうちに、ARの男子高校生が入場。

Img_1040

アンシュッツ8002

弾はRWSのR10、4.49mm

暑さのせいか、揺れが止まらない(暑さは言い訳・・)

8的で立射を70発ほど撃って終了。

Img_1041

1的に移動してP(伏射)を練習。

Img_1045

Img_1044

Pを10発程撃って、この日の練習を終える。

Img_1048

昼前、H本さん来場。

この日H本さんはハンドライフル。

Img_1047

50m射場は賑わっていた。

クラブチーム「オールドタイマー」の

TBさん、OKさん、M井さん、

埼玉県ラのY下さん、KBさん、

どこぞの学連射手お二人。

 

荷物を片付け、知り合いの面々に挨拶して山を下りた。

2020年8月 6日 (木)

シモン練習会

フェイスブック・フレンドの、トイガンスミス、ヒューゴさんから、

練習会のお誘いをいただいたので、ニッコー栃木総合射撃場に行った。

気温30℃オーバーの真夏日の水曜日、

午前11時集合。

ヒューゴさんはエアソフトガン、モデルガンの修理整備を専門とする

トイガンスミスであるが、

ハッサンの自動散弾銃とハッサンの圧縮空気式エアライフルを所持する

ハンターでもある。

今回集まったのは、ヒューゴさんと、T辺さん。

T辺さんはレミントン870で、今年の春、

茨城県ラの普及大会に出場した。

ヒューゴさん、T辺さんは、ガンルームシモンさんの常連である。

今回の集まり、シモン練習会であるが、

この日、シモンさんは、狩猟安全講習の講師として出役しているため、

練習会に参加されず。

 

ニッコー栃木、久しぶりであった。

ヒューゴさんとT辺さんは50mスラグ、

スタMasaはRem700で100mライフル。

Dscn7474

射面の草が邪魔で、草むしりに出たところ、

100m手前の地面、ぬかるみ沼状態で前進出来ずであった。

草むしりを諦め、標的を上に設置して撃つ。

Dscn7468

ヒューゴさんもT辺さんもサバイバル・ゲーマーである。

やはりサバゲーマーで、T辺さんの同僚のH川さんが

本練習会の様子を見に来た。

T辺さんはH川さんに、所持許可取得を勧めている様子。

Dscn7476

↑ 左:H川さん 中:T辺さん 右:ヒューゴさん

スタMasaは淡々と3姿勢を練習。

先週、笠間での練習を終えた後、

9月のマスターズ大口径大会に出場予定のため、

銃身を300m用に換装していた。

100m用に換装するのも面倒なので、

ゼロインがてら、300m用銃身のまま

練習会に臨んだ。

委託射撃が不得手なので、

ゼロインはP(伏射)で行ない、

K(膝射)、S(立射)を撃つ。

Dscn7471

標的はこの射場で販売している物を使った。

ポジション射撃には、狙い難い標的のように感じる。

Dscn7475

装備 ザウアー旧型の上下、アンダーは

上衣Tシャツ+ニットシャツ、

下衣ジャージパンツ、

イアプロテクターはペルター、

グローブはザウアー、靴はステンバーグ。

軽装のヒューゴさんとT辺さんは、

スタMasaの装備を怪訝そうに見ていたが、

この夏休み我慢大会スタイルは、

けっこう楽なのである。汗が噴き出るだけで、

軽装で撃つクレー射撃より疲労感は少ない。

と説明しても、ヒューゴさんたちは納得していないようであった。

Dscn7469

練習時間は概ね3時間弱。

撃ち終えたら直ちに射座から道具を撤去して修復、

急ぎ事務所に行って清算。

その後ゆっくり銃のメンテナンスを行なう。

Dscn7473

撃ち終えたころの気温34℃、

猛暑寸前の状態であった。

この日、射場の食堂は休業していたので、

昼食抜きで解散した。

2020年8月 3日 (月)

梅雨明け夏日、AR練習:真壁10m

8月、梅雨明け後の月曜日、朝から晴れ☀

月曜日はAR(エアライフル)の日、としている。

愛銃、アンシュッツ8002を持って、

真壁=茨城県営ライフル射撃場に向かう。

Dscn7456

射場の掲示物

Dscn7458

先客は、HYさん。

Dscn7466

50歳代半ばで、ポジション射撃を始めた実業家、

紳士である。元日ラコーチ、T田さんが指導している。

Dscn7461

午前10時すぎころから、

高校生、中学生が続々来場、

賑やかになる。

Dscn7453

修理後初の実射。

テーブルに置いたモニターの位置を工夫すべきか・・・

モニター画面に気を取られ、フォロースルーが疎かになる・・

Dscn7454

Dscn7455

装備、ARAの上下を基調とする。

グローブはゲーマン、靴はステンバーグ。

立射を90発ほど撃った後、

1的に移り、P(伏射)を撃つ。

Dscn7462

フロントリング径は4.1mm、

リアサイトのピープ径は、

ゲーマンのアジャスタブルアイピースで1.2mm。

サイトシステムは立射、伏射とも同じ。

Pでは、フォアエンドレイザーを外し、

バットプレートを上限一杯まで上げる。

スリングはアカーロジックベルト、

ハンドストップはAnsの4751型。

Pを20発ほど撃って終了。

HYさん、T田さんと歓談した後、山を下りた。

 

 

2020年8月 1日 (土)

梅雨明け射撃

8月1日、関東甲信越地方、梅雨明け☀

土曜日、大口径ライフル射撃練習。

朝、笠間=茨城県狩猟者研修センターに向かう。

Dscn7425

大口径ライフル射場、先客は茨城県ラのH本さん。

Dscn7433

↑ .308winのRem700で委託射撃するH本さん。

以下に射場内の掲示物を示す。

Dscn7422

Dscn7423

Dscn7424

射座は6射座全部使えるようになった。

東京、神奈川、千葉、埼玉の射手は入場制限となった。

Dscn7428

ひで坊さん来場。

Dscn7435

ひで坊さん、この日はティッカの.308でP(伏射)練習。

K_20200801195301

スタMasaの鉄砲、Rem700。

スリングはバトラークリークのミリタリータイプ。

スコープはタスコSS-10、10倍固定のスナイパー仕様。

3姿勢練習。

Kt

K(膝射)から始まる。

弾着が散るような気がする・・・・・・

この銃身、すでに16,000発を撃っている。

そろそろ限界だろうか・・・・・・

P_20200801195601

Pに移る。この弾着を見る限り、

銃身はまだ大丈夫のように思える。

Kの弾着散りは、単に技量未熟ということらしい・・・

Pt

茨城県ラのSIさん来場。

得物は.222RemのRem700

Dscn7434

Dscn7429

↑ スタMasaの「556」と、ひで坊さんの「762」

S_20200801200501

S(立射)は、白い所に飛ばすも、

圏的内に収まったので良し、とした。

St_20200801203801

装備は、ザウアーの上下を基調とした。

Dscn7436

グローブはゲーマン、靴はステンバーグ。

 

概ね4人は同じころに練習を終えた。

スタMasa以外の方々は清算して引き上げた。

スタMasaはトラップB面に入った。

今は無きクラブチーム「ARARAT」のリーダー、

T木さんが、御息女と同射場に居た。

Dscn7440

Rem870を持ち込んだ。

T木さんとそのグループの方々の射団に入れていただく。

12点撃って、その射団の最下位となる。

Dscn7447

2R目は、T木御息女と二人立ち。

御息女はトラップを始めたばかりで、

父上がコーチしている。

今は初矢でストレートのみの練習をしているとのこと。

T木御息女とストレート・マッチを行なう。

Dscn7445

17対17 引き分け・・・・・・

ではなく、スタMasaの敗けであった。

御息女は初矢のみで17枚、

スタMasaは17枚中3枚は二の矢で落とした。

けっこう緊迫した面白いマッチであった(*^^)v

Dscn7449

3R目は単独。これで手持ちの装弾は使い果たした。

Dscn7446

梅雨明けの気持ち良い射撃日であった🚩

Dscn7450

 

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック