« エアアダプター | トップページ | プローン乱れ撃ち »

2020年6月 3日 (水)

真壁10m射場における注意事項

先日、射場管理より、10m射場利用者に注意喚起を促してほしい、

と云われた。

10m射場からの御願い、というよりは、指示に近い。

エアライフル、エアピストル、ハンドライフルの

銃身掃除にあたり、フェルトペレットは使わないこと、

である。

Vkj7dm

これでバレルクリーニングすることは、

射面にゴミをばら撒くに等しい。

よって、茨城県営ライフル射撃場においては、

フェルトペレットでのクリーニングは、

厳に慎むこと、である。

皆さまの御理解、御協力を御願い致します。

« エアアダプター | トップページ | プローン乱れ撃ち »

コメント

ぐんそうさん

小生もポンプ式のころは、フェルトペレットを使っていました。圧縮空気式にしてからボアスネークにしました。 フェルト弾、金属製ではありませんが、撃ち出せば威力はあるので、違法性を問われるかもしれません。グレーなことはしないのがよろしいかと思います。

アスコーの電的だと撃つ度に紙の破片が出ます。鉛の回収時に紙も、ゴミも混ざります。伊勢原ではそちらと同じメイトンの電的ですが、撃ち殼の鉛破片を駐車場でゴミを水洗いしてから業者に引き取ってもらってます。
なので、掃除は射場の仕事だと個人的には思いますが。
因みに私は昔はパレット派でした、今はスネーク。
一斗缶に撃ち込むってーのではダメですかね。何か違反がありますかね。公式試合だとパレット撃ちは違反っぽいですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« エアアダプター | トップページ | プローン乱れ撃ち »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック