« 真壁、梅雨入り | トップページ | 射撃教習の案内 »

2020年6月15日 (月)

6月の夏日

最高気温31℃を記録した6月半ばの月曜日、

AR練習、真壁=茨城県営ライフル射撃場10m射場に入る。

朝9時過ぎ、先客は紳士のHYさん。

Dscn7117

Dscn7118

立射練習。

据銃不安定はいつものこと。

照準と撃発のタイミングがずれている・・

何とか、黒点内に着弾するので、

立射を諦めるのはまだ早い、とする。

Dscn7120

装備 ジャケット&トラウザーはARA

 グローブはゲーマン、靴はステンバーグ、

 インナーは上衣:ポロシャツ+トレーナー

 下衣:ジャージパンツ

100発ほど撃った後、P(プローン=伏射)を練習。

Dscn7124

立射とは別のリアサイトを使用。

9点地獄の伏射・・・・

銃のセッティングを見直すべき、を課題として終了。

Dscn7122

隣の50m射場には、オールドタイマーのOKさんと、

群馬県ラの、しげっちさんがPを練習していた。

Dscn7126

お二人に挨拶して山を下りた。

 

« 真壁、梅雨入り | トップページ | 射撃教習の案内 »

コメント

odaさん

これを機に、国体廃止を考えても良いかと思います。

主将殿、自分もARは何とか黒点圏に入りますが、問題はSBです。必ず2、3発はみ出てしまうことが多いです。何とかSBではみ出ない様に努力したいところです。
国体、予想どうり中止になってしまいましたね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 真壁、梅雨入り | トップページ | 射撃教習の案内 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック