« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月20日 (月)

ポンプアクション・ショット

日曜日、午前中の所用を済ませ、

高萩射撃場に向かう。

Dscn6546

先客無し。

Dscn6551

レミントンM870、ポンプアクション散弾銃、

口径12番。

Dscn6549

装弾。 インペリアル、7.5号、24gの

トラップ用。

近所の銃砲店で購入。

トラップを単独2R撃つ。

中らないのは、今始まったことではないので、

落胆する必要は無い。

Dscn6552

15  17

残弾5個で終了。

Dscn6542

Dscn6543

セーフティフラグは必須。

Dscn6544

Dscn6550

装備。 上下はシャルムのシューティング・スーツ。

夕方、山を下りた。

 

 

2020年1月18日 (土)

真壁も寂し・・・・・

雪が降るかもしれない、という天気予報の土曜日。

曇り空だが雪の気配は無かった。

真壁=茨城県営ライフル射撃場に向かう。

Dscn6538

昨秋の台風19号の水害により、

50m射場の電子標的がダウンしているため、

来場者は激減。

この日は、10m射場も閑散としていた。

Dscn6539

10m射場は空調が効いており快適だ。

Dscn6540

アンシュッツ8002、4.5mm

この射場では口径4.5mm限定。

Dscn6541

あまり気にしていなかった日ラの認定シール。

期限は2020・・・ということは、

2021年3月末まで有効、ちょっと焦った。

立射のみ練習して終了。

伏射も練習したかったが、

標的が立射用にしか設定されていなかったので、

プローンの練習は断念。

 

2020年1月13日 (月)

1月の連休

成人の日が絡む1月の連休。

土曜日晴天、笠間=茨城県狩猟者研修センターに行く。

Dscn6523

大口径ライフル射場、独りぼっち・・・・・

昼前、スラグ銃の方が来場したが、30分くらいで引き上げた。

Dscn6522

Rem700で3姿勢練習。

その後、トラップ射場に入る。

Dscn6524

Rem870で、真っすぐだけの拾い撃ち。

まるで中らず、12点。

疲れがあった。

特に左腕はK(膝射)とP(伏射)でスリングを張ったので、

M870のポンプ操作がスムーズに行かない。

ひどく疲れを感じたので1Rだけで終了。

Dscn6526

装弾は、近所の銃砲店で「一番安い7半」と注文したところ、

これが出てきた。

日曜日は所用あって鉄砲は弄らず。

月曜日、晴れ。成人の日の振替休日。

朝、笠間=茨城県狩猟者研修センターに向かう。

大口径ライフル射場、閑古鳥・・・・・

Dscn6532

Dscn6530

Rem700で、一人寂しく3姿勢を練習する・・・

ついに誰も来場しなかった。

Dscn6533

装備は、ARAの上下とステンバーグの靴、

AHGのグローブ、

スリングはバトラークリークのミリタリータイプ。

ライフル射場の隣の10m空気銃射場に、

栃木のピストル射手AKさんが来ていた。

新年の挨拶を交わし、しばし歓談。

 

大口径ライフル射場を引き上げ、

トラップ射場に移る。

B射面、先客1名様とラウンド御一緒させていただく。

Dscn6536

ベレッタ682を使った。

大口径ライフルを撃った後だけに疲労感あり。

上下二連銃なので、左腕の疲れはそれほど無いが、

集中は切れていた。

とにかく安全だけを意識して撃ったが、

まるで中らず・・・・・・

2R撃った。 12  8

疲労感だけが残った・・・・・・

 

Dscn6534

↑ 大口径ライフル射場外のトイレ。

 表示板を外そうとした輩がいたそうだ。

どういういたずらか?

2020年1月 5日 (日)

硝煙の香り

SB(スモールボア・ライフル=リムファイア式小口径)撃っても、

散弾銃撃っても、硝煙の匂いはあまり感じていなかった。

SB射場、練習場所は屋外、クラブ対抗戦の会場、静岡藤枝の

スポーツパル高根の郷はインドアだが、射距離50mなので、

空気の流れは良い。クレー射撃は屋外で撃つ。

AR(空気銃)は、そもそも火薬を使わない。

グアムのG.O.S.Rも屋外射場なので、

煙は拡散する。

埼玉長瀞射撃場

の300m射場は、ほぼ覆道式射場なので、

大口径ライフルの硝煙が煙たい時がある。

硝煙を感じるのは長瀞くらいであろうか・・・

 

正月恒例のトイガン系イベント「ブラックホール」を

覗いてきた。

Bh 

会場は、東京浅草の、東京都立産業貿易センター台東館の

4階フロア。

今回はモデルガンの展示が多かった。

高級モデルガンのB.W.Cと、タニオコバのブースでは、

モデルガンの無料試射コーナーがあった。

両ブースで1911系モデルガンを撃たせていただいた。

キャップ火薬使用、これが結構な発射音を出す。

さらに、撃発時にそれなりの反動が感じられた。

そして燃えた火薬の匂い=硝煙の香りが、漂う。

専用のツールで調べたら、スタMasaの衣服や皮膚から

濃い硝煙反応があるだろうと、思った。

 

モデルガンの硝煙、ひどく懐かしい感じであった。

BB弾を発射するエアソフトガンに硝煙は無い。

弾が発射されないブランクのモデルガンの魅力は、

硝煙の香りだろうか、と思った正月休暇であった。

 

2020年1月 3日 (金)

2020初撃ち

2020年の撃ち初めはトラップ。

正月三日、晴天。

場所は、高萩射撃場

午前10時過ぎ、射場着。

先客は常連のKNさん、Aさん。

スタMasa、初撃ちの得物はベレッタ682

Dscn6511

Dscn6512

弾は、手持ちのインペリアルと

この射場で購入したRIO

Dscn6513

準備をしていると射友のTedさんが来場。

4人立ちで1R、2Rを撃つ。

Dscn6507

どこをどう撃ってよいか分からずのトラップ、

危うく一桁の11点、15点。

Dscn6509

KNさん撃ち終え、3R目は3人立ち。

中る感覚が戻ったかと思えば、すぐに忘れる・・・16点

Dscn6510

皆さん撃ち終えた4R目は単独。

真っすぐだけの拾い撃ちとする。

真っすぐもクレーを捉え切れずの16点...

Dscn6519

暗雲立ちこめる年明けであった・・・・・・・

等と悲観はしていない。

そのうち中ることもあるだろうと、

気楽に思った。

Dscn6517

装備  シャルムのシューティングスーツ、

ゴルフグローブ、スニーカー、イエローのシューティンググラス、

サイレンシオのイアプロテクター、

インナーは上衣ダンガリーシャツ、その下にヒートテック、

下衣ヒートテックという冬の装備。

Dscn6515

Dscn6516

↑ クラブハウス内の掲示物。

昨秋の消費税upにつき、この射場も料金若干値上げ。

 

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック