« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月27日 (土)

嵐が来る前に・・・

台風6号が、週末、関東地方に上陸するおそれあり、

ということで、土曜日の朝、空を見上げた。

雲の流れが速い。

SB練習は風で苦労しそう、

大口径は、弾を作っていない、

ということなので、近所の銃砲店

に行き、12番装弾、インペリアルを購入、

その足で、高萩射撃場に向かう。

Dscn5615

先客は3名様。

Dscn5608

射団に入れていただく。

Dscn5610

得物はレミントンM870

4R撃つ。

風はあるが、嵐はまだ来ない。

Dscn5613

5R目、突然、引鉄が落ちなくなった。

トリガーガード左側前の、フォアエンド・ロックが

引っ込んだまま動かなくなった。

Dscn5614

銃を分解して、場長、指導員のAZさんに見てもらうも、

原因不明。 大内銃砲店に入院ということになり、

同店社長の場長に銃を託す。

Dscn5616

丸腰で帰還する。

Dscn5610

2019年7月20日 (土)

蒸し暑さの中、大口径ライフル

梅雨の最中、湿度気温共高くなった土曜日、

笠間=茨城県狩猟者研修センター

に向かう。

Dscn5400

土曜日だというのに、射場は空いていた。

Dscn5402

↑ 先客はYDさん。 得物はホーワ1500、口径.308Win.

Dscn5403

シーレンDGAとレミントン700を持ち込んだ。

シーレンのゼロインを完了した後、

Rem700で3姿勢を練習する。

Dscn5404

Dscn5405

実包は、弾頭シェラの110HP+薬莢ノルマ+火薬IMR4064を44.3gr.初速2800

fps見当、雷管RWESのリロード弾。

Dscn5408

スコープはタスコSS10x42、10倍固定スナイパー仕様。

スリングはバトラークリークの30mmミリタリータイプ。

K_20190720225501

↑ K(ニーリング)

P_20190720225501

↑ P(プローン)

S_20190720225601

↑ 立射

射距離100m

Dscn5409

装備は、ジャケット&トラウザーはARA荒井商事、

グローブはAHG、靴はステンバーグ

YDさんは昼過ぎに引き上げたが、その後、ライフル・ハンターさんと

スラグ・ハンターさんが来場。

寂しくない状況で射撃出来た。

2019年7月15日 (月)

夏恒例のクラブ対抗戦

夏恒例のクラブ対抗戦、

2019年度第35回全日本ライフル射撃クラブ対抗選手権大会

(50m・10mSの部)

に、クラブチーム「スターチス」は参加。

今年は、イタリア射撃チームと身体障碍者枠も参加。

競技種目は、

FR3X40   

FR60PR

AR60

以上男子種目。

R3x40

R60PR

AR60W

以上女子種目。

7月12日、夏季休暇を取得して、

朝8時過ぎ、水戸を出発。

Img_9395

↑ 東名高速道路、富士川SA

Img_9396

あいにくの雨模様、富士山は雲に隠れて見えなかった。

Dscn5377

夕方、会場のスポーツパル高根の郷に到着。

Dscn5378

用具検査を受けてから、焼津駅前のビジネスホテルに投宿する。

盟友oda選手も同宿、二人でミーティング実施。

66420985_2716888711672364_68265909205786

クレートラップ射撃の話で盛り上がる・・

翌13日は、スタMasa、oda選手、S田選手がAR60を撃つ。

Dscn5383

10m射場、炎熱地獄であったが、今シーズン、空調が入り、

熱中症で倒れる危険はなくなった。

Dscn5382

スタMasa、立射は年寄りの冷や水状態、

止まらない、当たらないで終了。  522.6

Dscn5379

Dscn5380

Dscn5386

Dscn5385

↑ 玄関前にて、大ベテラン・ハンターのITさんが

九州で捕れた猪を鍋にして、無料でふるまってくれた。

美味しくいただきました、感謝。

Dscn5387

静岡の銃砲店、シーズジャパンが出店を張っていた。

Dscn5390

午後、ぐんそう選手、Nアキ選手、ヒロ選手が

FR60PRを撃つ。

Dscn5389

Dscn5392

↑ NアキさんのSB。スリーブが超長い。

Dscn5393

↑ ぐんそうさんのセーフティフラグは、旭日旗である。

Dscn5394

Dscn5396

その日は代表者会議が行なわれた。

その席で、その日のR3x40ファイナル、

レンジオフィサーを命じられた。

3xのファイナルマッチ、見たこともないのに、

人がいない、という状況なので、

下命を受けた。 が、思いっきり無謀だと思う・・・

ファイナルは午後6時半から午後8時まで掛かった。

アナウンス担当、コンピュータ担当、

フロッグの「み」さんの助けにより、

なんとか仕事したが、冷や汗ものだった・・

14日はFR3x40。

スタMasa、oda選手、HR選手の3人が並ぶ。

HRさん、左ひざの負傷を押しての射撃、大健闘の1049点。

トラップ射手のoda選手、この頃、ポジション射撃が

粗くなっているか・・ 900点台は本人も不満なはず・・

スタMasa、各姿勢満遍なく低空飛行で、

辛うじて1000点超えの 1018点

中途半端に1000点超えすると、

まだまだ行ける気がするが、

それは悪魔の囁きだろうか・・・・・

スタMasa、年金受給者である・・

女子選手、MiuちゃんのAR60Wを見ないまま、

Miuちゃんとお父さんに挨拶して帰途に着いた。

 

 

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック