« 春の銃砲検査 | トップページ | 散弾銃の午後 »

2019年4月 7日 (日)

隙間の勝ち:マスターズ・オープン大口径

マスターズ・オープン大口径に参戦。

金曜の夜、埼玉県深谷市のビジネスホテルに投宿する。

Dsc_0005

Dsc_0001

ホテルの隣にあるインドカレー屋で夕食。

Dsc_0002

Dsc_0003

Dsc_0004  

二日間にわたる試合だが、スタMasaの出番は初日のみ。

Dsc_0007

1射群目の射場長を下命される。

Dscn4719

2射群目は監的に入る。

Dsc_0008

3射群目で撃つ。

Dscn4728

出場選手の多くがP(プローン=伏射)を撃つ。

Dscn4726

Pが絶望的に当たらないスタMasaは、

敢えて3x20(3姿勢60発競技)にエントリー。

射座割発表の段階で、クラス別優勝が決まった。

使った銃はレミントン700、口径.308Win.

Dsc_0009

愛知県のSK先輩とスタMasaの二人が3x20を撃った。

年齢別クラスの違いにより、SK先輩共々優勝であった。

これぞ、隙間の勝利であった。 

 

 

« 春の銃砲検査 | トップページ | 散弾銃の午後 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 春の銃砲検査 | トップページ | 散弾銃の午後 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック