« やっと20点! 高萩でトラップ | トップページ | 年度末、大口径ライフル試合のおしらせ »

2019年2月23日 (土)

エアライフル立射練習

2月最後の土曜日、晴天で暖か
冬の練習テーマ、立射。

エアライフル、アンシュッツ8002を持って、
真壁=茨城県営ライフル射撃場
に行く。

Dscn4361

午前9時過ぎ、10m射場の気温12℃。

Dscn4363

Dscn4364

同時刻、50m射場の気温は10℃を割る。

Dscn4367

気温は徐々に上がって、暖かな日であったが、
50m射場を訪れる射手は無かった・・・・・・

Dscn4368

10m射場はAR立射の高校生が4名、社会人が4名、BR(ビームライフル)は高校の射撃部の一団で
賑やかであった。

Dscn4369

据銃、照準、撃発、フォロースルーを確認しながら撃つ・・・・・・・
はずが、フロースルーが疎かになりがち、
さらに、照準と撃発がシンクロしない時は一旦銃を下すべきが、
横着して「エイヤー」を撃つ、6点とか7点に外す

据銃力を付けることは勿論、堪えを学ばなくてはならぬ・・・・

Dscn4370

Dscn4371

装備はいつものARAの上下、ザウアーのグローブ、
ステンバーグの靴。
アンダーウエアはTシャツのニットシャツ、
ジャージパンツだが、ヒートテック上下は着込まなかった。

Dscn4372

70発ほど撃って終了。 射場管理人のF谷さんと、
教習射撃について、射座、標的の確認等を打ち合わせた後、
山を下りた


« やっと20点! 高萩でトラップ | トップページ | 年度末、大口径ライフル試合のおしらせ »

コメント

◎「み」さん

ありがとうございます。
真壁で教習射撃の対象になるのは、
ほとんどが学生さんかと思います。
ARでみっちり鍛えた学生さんたちは、
ご指摘の射撃理論は承知しているはずなので、
そう心配はしていません

スタMasa 様
教習指導員就任おめでとうございます。
動いていても10点は取れます。
ただし、居銃能力が上がれば10点を取れる確率が上がります。
ここだで撃発しようとすると遅れるのと動きが出ます。
止めようとすると筋肉が緊張し、震え(動き)が出ます。
このことを頭に入れて指導をお願いします。

主将殿、グアム合宿よろしくお願いします。
日程はお任せいたします。(^^)

◎odaさん

銃を下すのは、ピストルの方が下しやすいですね(経験上)
 トラップISSFで13枚は、すごいです

ところで、そろそろG.O.S.R合宿を考えますか・・

そうなんです、主将殿。構えて怪しいと思ったら
銃を置く癖を付けないと。最近それが出来なく
なってしまいがちです。。
自分も今日AR、6とか7が出ておりました。
その後、仁丹2R、国体11、ISSF13でした。

明日はSB月例会です。
そろそろ暖かくなってきたので、SBも月2で
練習しようかと。。(^^;;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エアライフル立射練習:

« やっと20点! 高萩でトラップ | トップページ | 年度末、大口径ライフル試合のおしらせ »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック