« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月30日 (日)

振替休日、上下二連でトラップ

ちょっと前の事・・秋分の日の振替休日の月曜日、
上下二連、ベレッタ682でトラップ。

Dscn3609

場所は高萩射撃場。
茨城県高萩市秋山2918番地
電話 0293-24-1162
定休日は火曜日、水曜日なれど、不定期に閉場することがあるので、
行く前に電話で開場確認する要あり。

この日、昼前に射場着。先客Wさんと、初対面のMKさん。

Dscn3605

三人で1R目プレイ。 やはり上下二連は撃ち易い・・と感じるも、
スコアは20枚とたいしたことなし・・

スキート射手のSTさん来場。
STさん単独でスキートを撃つ。 見事な射撃、名人である。

トラップ2R目、1R目と同じ、Wさん、MKさんと撃つ。

Dscn3612

STさんのスキートを挟んで3R目。
MKさんと二人立ち。

9枚目までノーミス、この時、生涯初めての満射
と余計なことが頭をよぎる。
10枚目、ストレートを抜くが始まりで
抜きまくる・・・・・・・満射どころか17枚・・

弾切れ、ここで射撃終了。

Dscn3608

装弾は、この射場で販売のRIO。

Dscn3610

Dscn3613


次のトラップは、10月下旬の水戸市体育祭クレー射撃の部になりそうである。


長瀞300mでの誤射

10月のクラブ対抗戦大口径の射座割が発表されたので、
埼玉県長瀞射撃場
に行く。

土曜日の朝、午前8時半、射場着。
雨模様

4的を指定される。
隣の5的には、大先輩のY下さんが居た。

Dscn3624

Dscn3615

さらに2的には、クラブチーム「スターチス」の盟友、
SKさんが入っていた。

Dscn3616

Dscn3614

今回はサイト調整が目的の一つ。

銃を委託してボアサイティングする。

銃はシーレンDGA
実包はシェラ168gr.の弾頭で初速2700fps見当のリロード弾。

サイト調整は10発ほど撃って終了。
各姿勢の練習に移る。

Dscn3618

この日は、射場は賑わっていた。
ハンターベストに「富山市猟友会」とあった人たち多数。
マイクロバス2台で来場していた。

Dscn3619

K(ニーリング=膝射)で1発、5的に誤射

5的、Y下さんの標的。
Y下さんの口径は.223Rem、
誤射弾は9時方向の10点であった

自分の標的にはまともに入らないのに、
誤射弾は妙に良い所に入る・・・・・・

試合でなかったのを幸いとするか・・・
Y下さんには、もちろん、ていねいにお詫びした。
心優しいY下さん、笑って許してくれた

Dscn3620

Dscn3621

装備はいつものARAジャケット&トラウザー。
気温20℃、射撃には心地よい季節になった。

Dscn3625

Dscn3626

↑ Y下さん、立射。銃はRem700フリーライフル・カスタム。

Dscn3628


↑ スタMasaの立射。なんとか黒点内に収まっているが、
 銃が止まらない・・・

午後から、どこぞのライフル協会がフリーP60の試合を実施。

午後2時過ぎ、山を下りた


2018年9月24日 (月)

グアム射撃合宿2018 四日目最終日

土曜日、行程最終日。

Dscn3391

朝食はホテルのレストランではなく、外に出る。

Dscn3396

Dscn3397

パンケーキを食べたい、と思った。

Dscn3401

IHOP、有名なパンケーキ屋。

朝食会メンバーは、ATRさん、OZさんとスタMasa。

Dscn3403

グアムの料理の量は多い。食べられそうな量を選んだ。

パンケーキ、目玉焼き、ベーコン、コーヒーの朝食、
食べて満足した。

Dscn3413

宿に戻り、NHKのテレビ放送を見ながら、帰国準備する。

Dscn3415

チェックアウトまで時間がある。
グアムの銃砲店「KE-RA-DA」を覗きに行くことにした。

ATRさんとoda選手とスタMasaの三名。
ホテル街のバスが通っていない所なので、
ホテルのタクシーで向かう。

Imgp8302

10時30分開店、とのことだが、人の気配は無い。
待つこと約5分、店主が現れた。
セキュリティ面から撮影は禁止。

英語が話せるATRさんに通訳してもらう。
小規模な銃砲店であるが、
ショーケースには、グロック等のハンドガンが並ぶ。
壁には、M4系等の自動ライフル、
スタームルガーアメリカン・ライフル等のボルトアクションが並ぶ。

冷やかしだけでも恐縮なので、
ベルト1本と30口径用の洗い矢ブラシ1本を購入。

店の前で待機してくれたタクシーでホテルに戻る。

Dscn3418

Dscn3435

初日に行った室内射撃場「HAFA ADAI SHOOTING GALLERY」再び訪れる。
〆の射撃。
善良なクリスチャン、OZさんも参加した。

Dscn3460

↑ CZ75を撃つOZさん。10発中3発が標的紙に入った・・・・・

Dscn3448

Dscn3454

Dscn3465

↑ ATRさんは.38スペシャルのブラジリアン・タウルスのスナブノーズ・リボルバーを気に入ったもよう。
 安定した射撃で合宿を〆た。

Dscn3457

↑ oda選手、コルト1911で合宿〆の射撃。

Dscn3468

Dscn3467

Dscn3469

Dscn3470

Imgp8315

Dscn3445

午後2時過ぎ、HISの送迎車がホテルに来る。
グアム国際空港に向かう。

Dscn3473

Dscn3476

帰国のための搭乗手続きをする。

Dscn3483

この飛行機で成田に向かう。

Dscn3492

Dscn3496

Dscn3504

離陸。

Dscn3536

UAの機内食は・・・・・まあ、こんなものだろう

Dscn3551

Dscn3576

離陸後約3時間20分、成田に着陸。

Dscn3588

本合宿はここで解散した。

スタMasaはバスで帰還

Dscn3597

Dscn3594


グアム射撃合宿2018 三日目

二日目と同様、朝9時にG.O.S.Rのカルロスさんが迎えに来る。

Dscn3287

↑ G.O.S.Rカー、新車

Dscn3301

この日、OZさんは射撃訓練に参加せず。
一人でグアム島内を観光&ショッピング。

Dscn3304

oda選手、アキ選手、ATRさん、スタMasaの4名は、嬉々としてレンジに入る。

Dscn3307

Dscn3308

この日も朝から日本人観光客の来場が多く、
G.O.S.Rは賑わっていた。

Dscn3315

Dscn3316

当メンバー、それぞれ銃、弾薬をオーダーする。

Dscn3319

Dscn3338

↑ oda選手、M4のニーリング(膝射)

Dscn3362

↑ oda選手、トラップ(G.O.S.Rのメニューでは、クレーコース)

Dscn3350

Dscn3329

↑ ATRさん、M4立射

Dscn3358

↑ ベレッタNEOSを撃つATRさん。 前日OZさんが撃った.22口径を見て興味を示した。
  .22口径、小気味よく当たる、とお気に入りの様子。

Dscn3328

スプリングフィールドXD-45

Imgp8279

↑ ワルサーP22    ATRさんが最初にオーダーした.22口径銃だが、
 ストライカースプリングがへたっているのか、打撃痕が浅く不発が続いた。

Imgp8292

↑ ワルサーP22の代替品、ベレッタNEOS。快調に回転した。

Dscn3335

この日、スタMasaはハンドガン2種のほか、長物をじっくり撃った。

Dscn3340

Dscn3344

スタームルガーアメリカンライフル、口径.30-06。

Dscn3345

コルト・モジュラーカービン、口径.308Win

Dscn3346

Dscn3348

Imgp8277

Imgp8282

Dscn3353

Dscn3355

定番のアサルトライフル、M4
撃ち易い小火器である。

Imgp8297

G.O.S.Rの売りの一つに、クレー射撃がある。

一定方向にクレーピジョン(飛翔標的)が飛ぶトラップ形式。
銃は上下二連、自動銃、リピーターを選べる。

トラップ射手でもあるoda選手は上下二連を選んだ。

Dscn3365

↑ ATRさん、トラップ初挑戦。10枚中5枚は砕いていた。

Imgp8294

Imgp8296

スタMasaもトラップを撃った。10枚中5枚の出来

Dscn3368

G.O.S.Rにはミロクの中古トラップガンが5本くらいあったはずだが、
今回提示されたのは、サベージのスポータータイプ。

Dscn3369

新銃で入れたばかりだという。

Dscn3370

レシーバーがアルミ、開閉レバーが固い。と、中らないのは銃のせいにするのは、
迷人会の得意技。


Imgp8261

Imgp8278

Imgp8281

夕方、G.O.S.Rでの射撃自主訓練は終了した。

社長のSUさんが夕食会を開いてくれた。

Img_77221

Img_7720

タモンのホテル街から少し離れたベトナム料理店。
観光客はあまり来ないそうだ。

Img_77171

Img_77161

Img_7724

G.O.S.Rでも全行程を終了した。


2018年9月23日 (日)

グアム射撃合宿2018 二日目

合宿二日目木曜日、朝食はホテルのレストラン。

Dscn3131

朝9時、ホテルのロビーに、GOSR=グアム・アウトドア・シューティング・レンジの
インストラクター兼ドライバーのカルロスさんがお迎えに来る。

Dscn3148

先週、グアムを直撃した台風22号の痕跡が、所々に見ることができる。

Dscn3150

ホテルから小一時間でG.O.S.Rに着く。

Dscn3151

G.O.S.R社長のSUさんに再会の挨拶。

Dscn3153

Dscn3155

Dscn3160

OZさんも同行した。.22口径のスタームルガーMKⅢをオーダーする。


Dscn3164

Dscn3165

Dscn3166

Dscn3169

.22口径を撃ったOZさん、少しは銃に慣れたようだ。

Dscn3161

Dscn3196

OZさん、.22口径の次は9mmルガーのGlock17にトライした。
OZさんの射撃はここで終了。

Dscn3162

Dscn3170

↑ ATRさん

Dscn3177

↑ oda選手


Dscn3180

Dscn3181

SIGザウアーP226

Dscn3184

Dscn3185

↑ Aki選手、スプリングフィールドM1903を撃つ。
 Aki選手は、クラシカルなミリタリーガンが好みのようだ。

Dscn3189

↑ SWモデル65-5、口径.357マグナム。

Dscn3182

Dscn3191

スタMasaは今回、ショットガンのスラグ弾を撃ってみようと思った。

Dscn3193

レミントン870で12番スラグを3発撃ってみた。

Imgp8119

パストのショルダーパッドを着けてRem870を撃ってみた。
想像していた以上に、反動が小さく感じられた。
意外な結果だった。

Dscn3201

Dscn3208

Imgp8231

スタMasa、AR-15で3姿勢を撃つ。

Dscn3216

Dscn3222

Imgp8228

Dscn3209

Imgp8092

Imgp8095

Imgp8097

Imgp8101

Imgp8110

Imgp8188

ランチタイムを挟んで夕方まで撃った


グアム射撃合宿2018 初日

夏恒例のグアム射撃合宿。

9月19日(水)から22日(土)までの3泊4日。

今回の参加者は、
ライフルチーム・スターチスのoda選手、Nアキ選手、
トイガン友のATRさん
そして銃とは無関係の善良なクリスチャンのOZさん。

Dscn3111

初日の朝6時半、成田空港直通バスに乗る。

Img_7692

Img_7695

午前8時40分、成田空港第1ターミナルにて合宿メンバー合流。

空港内で朝食を摂り、搭乗手続きする。

Img_7699

Imgp8075

飛行機はユナイテッド便。

午前11時離陸。約3時間半でグアム国際空港に着く。
現地は晴天、やや蒸し暑い。

Dscn3127

HISの送迎車で宿舎に向かう。宿はグアム・プラザリゾート&スパ。

Img_7700

Dscn3285

ホテル1階のHISサービスカウンターで、マンハッタン・ステーキハウスの予約を入れる。
グアムのステーキを堪能した。

Img_7702

食べるのに夢中で、ステーキの写真を撮り忘れた・・

ステーキ屋の送迎車でホテルに戻る。
その足で、ホテル近くの屋内射撃場に入る。

Img_7704

「HAFA ADAI SHOOTING GALLERY」という店。

Img_7705

射撃まったくの初心者、OZさんに射撃初体験を・・・

Img_7706

スタMasaはOZの射撃初体験には、.22口径が良いだろうと思ったが、
コリア人の店主は
「.22口径は子どもだまし、つまらない弾だから9mm以上が良いよ」
と強く勧める。
というわけで、OZさんの初体験はベレッタ92Fとなった。

Img_7711

生まれて初めて銃を持ったOZさん・・・
ATRさんが撃った.38スペシャルの発射音にびくっと反応する。
青ざめたOZさん、92Fをテーブルに置いた。

「撃てません・・」
OZさんは後退し、odaさん、ATRさん、スタMasaの射撃を見るだけだった。

Img_7709

OZさんのオーダー、ベレッタ92FはスタMasaが撃った。
さらにスタMasaは.357マグナムを撃った。

OZさんは、銃の重さと発射音に恐怖を感じた、とのことであった。

合宿初日終了。


2018年9月 9日 (日)

残暑、強風、高萩の山の中

西日本に豪雨が降り注ぎ、北海道に大型地震が発生した9月。
被災地の方々、心身共に疲弊されていることと察し、
謹んでお見舞い申し上げます。

土曜日、久しぶりにSB練習を、お考えていた。
しかし朝から強風・・・・・・
風に負けた根性無しのスタMasaは、
大口径ライフルに練習科目を切り替えた。

Rem700を自家用車に積み込もうとしたその時、
思い出したことがあった。

監的スコープのスタンド、サドル部分の螺子が壊れて、
東京のE店に修理預けたままになっていた。
修理完了の連絡はまだない・・・

荷物を解いた。

散弾銃Rem870を出した。
高萩射撃場に向かう。

午前10時過ぎ、射場着。

Dscn3099

高萩地方に強風は無かった。 気温と湿度が高く、汗ばむ

先客は、顔なじみの方々数人。

Dscn3102

Dscn3104

装弾は、近所の銃砲店

で購入したインペリアル7.5号24gのトラップ用散弾。

1R目、Hさんと二人立ち。 
Rem870、二の矢が遅れる・・・

Dscn3108


装備。 上衣、ポロシャツ+クレーベスト
     下衣、ゴルフスラックス・・押入れの中に入っていた。
         何時買ったのか、まるで記憶していない・・
      グローブはゴルフ用、靴はスニーカー、
      シューティング・グラスを着ける。
      イアプロテクターはサイレンシオ

Dscn3103

2R目はHさんとWさんと三人立ち。

3R目はHさんとYさんと三人立ち。

4R目はYさんと二人立ち。

Dscn3106


ポジション・ライフル射撃に比べ、圧倒的に薄着であるが、
射撃ジャケットで固めたポジション・ライフルの方が、
クレー射撃より暑さを感じない。

ポジション・ライフルでは、身動きが取れなくなるので、
標的に集中せざるを得ないからだろう、たぶん・・・・・

Dscn3100


4R、130発ほど使った。 汗だくになったので、上衣を着替えた。

Dscn3109

コンビニで買った総菜パンと茹でトウモロコシをランチとする。
クラブハウスでランチの後、山を下りた


2018年9月 2日 (日)

残暑、長瀞

9月、最初の土曜日、気温は30℃を切っているようだが、
湿度高し、不快感あり。

予てより、盟友の鉄砲夢物語さんと練習の約束をしていた。
場所は長瀞=埼玉県長瀞射撃場300m射場

朝5時40分、水戸を出発。
朝マックのドライブスルーで朝食、
午前8時、射場着。
夢物語さんは既に着いていた。

スタMasa5的、
夢物語さん6的
を指定される。

Dscn3093

↑ 夢物語さんは口径.308Win.のRem700

Dscn3090

スタMasaの得物は、フリーライフル、シーレンDGAm口径.308Win.

Dscn3091

実包はリロード弾。
弾頭シェラ168HP+薬莢ノルマ+火薬IMR4064を44.7gr.初速2700fps見当+雷管フェデラル

Dscn3092

不発10個ほど出た。
雷管を見ると、撃針の叩きが弱いようで、打撃痕が浅い。
2度目で発火する・・・

数年前にストライカースプリングは交換した。

Dscn3095

ふと思い出したことがある・・・・・・・

日本の鉄砲撃ちの多くが使っている人気の油。
スタMasaも使っている。

或る時、その油を指して、
大ベテランの「み」さんが
『その油、良いのだが固まりやすい欠点がある。』
と言っていた。

Dscn3097

帰還後、所蔵するすべてのボルトアクション・ライフルのボルトを分解して
中性洗剤で洗う、乾かす、を行なう。
新たに購入したサラサラ系のガンオイルをボルトに塗布して
組み立てる。
 これでボルトの動きは良くなった、はずと思う

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック