« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月22日 (日)

燃えるトラップ:高萩射撃場

日曜日、午前中所要を済ませ、
高萩射撃場に向かう。

気温は高い。高温注意報が出ているらしい・・

午後2時前、射場着。
東京方面からスキートのお客さん6名様、
トラップのお客さん3名様、
酷暑にもかかわらず、射場は賑わっていた。

トラップの一人は、常連のUJさん。

3人立ちでラウンドする。

この日の得物は、リピーターガン、
レミントン870

Dscn2815

装弾は、この射場でケメンの7.5号24gを100個購入。

前日、上下二連のベレッタ682で撃ったところ、まずまずで気を良くしていたが・・
リピーターガンは勝手が違う・・・

とにかく中らないpig

Dscn2814

Dscn2817

装備  上衣:ポロシャツ+クレーベスト
     下衣:普通のズボン
     靴:スニーカー

今回は3R撃った。
結果は・・・

Dscn2818


気温は35℃くらいあったように思う。
この酷暑の中で鉄砲撃つのは、もしかすると
危険かもしれない。
ちょっと考える必要ありだろうか??


2018年7月21日 (土)

高萩、真夏日のトラップ

7月第三週の土曜日・・・高温がしばらくの間続いている。
この日も朝から暑かったsun

貴重な休日。
意を決して、高萩射撃場に向かう。

午前10時前、射場着。

Dscn2807

先客、ペラッツィ使いのベテラン、WDさんとラウンドする。

Dscn2805

今回の銃は上下二連、
ベレッタ682

Dscn2810

装弾は、前回の水戸市射撃協会例会の商品、
インペリアル7.5号24g

Dscn2811

装備  上衣:ポロシャツ+クレーベスト
     下衣:ゴルフスラックス
     履物:スニーカー
     グローブ:ゴルフ用

1R目、ひどく右方向が中らないような気がした・・・・・・
しかし意外なことに22枚も中てていたshine

2R目もWDさんにお付き合いいただいた。
今度は左右真ん中、満遍なく抜きまくった、16点

推定気温36℃

WDさんは2R撃って引き上げた。

スタMasaは力を振り絞って3R目に突入。
埼玉方面のお客さん(初対面)とラウンドした。
2R目と状況変わらずの17点

Dscn2808

Dscn2809


4R目は単独射撃。
やはり右が中らない感じが強かったが、
ところどころ二の矢で取れ、20点

Dscn2812

4R撃って、体力の限界を感じた。そこで終了する。

思えば一か月ぶりのトラップであった。

Dscn2802

クラブハウス内の掲示物

Dscn2804


昼過ぎ、山を下りたfuji


2018年7月16日 (月)

夏のクラ対 その2

スターチス結成以来、初の女子団体が組めた。

種目はAR60W(エアライフル立射)

Dscn2765

↑ 左:KR選手    中:MM選手    右:miu選手
たぶん偶然、左から年齢順に並んだ。

女子AR立射の途中、スタMasaはFR3x40の出番となった・・・

SB3xを撃ち終えたスタMasa、代表者会議に出席した。
進行役は、ブルズアイの総帥で、
パルママッチ長距離射撃の指導者、櫛風沐雨さん。

今回の試合は、五輪に向けての種目編成で実施され、
クラブ対抗戦では初めてファイナルマッチを行なった。

この日のファイナルマッチは、女子立射と
男子SB3x。

まずは、開始時間が迫った女子立射の役員振り分け。
必要なのは射場長とジュリー。

射場長は、クラブチーム「銀座銃砲店」のT田さんに決まった。
ジュリーは・・・・・・ 櫛風沐雨の視線がスタMasaに向く・・・

スタMasaは地方公認審判の資格はあるが、
ジュリーは本来、本部公認審判員が行なう。

テクニカル・デレゲード、埼玉県ラの武政会長の
指揮の下、ジュリーを命じられた。
問題が生じた場合、対処せよ、との下命だが、
困ったsweat01

腹を決めて、10m射場に向かう。
ファイナリストは上位8名。
本戦を7位で通過した、
スターチスのmiu選手が、居た。

猛暑の射場で、8人の女性射手の、
凄まじい戦いが始まった。

大学生のmiu選手、堂々とした射撃で、
勝ち続けた。

ついに優勝決定射撃に残る。
結果は、2位、準優勝sign03

Dscn2770

miu選手、将来が楽しみな射手である。

Dscn2772

↑ 上位3名の女性射手。 

Dscn2761

↑ 忘れ物展示

午後6時過ぎ、帰途に着く。東名高速の渋滞にかかり、
月曜日未明に帰還したnight


夏のクラ対 その1

夏の恒例行事、クラブ対抗戦。

正式名称は
平成30年度第34回全日本ライフル射撃クラブ対抗選手権大会
(50m・10mSの部)

7月13日から16日、静岡県藤枝市のスポーツパル高根の郷
屋内射撃場にて開催。

ライフルチーム・スターチスは
男子 FR3x40(50mライフル三姿勢)
    FR60PR(50mライフル伏射)
    AR60(10mエアライフル立射)
 
女子 AR60W(10mエアライフル立射)
 
に出場。

今回は女子団体が組めた。

Dscn2756


スタMasaは、14日土曜日の朝4時半に水戸を出発した。
午前9時ころには、会場入りの予定であった。

常磐自動車道から圏央道に入り、スムーズに進行・・・
のはずだったが、圏央道中央道付近での渋滞・・newmoon

さらに東名に入ると海老名から秦野中井までの渋滞・・・

出発から11時間かかってスポーツパスに到着した。

この日、スターチスのoda選手とNA選手、SG選手は
AR60を撃ち終えていた。
ぐんそう選手とKD選手がFR60PRを射撃中。

Dscn2753

ぐんそうさんたちの試合を観た後、藤枝駅前の
ビジネスホテルに投宿。
先に投宿のoda選手と合流し、
ミーティングbeer

Img_7346

藤枝駅前で、トイガン友のナガゾーさんと合流。
ナガゾーさんは藤枝在住である。

二時間ほどミーティングして解散。

翌日、スタMasaとoda選手は並んでFR3x40を撃つ。

Dscn2758

Dscn2767

今回の使用銃はアンシュッツ1913

Dscn2766

実包はラプアのセンターXを使った。マイルドな反動の素直な弾だ。

Dscn2768

↑ スタMasaの隣、oda選手。最近トラップ射撃に凝っている。

Dscn2759

全国的に暑い。スポーツパルには空調が無い。

スタMasaの成績はいつもとおりで沈没した・・・

Dscn2769


2018年7月 7日 (土)

すき間トップ

平成30年度第22回全日本マスターズライフル射撃選手権大会300m

に出場。会場は埼玉県長瀞射撃場300m射場

種目は300m3x20(3姿勢60発競技)

マスターズライフル大口径の主流?は
プローン競技(伏射)
P射手は多いが、3x射手は少ない。

マスターズはクラブ別である。
60歳代のスタMasaはゴールド・クラス(略称G)

今回300m3x20の出場者は4名

シルバークラス2名(50歳代)
ダイヤモンドクラス(70歳代)1名
そしてGクラスのスタMasa

射座割発表と同時に、Gクラス優勝が決まった。

今回スタMasaは、スコープライフルで出場した。

Dscn2732

レミントンM700を使った。
久しぶりにこの銃で3xを撃った。

ハンドストップ無し、チークピースとバットプレートは動かずで、
実に使い難い。これほどまでに使い辛い銃だったとは・・down

最初の姿勢、K(ニーリング=膝射)は撃ち始めから
6点を連発、これで疲れがどっと出た・・・

P、S(スタンディング=立射)共に当たらず、
450点位の体たらく、と思った。

ダントツの最下位を確信した・・・

上がってみると 499点

思いのほか当たっていた・・ 500点にちょっと足りないannoy

Dscn2745

一応こういうことになったが、まともな点数を撃ちたいものだ・・

Dscn2736

Dscn2737

Dscn2741

Dscn2742

Dscn2743

↑ 300m隣の50m射場では、ハンターさんが撃っていた。

夕方帰還したrvcar


« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック