« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月26日 (金)

寒さに敗ける:真壁50m射場

月末の金曜日、仕事休み日。
朝から晴れsun

久しぶりにSB練習とする。

午前9時、真壁=茨城県営ライフル射撃場に到着。

Img_6422

先日の大雪の残りが、射場を覆っていた。

Img_6423

50m射場、10m射場共、先客は無い・・

Img_6424

50m射場の気温、-6℃

Img_6428

この日の得物は、アンシュッツ1407アルミ

Img_6435

K(ニーリング=膝射)から撃ち始める・・・

手がかじかむ・・・ 自家用車に積んでいた薄手のドライバーグローブを着ける。
右手の人差し指部分は鋏で切り取る。
少しは手のかじかみが無くなった・・・

しかし、Kの据銃姿勢を執っている時、
寒さによる震えが体の芯から起こってきた。

据銃に集中出来ない。
当然ながら弾着は乱れる。

Img_6433

50発ほど撃って、練習を切り上げた。
氷点下での射撃練習で得るものは無かった。

10m射場に3人のAP射手が入っていた。
栃木県ラのM本さんとAZさん、
そして県警の女子選手。

10m射場の気温は3℃。
50m射場から10m射場に入ると
ひどく暖かく感じる。

しばし歓談の後、山を下りた。

Img_6429


2018年1月23日 (火)

4DXx2

朝、目覚めると一面雪であった。

Dsc_0015

火曜日。 近所で開いている射撃場は無さそうだ。

というわけで、映画を観に行くことにした。

小屋はユナイテッドシネマ水戸

午前9時20分開始の映画は
「マジンガーZ INFINITY」

観客はスタMasaを含め二人。
スタMasaと同年代と思しき男性・・・
爺二人がマンガ映画を観る、という
なんとシュールな空間だろうか・・

1970年代のTVアニメ「マジンガーZ」の後日談ともいう内容か。
オープニングは水木一郎のテーマソング。
思わず歌を口ずさむnotes

シートが揺れ動く4DXで鑑賞。
4DXは慣れないと酔っぱらうかもしれない。

大人になった兜甲児と弓さやかが話の中心。
戦闘シーンの迫力、2Dでも十分楽しめそうである。

午前11時過ぎ、マジンガーZ終了。
映画はしごする。

2本目は
「ジオストーム」

Dscn2019

これも4DXだが、3Dが付く。
いわゆる飛び出す映画だ。

内容は、近未来、気象コントロールの
人工衛星をめぐるSFアクション。
4DX3Dで日本語吹き替え版。

吹き替えは、上川隆也、山本耕史、ブルゾンちえみ等々

スタMasaが知る役者は、エド・ハリスと
アンディ・ガルシアしかいなかった・・
ベテランの二人共、主役ではない・・

4DX3Dなので、動く揺れる水が降る、
画面が飛び出すので、
字幕を読んでいる余裕はたぶん無い。
2Dでじっくり観るなら字幕版でもよいだろう。

4DXはしごの映画、心に残る名画ではないが、
2本とも面白かった。
ただ・・・・・4DXの料金、高過ぎないか・・・?


2018年1月20日 (土)

週末の長瀞

土曜日、この季節にしては寒さ和らぐ・・・

長瀞=埼玉県長瀞射撃場の300m射場、
午前中使用を予約していた。
午前5時半、出発。

北関東道路から常磐自動車道、つくばJTCから圏央道と順調に進んでいたが・・・
関越道下り、東松山付近で車両4台の交通事故により
約10kmの渋滞、との情報。

鶴ヶ島ICで下道に降り、東松山ICまで進む。

1時間半ほどのタイムロス。

午前9時半過ぎ、射場着。
土曜日だというのに、先客は無い。

Dscn1991

Dscn1992

まさかこの射場で寂しい思いをするとは思いもしなかった・・

Dscn1993

この日の得物はハンティングライフル、
レミントンM700

Dscn2002_2

実包は弾頭シェラの150gr.+火薬IMR4064の組み合わせ、
初速2700fps見当のリロード弾

Dscn1995

まずはゼロイン。
先日、100m用銃身から300m用銃身に換装したので、
サイトを合わせる必要がある。

Dscn1996

ゼロインはバイポッドを付けたプローン(伏射)で行う。

Dscn1997

照準の狂いはほとんど無かった。

Dscn2000

一人寂しく3姿勢を練習する・・・

Dscn2004

K(ニーリング=膝射)
こんなものだろう・・・

Dscn2007

装備はザウアーの上下、AHGのグローブ、
ステンバーグの靴、
KとPではターナーのミリタリースリングを使う。

Dscn2005

Dscn1999

Dscn2009

Pも、こんなものだろう・・・

Dscn2011

昼前、S(スタンディング=立射)練習始めたころ、
お客さんが続けて来場、
知らない人たちであったが、寂しくなくなった。

さて立射・・・

Dscn2012

Dscn2016

Dscn2017

銃が止まらないのは、おそらく疲れの影響。
それ以前に据銃力不足ではあるが・・

妙に引鉄が重かった。KとPではそれほど重さを感じなかったのだが・・

とにかく弾を標的紙一面にばら撒いた。

Dscn2018

午後1時半、射撃終了、清算後後片付けする。

Dscn2010

午後2時半過ぎ、山を下りた。高速道路のPA、SAで適宜休憩しながら帰還tulip


Dscn2014


2018年1月17日 (水)

B級映画鑑賞

仕事休みの水曜日、
午前中、職場の健康診断を受診。
午後から射場に行くにしても、
真壁、高萩は休場日・・

笠間は営業しているが、
Rem700は300m用銃身に換装してある。

というわけで、この日の練習は無し。

午後、TOHOシネマズひたちなかに行く。
鑑賞対象は
「ネイビーシールズ・ナチスの金塊を奪還せよ」

Dscn1988_2

ストーリーとかキャスト、スタッフ等については、
本映画の公式サイトや、レビューブログ等に出ているので、
ここではあえて書かない。

1995年のボスニアヘルツェゴビナ戦線、
湖底に眠るナチスの金塊を
シールズの精鋭5人が、
上官に内緒で盗み取る・・・

Aチームとオーシャンズを掛け合わせたような映画。
古くはクリント・イーストウッド主演の
「戦略大作戦」のような展開。

時代的に隊員たちが持つ銃は、M4の前身のカービンか?

隊長のサリバン・ステイプルトンがハンドガンを撃つシーン、
夜なのでよくわからん。この時代設定ではベレッタM9だろうか?

難しく考える映画ではない。
B級のアクション・コメディである。

そのうちテレビ東京の昼の映画で放映されそうな作品だ。
一種のお馬鹿映画とも云えるかもしれない。

この手のB級お馬鹿映画、スタMasaは好きである。

2018年1月11日 (木)

茨城初のミニシアター

昔は名画座という小さな映画館があった・・・(遠い目

今はミニシアターという洒落た小綺麗な映画館が都会にはあるようだ。

田舎県の茨城、ユナイテッドシネマ、TOHOシネマズ、イオンシネマ等の
映画館はある。ミニシアターは無かった。

2017年10月、那珂市瓜連という、田舎町に、
県初のミニシアターがオープンした。

あまや座」と称する。

オープニング時に公開されたのは
2016年の日本映画「八重子のハミング」

観たい作品だったが、ついつい見逃した。
DVDレンタルを待つか・・・と思っていたら、
今月、1週間だけの再上映となった。

終了前日の木曜日、
射撃の練習に行かず、あまや座に向かった。

Img_6363

確かに、ミニシアターであった。

Img_6366

Img_6369

36席。 午前9時45分開場。
観客はスタMasa一人かと思いきや・・・
続々と来場者あり。

上映前には23席が埋まった。

観客23人、全員がシニアであろう。
女性20人、男性3人

午前10時上映開始。
予告編等の後、本編開始。

実話ベースの話。
癌を患った校長先生と、
アルツハイマーを発症した奥さん。
老々介護の話。

老夫は献身的に老妻を介護する・・
老夫の献身ぶりが素晴らしい。
その献身はどこから来るのか・・・

老夫は、認知の老妻を
心から、深く深く愛している・・

「怒りには限界があるが、優しさには限界が無い。」
胸に響いた言葉であった。

主人公の老夫婦はもちろん、登場人物すべてが善人である。
人間の本質は優しい、と示唆している映画であった。

fb上で友人から「どんな映画?」と訊かれたので
ヘイトフルエイトの対極に位置する映画」
と答えた。  比較対象を完全に間違っている・・・

人の優しさに泣ける、良質の映画であった。


2018年1月 8日 (月)

レミントン2種

成人の日、祝日。

笠間=茨城県狩猟者研修センターに向かうrvcar

研修センターのクレー射場は、2019年茨城国体の試合会場となる。
大口径ライフル射場の前が工事中であった。
トイレ棟を建てるとのこと。

Dscn1955

Dscn1949

大口径射場隣の10mAR射場に、風よけが設置されていた。

Dscn1953

大口径射場、先客はスラグの射手お二人。

Dscn1962

大口径撃ち初めは、ハンティングライフル、
レミントン700、口径.308Win.

Dscn1963

先日、100m用銃身に換装したので、
バイポッド・プローンでゼロインから始まる。

Dscn1975

2発でゼロイン完了。思いのほか照準点はずれていなかった。
リューポルドQRWマウントベースの効果のようだ。

3姿勢の練習。 K(ニーリング=膝射)から始める。

Dscn1976

曇り空であったが、気温はそれほど低くない。
10℃以上はあったと思う。

P(プローン=伏射)は・・・センターに入らないdown

Dscn1977

Dscn1966

S(スタンディング=立射)は、珍しく白い所にはみ出さなかったcoldsweats02

Dscn1978

Dscn1972

Dscn1968

↑ 装備
    ジャケット&トラウザーはザウアーの旧型
    グローブはAHG
    靴はステンバーグ

Dscn1972_2

Dscn1971

実包はリロード弾。
弾頭シェラの110gr.HP+薬莢ノルマ+火薬IMR4064を44.3gr.初速2800fps見当+
雷管フェデラル

Dscn1974

スタMasaが立射を練習しているころ、スラグのお二人が射撃を終えた。
お二人は標的紙を回収した後、引き上げた。

Dscn1970

射場に一人・・・寂しくなった・・sign04

午後1時過ぎ、練習終了。
後片付けをして、食堂に向かう。
食堂は閉店していたrestaurant

Dscn1965

受付でトラップを申し込む。
トラップB面に入った。

Dscn1979

先客はお一人だが、スタMasaは相手にされずであったので、
単独で撃った。

Dscn1986

今回の銃は、レミントン870、12番径

Dscn1982

装弾は、近所の銃砲店で購入した
インペリアルの7半、24gトラップ用。

ちょっと疲れが出たか、振りが鈍い感じで、失中が続く・・・ 14点

2R目も単独射撃。 ますます体が重くなった感じで、
中る気が全くしなかった。     7点

ごく普通のジャパンセット、クレーが速いわけではない。

Rem870、上下二連に比べて撃ち難い感じだが、
面白い銃なので手離せないcat

ライフルとショットガン、レミントン製品2種を撃った休日であった。

Dscn1980


2018年1月 7日 (日)

5.56 .223

夜勤明けの日曜日の朝、
スタバで朝食。

食事を終えて駐車場に戻ると、
スタMasaのジューク「556」の隣に
ナンバー「223」の軽四輪が駐車していた。

Img_6359

いや、別にどうという話ではない。


2018年1月 5日 (金)

2018 AR立射練習始め

2018年に入り、初めての仕事休み日は正月の5日。

朝から晴れsun

ポジションライフルの基本、エアライフル立射から始まる。

午前9時過ぎ、真壁=茨城県営ライフル射撃場に到着。

Dscn1929

↑ 受付に掲示されていた注意書き。

10m射場には高校の射撃部員が入っていた。

Dscn1930

スタMasa、15的に入る。左右は女子高生heart02

Dscn1931

スタMasaの鉄砲は、アンシュッツ8002。
弾はH&Nフィナーレマッチ4.49mmの缶。

Dscn1932

頬付けすると、頬が少し痛い。前日のトラップ、撃ち方を忘れて、
頬付けが緩くなっていたのだろう・・・
触ると右頬にわずかな腫れを感じる。

据銃-照準-撃発-フォロースルーの一連の流れを確認する。
特にフォロースルーを意識するようにした。

Dscn1933

高校生射手5人中4人はバウの700、ラミネートストック。
これは指導者の多田さんの方針によるらしい。

Dscn1934

多田さんにそのへんのことを尋ねてみた。

『高校生は、実質2年半で射撃を終える。
限られた時間の中で上達するには、
銃の可動部分が少ない方が良い』

というようなことであった。

Dscn1936

↑ 10m射場19的から26的までビームライフルの標的となる。

若い人たちに囲まれての射撃、良いものであるnote

80発ほど撃って練習終了とする。

隣の射場、50mでは、スターチスのkobaさんが
SBプローン、埼ラのY下さんが3Xを練習していた。
落ち着いた大人の射場である・・

Dscn1940

Dscn1945

Dscn1939_2

↑ 装備  ジャケット&トラウザーはARA
       グローブはAHG
       靴はステンバーグ
        アンダーは上がTシャツ+トレーナー
        下はジャージパンツ
       寒いのでインナーはヒートテック上下を着込んだ。

昼過ぎ、山を下りたbud


2018年1月 4日 (木)

2018 初撃ちはトラップ:高萩射撃場

2018年が明けて四日経過。
夜勤明け、午後、
高萩射撃場に向かう。

Img_6345

場長と専属射撃指導員のAZさんに
新年の挨拶をする。

Img_6346

Img_6347

↑ 撃ち初めの銃は、ベレッタ682

Img_6353

装弾は、この射場で販売しているRIO

1R目、AZさんにお付き合いいただいた。

ほぼ一か月ぶりのトラップ・・・・・
これほどまでに撃ち方を忘れているものか、
と我ながら驚く。

4連続失中で始まった。一桁になるのでは、と思った。

Img_6352

装備  シャルムのシューティング・スーツ
    ゴルフグローブ、スニーカー
    イアプロテクターはサイレンシオ
    シューティンググラスはS&Wのイエロー

2R目は来場したベテランハンターさんと御一緒させていただいた。

1R目よりマシな感じになってきたが、
どうもしっくり来ない・・・

3R目は単独。 中る感じはまったくしなかった。

Img_6354

3R共17点とは・・・・・・

Img_6355

午後3時過ぎ、山を下りたapple


2018年1月 1日 (月)

2018  謹賀新年

謹んで新春のお慶びを申し上げます

Dscn1015

銃:コルト・モジュラーカービン 口径.308Win.

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック