« 2016年最後のSB練習:千葉小間子 | トップページ | 寒くて寂しい射場:笠間10m »

2016年12月 7日 (水)

暖かだけど寂しい射場:笠間

師走第二週の月曜日、朝から晴れsun

そして暖か、気温は昼まで20℃に上がった。
.
やや疲れを残していたが、
練習に行くことにした。
.
少し出遅れ、昼過ぎに笠間=茨城県狩猟者研修センター に着いた。
.
大口径射場、空席であった・・
.
Img_3216
.
↑ こういう事情なので、トラップ射場に射手は居ない・・
.
時折、遠くのスキート射場から銃声が聞こえる・・
寂しい・・
.
Img_3207
.
Img_3208
.
この射場は最長150mだが、練習射距離は100mとしている。
.
Img_3211
.
この射場で練習する銃は、レミントンM700
.
Img_3210
.
今回使った実包は、Sellier & Bellotの工場装弾、
弾頭150gr.のソフトポイント、猟用。
.
一人寂しく、3×を練習する・・・
.
Img_3217
.
Img_3218
.
Img_3219
.
Img_321402
.
装備  ジャケット&トラウザーはザウアー旧型
     グローブはAHG
     靴はステンバーグ
.
Img_3215
.
射撃後の銃器掃除。この時にハリスのバイポッドを使う。
.
この日、とうとう次の来場者は無かった・・

« 2016年最後のSB練習:千葉小間子 | トップページ | 寒くて寂しい射場:笠間10m »

コメント

◎マコータさん

Sellier & Bellotの実包、小生が撃ったのは、.308Win.弾頭150gr.のソフトポイントだけです。
これまで200個ほど撃ちましたが、遅発らしき現象が1回だけありました。そのほか異常はありません。精度は本記事の射撃結果写真のとおり、信頼出来るものと思います。

スタMasaさんの仰るとおり、Sellier & Bellotの雷管は良好で、こちらでも人気があります。米国製品に比べてなにしろ価格が安く、品質にも全く問題ないとなれば人気が出るのは当然かもしれません。
実包の方はいかがですか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122911/68748537

この記事へのトラックバック一覧です: 暖かだけど寂しい射場:笠間:

« 2016年最後のSB練習:千葉小間子 | トップページ | 寒くて寂しい射場:笠間10m »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック