« 復調ならず・・・ | トップページ | ゴースト&ジュウオウジャー »

2016年8月 4日 (木)

2016年のゴジラ

話題の映画「シン・ゴジラ」をシネプレックス水戸 で鑑賞。

.
Shingozilla2016
.
通常の2D版とアトラクション型の4DXで上映。
スタMasaは2D版を選ぶ。
.
というのも、この映画、栃木のトラップ射手おとうたま が出演されている、とのこと。
おとうたまのお奨めは2D版であった。
.
平日の午後、夏休みということもあってか、
観客数は多かった。
.
年齢層はまちまちのような・・・男子小学生高学年、男子中学生、
20歳代のカップル、還暦過ぎのおじさんたち・・・
.
現代の日本にゴジラが現れたなら・・・という映画。
世界情勢を見ながら、極めて真面目に作っている、と思う。
.
真面目に作るから、主要な登場人物が政治家になるのか・・
.
ゴジラは駆除対象の有害鳥獣という見方から始まる。
ところが、農作物を食い荒らす猪や鹿、熊とは違っていた。
.
自衛隊がゴジラを攻撃するにあたり、
日本国憲法に照らし合わせ、防衛出動の適否が論議される。
総理大臣は優柔不断、女性防衛大臣はやる気満々。
.
さらに国連安保理は多国籍軍派遣を決定、
アメリカはゴジラに核兵器を使用することを決める等、
ゴジラの出現は、日本一国の問題では済まなくなる。
.
大いなるフィクションであるゴジラが、
現実に出現したら、の妙なリアリズムが、
なんとも言い難い・・
.
この映画には、オキシジェン・デストロイヤーもスーパーXも、
機龍も、MOGERAも登場しない。
.
ゴジラの破壊による被災、
残留放射能、住民の避難等
今の時代を反映する事柄が描写される。
.
真面目に作ったゴジラ、結構見応えありであった。
続編あるのか分からないが、続けるとしたら、
敵役怪獣を出さねばならないだろうか・・・
スタMasaとしては、続きは無しで、が望ましい。
.
なお、逃げ惑う市民の一人、おとうたまの姿、
うーむ、一か所見つけたような気がしたslate

« 復調ならず・・・ | トップページ | ゴースト&ジュウオウジャー »

コメント

◎KINKYさん
小生、エヴァンゲリオンを観た事が無いので、その世界観が分かりませんが、エヴァを知る人はまた違った見方ができるのかもしれません。

私も本日観て参りました。
作り手は思い通りの作品になったでしょうが、
子供が観て楽しめる作品ではないですね。
大人は楽しめましたが。

◎おとうたま

色は定かではありませんでしたが、ジャンパー着た巨漢、おとうたまに見えましたshadow

赤ジャンであれば間違いなしです!

◎おとうたま

渋滞車列から逃げる巨漢、思わず「あっ!」と声が出ました。 そのほかのシーン、発見に至らず、でした・・

ひゃっほぉ~~~♪♪
みつけてくれたぁ~?

前半のゴジラ第2、第3形態くらいの時に、東京都の災害対策室で4カット、その合間の踏切を渡って逃げるところで1カット、渋滞した車列から歩いて逃げるシーンで1カット、あとは後半でまた災害対策室とゴジラに襲われる夜の丸の内の車から降りるエリート?で1カットづつの計8カット12秒位出れました!

おとうの出世作です!←どこに出世する?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122911/66841438

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年のゴジラ:

« 復調ならず・・・ | トップページ | ゴースト&ジュウオウジャー »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック