« ベレッタの散弾銃 | トップページ | ベレッタ682初撃ち »

2016年5月20日 (金)

4DX3Dを体験する

映画「アベンジャー」のシリーズは、一通り観た。

アイアンマン、キャプテン・アメリカ、超人ハルク、
マイティ・ソーが活躍する。
.
映画シリーズは面白いと思ったが、
少し経つと、ストーリーの内容を、
忘れている・・・
.
アベンジャーシリーズの最新作
「シビル・ウォー」が先月公開。
一か月近く経過さうると、
上映回数も減っている。
.
シネプレックス水戸 にて「シビル・ウォー」を鑑賞。
上映バージョンは、
2D字幕
4DX3D字幕
4DX3D吹替え
.
4DX3D字幕版を選んだ。
.
緒注意のうち「ご年輩の方」は4DXDに入場できません、とのこと。
ご年輩とは、どのあたりから指すのだろうか・・・
スタMasa、還暦過ぎ、高齢者の部類に入るだろう・・・
.
Civil_war
.
さて映画は・・・とにかく派手なアクションとVFX、
そして4DX3Dの躍動感。
.
キャプテン・アメリカのチーム、ウィンターソルジャー、ホークアイ、
ファルコン、ワンダ、そしてアントマン
.
アイアンマンのチーム、ブラックパンサー、ブラック・ウィドウ、
ウォーマシン、ヴィジョン、そしてスパイダーマン
.
二手に分かれて戦い合うという、
仮面ライダー軍団vs戦隊グループみたいな話。
.
今回、ソーとハルクは出ない。
.
中身は無い、と云ってもよい映画だ。
頭を空にして、スーパーヒーローたちの立ち廻りを堪能するのがよい。
.
4DX3Dであるが、シートが動く、風が吹く、水しぶきを浴びる、
フラッシュが光る等々、遊園地の乗り物の如くであった。
.
これが映画と云えるのか? 
.
4DX3Dは、映画の邪道である。
.
ただし、「シビルウォー」は面白い映画であった。

« ベレッタの散弾銃 | トップページ | ベレッタ682初撃ち »

コメント

◎motoさん

スターウォーズ最新作、この年末公開、
予告編ありました。

心に滲みる映画は、昔の作品に多いですね。

確かに、すぐれた作品は、2Dで十分楽しめます。
 
一世を風靡した、角川映画。
「人間の証明」は、今見ても新鮮です。
 
もっと昔で言えば
「コンバット」30分のドラマとは思えません。
 
新作スターウォーズは、ある意味、ディズニー映画だから、こちらは、単純に3Dで楽しめました。

◎motoさん

マット・ディモン主演の「オデッセイ」ですね。
観たいな、と思いつつ見逃しました。4DX3D
上映だったのですね。
加算料金高過ぎ・・・そうだと思います。
映画は通常の2Dで十分だと思います。
なお、小生の場合、シニア料金ですので、
映画は1100円で入場できますcoldsweats02

4DX3D
私も、今春、劇場で見ました。
題名は忘れましたが、火星に植物学者が取り残されて、サバイバルで生きのびる。
「オデッセイ」??

最初は、凄く楽しい「アトラクション」って感じでしたが
、、、ふと思いました。
これってディズニーランドや、ディズニーシーにある
アトラクションじゃないのって?
「ストームライダー」、、、似ている。

面白いんだけど、、
加算料金が高すぎですね。
多分この金額だったらもう見ないでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122911/65588432

この記事へのトラックバック一覧です: 4DX3Dを体験する:

« ベレッタの散弾銃 | トップページ | ベレッタ682初撃ち »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック