« 桜の終わり・・・:千葉小間子50m射場 | トップページ | 熊本大分大震災 »

2016年4月15日 (金)

虫歯治療、そして映画鑑賞

良く晴れた金曜日、射撃日和sun

.
SB(スモールボア・ライフル=小口径銃)練習に行くつもりでいた。
しかし、前日から、右奥上の歯が痛む。
痛みはますます強くなった。
.
市販の鎮痛剤を服用するも効果なし。
.
ついに諦めて、歯科医院に行った。
.
虫歯と判明。神経を抜く治療となった。
麻酔を施すとはいえ、
「キィーーン、ガリガリ」という不快音が脳天に響くhospital
.
痛みは消えた。 精算時、痛み止め薬を貰う。
麻酔が切れて痛みがある時に服用、とのこと。
.
3時間も経ち、麻酔が切れたころ、痛みは発生しなかった。
.
午後になるも、今更練習に行く気にもなれず・・・
映画鑑賞することにした。
.
Spotlight
.
本日公開の「スポットライト世紀のスクープ」
.
超人ハルクとバットマンが共同して
巨大な悪に挑む・・・・・sign02
.
ハルクもバットマンも変身しない。
殴り合いも、チャンバラも、ドンパチも無い。
.
巨大な悪に挑むのは、
地元新聞「ボストン・グローブ」の記者グループ
「スポットライト」。
編集長にバットマン役者のマイケル・キートン、
その部下の記者に、アベンジャーズ超人ハルク役者の
マーク・ラファロ。
.
2002年、実際にボストン・グローブがスクープした
複数のカトリック神父による性的児童虐待事件。
後年、ローマ法王が全世界に謝罪する事態を招いた事案である。
.
神父が幼い男児を性的に弄ぶという、おぞましい事案・・・
それを暴き出したのは、人間の良心であった。
.
本来、良心の鑑であるべき教会が、
変態神父たちを匿い、事件を明るみに出さないよう、
政治的圧力を各方面に掛ける。
劇中「教会は人間が作った物だが、信仰は永遠だ」
というような台詞がある。 言いえて妙、と感じ入った。
.
日本ではキリスト教会は弱小で、
社会に害を成すことはほとんど無い、と思うが・・・
.
時折耳にするのは、プロテスタント、それも
韓国系の教会での、牧師などによる
女性信者への性的暴行・・・
.
「スポットライト」は、記者たちの地道な取材活動を
淡々と描いた。 派手な映画ではないが、
胸に沁みた。
.
 スタMasaが日本のクリスチャンであるからかもしれない。
.

« 桜の終わり・・・:千葉小間子50m射場 | トップページ | 熊本大分大震災 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122911/64995724

この記事へのトラックバック一覧です: 虫歯治療、そして映画鑑賞:

« 桜の終わり・・・:千葉小間子50m射場 | トップページ | 熊本大分大震災 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック