« 千葉の射場 | トップページ | 銃砲・刀剣類検査 »

2016年1月16日 (土)

大口径ライフル撃ち初め:笠間

月半ばの土曜日、仕事休み日。

2016年、大口径ライフルの撃ち初めとする。
昼前、射場着。
先客5名様。
.
Img_8651
.
空いていた2的に入る。
.
Img_8652
.
得物はレミントンM700
.
Img_8654
.
弾は弾頭110HP+薬莢ラプア+火薬IMR4895を46gr.、初速3000fps見当
+雷管セリエ&ベローのリロード。
.
Img_8655
.
3姿勢を練習する。
.
K
.
P
.
S
.
撃ち終えたころ、射場にはスタMasa一人のみであった・・
帰宅後、銃身を300m用に換装する。
.
Img_8663
.
↑ 銃身交換用バイス
.
Img_8665
.
台は縁側。
クランプでバイスを固定する。
.
Img_8667
.
ストックとスコープを外したバレル&レシーバーをバイスに挟む。
.
Img_8668
.
レンチを「レシーバーにセットし、専用のレンチ回しで銃身を緩める。
.
Img_8669
.
↑ 分離状態。
.
Img_8670
.
↑ 替え銃身をレシーバーにセットし、前記行程の逆を行く。
組む前に銃身の溝にケースルーブを少量塗布すると良いらしい。
来週、長瀞300m射場 に行く予定。

« 千葉の射場 | トップページ | 銃砲・刀剣類検査 »

コメント

◎ぐんそうさん

まだまだです。今年に入ってから散弾銃を撃っていません。

満喫してますね〜
羨ましいです。

◎tasigiさん

長瀞300mでの3×40の日本記録は、確か.222Remで達成されたはず、、、

大口径ライフル撃ち初めお疲れ様です。
6.5mmの弾頭が心細くなりましたので購入してきましたが弾頭年々高価になりますね~

どうせ狩猟に使う訳でもなく風の影響も受けない長瀞でしか撃たない射撃用大口径なら222remか223か22径の大口径銃も良いかな~などと良からぬ妄想をしております(笑)

◎鉄砲夢物語さん

ふと気がつくと、散弾銃の撃ち初めがまだです、、、

◎mizuさん

バイスを固定する台、頑丈な物が必要になります。リローディング用のテーブルもそうですが、、、

大口径射撃お疲れ様でした。
私も来週は長瀞を予定しています。

自分も銃身交換工具揃いました。
後は場所ですね。アパートは色々考えないと。

◎naoちゃん

朝、寒くて温風ヒーターにしがみついていたところ、妻から「早く練習に行け!」とせかされましたcat

寒い中、お疲れ様でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122911/63499578

この記事へのトラックバック一覧です: 大口径ライフル撃ち初め:笠間:

« 千葉の射場 | トップページ | 銃砲・刀剣類検査 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック