« 射友忘年会 | トップページ | スキート事始め »

2015年12月17日 (木)

AR立射

前日の暖かさから一転して寒空の木曜日。

仕事休み日。 曇り空だが、雨の気配は無い。
練習に行く。 行先は笠間=茨城県狩猟者研修センター
射撃の基本に立ち返るべく、エアライフルの立射をテーマにする。
.
Img_8494
.
得物は、アンシュッツ8002。 弾はH&Nフィナーレマッチ4.49mm。
笠間の10m射場、常に閑古鳥が鳴いているが、
この日は先客1名様。
.
Img_8493
.
T木県のピストル射手AKさん。ここではAP(エアピストル)を練習。
AKさんは、フリーピストルを所持する数少ない民間人である。
.
Img_8490
.
AKさんもスタMasa同様、SBセンターペーパーの標的交換機を使用。
.
Img_8495
.
スタMasaの場合、ポジション射撃の基本はAR立射、と心得る。
P(プローン=伏射)から始まる射手もいるので、
どの種目が射撃の基本かは、人によって異なる。
.
Img_8498
.
発射弾数90個・・・ 己の据銃力不足を、嫌というほど思い知らされたdown
.
Img_8497
.
帰宅後、バットプレートを中心に、セッティングの変更を試みる。
来週、変更したセッティングで撃ってみる予定。

« 射友忘年会 | トップページ | スキート事始め »

コメント

◎motoさん

穴埋め要員などととんでもない、motoさんは貴重な戦力ですspade

合衆国さま

私、あくまでも、メンバーが足りない時の、穴埋め要員でございます。
撃てと言われれば、喜んで何でも撃ちますが、、
3Pは無理でしょ、、

ターナー、重いです、、、

◎motoさん 来年は小生もクラブ対抗戦、AR立射を撃ちたいと思います。motoさんもSB3×、いかがですか?

◎合衆国の誠さん
AR立射=基本射撃の考え方は、学連射手出身の誠さんの方が強いと思います。ちょっと年令が経ってから射撃を始めた人は、始めからプローン専門になることが多いです。小生、二十代半ばで射撃を始めたので、AR立射からでした。

合衆国さま、
ベテランの方は、SBで寝てますね(伏射)
エアーの立射、SB3姿勢は、参加人数も少くないです。

35歳以上をマスターズとして
マスターズ世代の人も入れれば
上手な人は、3つの姿勢すべて上手い。

うらやましいですね、、3つの種目すべて挑戦してる人、、素晴らしい。

スタMasaさん、こんばんは。
寒風吹き荒ぶ中、ARの立射なんて格好いいですね。日本では、試合はおろか練習でも一度も立射をしたことがない射手が大勢いると聞いたことがあって驚いたものですが、さすがにスタMasaさん、尊敬いたしますshine

◎鉄砲夢物語さん

あまりにも寒さが厳しい時は、
大口径射場に逃げ込むつもりですcoldsweats02

エアー立射・・・ここまで中れば大したものです。
ただ、笠間は野外なのでこれからエアーの射撃も辛くなりますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122911/63014296

この記事へのトラックバック一覧です: AR立射:

« 射友忘年会 | トップページ | スキート事始め »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック