« 長瀞、暑い・・・ | トップページ | 最後の猛暑?:真壁50m射場 »

2015年8月21日 (金)

Takedown テイクダウン

Rem870を運搬する際の方法、

テイクダウンする。
.
Takedown
.
外したマガジン・キャップは、別に保管する。
.
Accessory_case
.
Gun1
.
レミントンM870ウィングマスター。
口径12番の26インチ銃身。
トラップ用のフルチョークが付いている。
.
Gun2
.
夜勤明けの金曜日、高萩射撃場 に向かうrvcar
.
Pooler_house
.
先客無し・・・
.
Plane_of_fire_side
.
曇り空、雨は落ちてこなかった。
.
Plane_of_fire
.
気温28℃なれど、湿度が高く、蒸し暑かった。
.
Shooting_place
.
単独で2R撃つ。 
照準点を探す。 
この銃の前オーナーである鉄砲夢物語さん
「銃口をクレーに被せて撃つ。」
と教示してくれた。
そのように意識してみる。
意識はしてみるが、思うようにクレーを追えない・・
.
Score
.
18点   17点
プーラーをしていた場長は、
「まずまずだろう・・」
と言ってくれたsign04
なお、今回は二の矢が全滅であった。
まずは初矢でクレーを取ることを考えてみる。

« 長瀞、暑い・・・ | トップページ | 最後の猛暑?:真壁50m射場 »

コメント

◎Ronさん

反動を利用しての二の矢のポンピングを、数人の方から教えられましたので、フォアエンドを引き気味にして撃ったところ、一瞬トリガーが引けなくなりました。  御教示ありがとうございます。

追伸。
「撃ち終わった時にも無意識でスライドを引いて止められるようにもなれ!」と教わりました。そうすれば常に射撃後は薬室解放状態になるので・・・またまた生意気すみません。。

スタMasa様 おはよう御座います。ポンプアクション、操作感が好きで私も所持しています。スライドに関しては米国でも使用した事がありましたので私は以外と早く慣れました。私は「反動でスライドを引くのではなく無意識にスライド操作が出来るようになれ!」と昔習いました。要するに完全に撃つ切ってからスライドを引くという事です。それでいて素早く確実に!だそうです。反動でスライドを引くような習慣になるとジャムの原因になるとの事。LEインストラクターが教えてくれました。まあ日本ではジャムによって命の危険が迫るという事は無いでしょうから(笑)とにかく練習量による自動化ですね。生意気すみません。。

◎N.Sさん

マグキャップの点検、了解しました。
御教示ありがとうございます。

◎鉄砲夢物語さん

トリトラ、まだまだ考えられませんcoldsweats02
そろそろ弾が無くなりそうです。
来月、火薬類譲受の申請をしなければ、と思います。

ハイ、スタマサさんお元気ですか。
私は40年来、M870は実猟として使っています。
猟場で銃を組み立てる際、マガジンキャップの緊締確認を怠った事で緩んでいたキャップが外れ、コイルバネとバネ受けを一緒に飛ばした経験があります。
 飛ばしたものを探しましたが雑草ボサでは見つからず、当然猟を諦め帰宅しました。
 手にして間もない頃の事ですが良い体験をしたと思っています。
 シンプルな構造ゆえに簡単な手入れと手動の安全性を兼ね備えた銃ですがマガジンキャップの締め具合だけは再確認が必要と思います。

長瀞でもお話ししましたとおり、数を撃っていくうちに反動でレバーを前後させるコツが掴めるかと思います。
そのコツさえ身に付ければトリプルトラップも遅れることなく撃てるようになるはずです。
がんばって下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122911/61268764

この記事へのトラックバック一覧です: Takedown テイクダウン:

« 長瀞、暑い・・・ | トップページ | 最後の猛暑?:真壁50m射場 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック