« 猛暑日、ボロボロのトラップ:高萩射撃場 | トップページ | 上下二連銃、最後の射撃:高萩射撃場 »

2015年7月20日 (月)

夏のクラ対

ライフルチーム・スターチスは夏の恒例行事、

平成27年度第31回全日本ライフル射撃クラブ対抗選手権大会
(50m・10mSの部)
に出場した。
大会は金曜日から始まっていた。 
その日、大型の台風11号が西日本を襲っていた。
大会会場である静岡県藤枝市に、台風の影響は無かったようだ。
Img_7047
.
Img_7046
.
スポーツパル高根の郷は、インドア・スポーツ施設である。
.
Img_7044
.
金曜日の午後、射場に着く。
用具検査を受け、山を降りる。
宿にチェックインした後、
先行して藤枝入りしていた
スターチスoda選手に連絡する。
.
Img_7050_2
.
Img_7052
.
夕方、藤枝駅北口でoda選手とスターチスk-yu選手と合流する。
.
Img_7053
.
Img_7054
.
藤枝駅付近の中華料理店でミーティングを行なう。
翌日の試合に備え深酒はしない。
.
Img_7058
.
Img_7059
.
Img_7060
.
土曜日、スタMasaとoda選手は50m3×40(スモールボア・ライフル3姿勢120発競技)、
k-yu選手は50mP60(スモールボア・ライフル伏射60発競技)に出場。
.
Img_7062
.
Img_7065
.
スタMasaは1回目で撃ち、午後は試合運営の手伝いに入る。
夕方、ミーティング二日目。
この晩のメンバーは、oda選手とスタMasa、
10mS60(エアライフル立射60発競技)出場の、
スターチスmoto選手の3名。
moto選手の出番は終わっていたが、
oda選手とスタMasaは翌日、50mP60を撃つので、
深酒はしなかった。
.
Img_7067
.
Img_7068
.
Img_7069
.
スタMasaの今回の得物は、アンシュッツM1407アルミストック。
弾は、ラプア・センターX。
.
P_20150719_091638_hdr
.
この日も、スタMasaは1回転目で撃ち終えた後、
運営支援に入った。
.
Img_7071
.
Img_7074
.
この日、スターチスで最も若い、GEN選手が安定したAR立射を撃った。
.
Img_7082
.
Img_7084
.
GEN選手の父上である、スターチス毛がに副将は
50m3×40を撃った。
.
Img_7094
.
立射の練習を重点としている毛がに副将、
340点オーバーの高得点を撃った。
.
Img_7081
.
↑ 毛がに副将の得物、アンシュッツM1813。
スターチスの出番は大会3日目の日曜日で終わった。
スタMasaは、その日の午後行なわれた代表者会議に出席した後、
帰途に着いた。
.
Img_7076
.
Img_7085
.
東名高速、順調に進んでいたはずであったが・・・
御殿場の先で交通事故、それにより渋滞発生であった。
さらに別の交通事故発生、渋滞が伸びた。
結局、帰還したのは月曜日の未明であったnight
なお、本大会の結果については、
に掲載。

« 猛暑日、ボロボロのトラップ:高萩射撃場 | トップページ | 上下二連銃、最後の射撃:高萩射撃場 »

コメント

◎motoさん

暑さと年齢、侮れない要素だと思います。

主将、クラブ対抗に声をおかけいただいた上に
ご心配をおかけして申し訳ありませんでした。

射撃に団体戦はないというのが持論です、

が、出場する以上、ベストを尽くすのが礼儀だと思います。

ふがいない点数ですが、現在の私には、ほぼベストです、すんません。

射座に入ったら、射撃に集中する、、
ラニーバッシャム氏のメンタルマネージメントを、実践するのみですが、、どうしたんでしょうね?

◎鉄砲夢物語さん
暑い中、お仕事お疲れ様です。秋のクラブ選抜戦よろしくお願いいたします。

◎motoさん
クラブ対抗戦、ありがとうございました。今回は、ちょっと変な事もあったようですが、motoさんの大人の対応で収めていただき、良かったです。次回もよろしくお願いいたします。

酷暑の中、クラブ対抗戦お疲れ様でした。
今回は仕事の都合で参加できませんでしたが、次の機会に宜しくお願い致します。

主将、スターチスのメンバーの方々
大変お世話になりました。

メンバーが足りない時には、何時でも呼んでください、喜んで馳せ参じます。

今回は、有望な10m選手の出場で、身が引き締まる思いです、、体型は、、締まってませんが。

クラブ対抗、、全日本になって31回目ですか、、
感慨深いです、、
あの頃の高校生や、大学生も良いおっさんになって、協会の要職で活躍されているようです、、
クラ対ならではの再会も楽しみです。

スターチス 今回も、声を、おかけいただき大変感謝しております、では、では、、

◎iwaさん

射撃大会デビュー、おめでとうございます。
実は小生、クレーの試合出場は
過去一度だけです。
気化があれば、ローカルマッチに出てみたいと思っていますが・・・

練習時は単発でも、試合時は2発装填がよろしいでしょうね。
さらなる御活躍を祈念いたします。

◎誠さん

日本での試合、一部国内ルールもありますが、基本的にはISSFルールで競技を進めます。
なので、号令も英語です。
ちょっと前までは日本語で

「射手は射撃線に着け」
「射撃開始」
「残り時間10分」
「残り時間5分」
でしたが・・・

「Athletes to the lline」
「Preparation and sighting time start」
「30seconds」
「End of preparation and sighting stop」
「Match firing start」
「10minutes」
「5minutes」
「Stop」

ということになりました。

茨城の大口径普及大会で、
猟友会の人たちが競技する際、
小生が射場長の時は
日本語で号令をかけるようにしています。

◎odaさん

おつかれさまでした。
やはり無理なダイエットは良くないようです。
小生、無理やりダイエットしないようにします。
要は、普通に食べて、普通に呑んで、
ですがcoldsweats02

スタMasa様 お疲れ様でした。

当方、日立市の射撃大会に出場して参りました。
このような大会なるものに出場したのは勿論初めて
でした。

お陰様で良い経験をさせて頂きました。
いろいろと思った事がありました。
初心者ながら思った事は以下の点です。

いわゆる競技大会というのと(高萩でのような)
練習というのとは全く場が違うという事。
まあ当たり前ですが。。

①移動方法やレフェリーのやり方とか、知らない面を教えていただきました。

②これまでは散弾銃単発装填のみでやっておりましたが、やはり2発装填でやって行こうと思いました。1、2Rは単発、3、4Rは2発装填でやったのですがまったくスコアは変わらず。。単純に2倍というものではないのですね。精神的にも高萩で(のんびりというか気楽にというか)やっていたのとは異なるものだという事を感じました。

やはり射撃も奥深いものを感じた一日でした。


スタMasaさん、おはようございます。猛暑と台風の最中、クラ対お疲れ様でした。日本では銃に触れられないので、いつか見学だけにでも行きたいです。

皆様お疲れさまでした。
副将S340は流石でしたねー。
自分はダイエットでスリムなったのは良いの
ですが、Sがまったく当たらなくなってしまい
ました。。。フォームと銃のセットアップも大幅
に変更が必要と痛感しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122911/60820733

この記事へのトラックバック一覧です: 夏のクラ対:

« 猛暑日、ボロボロのトラップ:高萩射撃場 | トップページ | 上下二連銃、最後の射撃:高萩射撃場 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック