« グアム射撃合宿冬の部 その2 | トップページ | グアム射撃合宿冬の部 その4 »

2015年2月10日 (火)

グアム射撃合宿冬の部 その3

グアム滞在三日目は金曜日。 朝から晴天sun

Img_5844
.
Img_5845
.
この日も朝9時に、G.O.S.R のカルロスさんが、
ホテルのロビーに我々をピックアップしに来てくれた。
.
Img_5849
.
G.O.S.Rカーは、グアム・ヒルトンホテルを経由した。
そこで、この春、高校生になる男子と、そのお父さんをピックアップする。
射撃は初めてという父子であった。
.
Img_5850
.
G.O.S.Rに着くと、既に多くのお客さんが入っていた。
皆、若い日本人であった。
.
Img_5851
.
Img_5852
.
Img_5853
.
Img_5854
.
Img_5855
.
Img_5857
.
Img_5859
.
Img_5860
.
Img_5861
.
↑ ショットガンで油缶を撃つ「ファイアボール」。
.
Img_5862
.
Img_5874
.
さて、ライフルチーム・スターチスの危ないおじさん三人組は・・・
前日同様、カスタマイズ・コースを選ぶ。
まずはkamosさん。
.
Img_5877
.
ワルサーPPK、口径.380ACP(9mmショート)
.
Img_5890
.
Img_5892
.
SIGザウアーP228、口径9mmパラベラム
.
Img_5920
.
Img_5928
.
kamoさんがチョイスした長物は、M1ライフル。
前時代のミリタリーライフル。口径は.30-06スプリングフィールド。
.
Img_5939
.
Img_5942
.
kamoさんは、M1ガーランドの立射で訓練を閉めた。
odaさんは・・・
.
Img_5898
.
コルトM1991、口径.45ACP。 
.
Img_5921
.
Img_5935
.
アサルトライフル、AK47。 
口径.30-39(ミリタリーマニアは、
7.62mm×39と表現することが多い)
.
Img_5943
.
M1Aライフル、
口径.308ウィンチェスター
(ミリタリーマニアは 7.62mmNATO と呼ぶことが多い)。
.
Img_5947
.
M4カービン、 口径.223レミントン
(5.56mmNATO)
.
Img_5948
.
Img_5951
.
odaさんは、M4系のカービンをニーリング(膝射)で訓練を閉めた。
.
Sstarget
.
スタMasaの訓練。
.
G171
.
G173
.
グロック17、 口径9mmPar.
前日と同じく、9mmPar.のSIGザウアーP226のほか、
グロック17を撃つ。
.
44mag
.
↑ .44マグナム弾。 これをレバーアクションのマーリンで撃った。
ハンドガン用実包としては、反動が大きい実包だが、
長物で撃つと反動はほとんど感じない。
昨年9月と同様に、散弾銃、レミントンM870でトラップ10枚を撃った。
そのうち9枚を砕いたnote
.
Shell
.
↑ 12番装弾。フェデラル銘の7.5号24g、トラップ用。
.
閉めの射撃は、コルト・モジュラーカービンによる3姿勢。
.
Le9011
.
Le9012
.
Le9013
.
口径.308Win.のM4系カービン。 監的スコープが無く、
弾着確認が出来ないので、どういう当たり方なのか不明。
.
Le9013p_2
.
射距離約50m。 狙点は標的の中心であったが、
概ね下方に着弾している。 
.
Syamen
.
Sobi
.
↑ 長物射撃時の装備。 
ジャケットはチャンピオンズチョイスの射撃用、
下衣はSWATのBDUトラウザー。
.
午後2時過ぎ、三人共今回の射撃訓練を終了した。
帰りは、G.O.S.Rの社長、SU(スー)さんに送っていただいた。
夕方、SU社長がホテルのロビーにお迎えに来られた。
夕食を御一緒させていただいた。
.
Img_5957
.
社長に案内していただいのは、ベトナム料理店であった。
.
Img_5959
.
野菜巻いて食べる大型の春巻きはビールによく合うbeer 
ピラフとスープも美味であった。
.
Img_5958_2
.
「夜はどこに遊びに行くのか?」
と尋ねるSU社長に
『いえいえ、まっすぐホテルに帰ります。』
と答えた三人組は、
そのとおりホテルに帰り、早めに就寝したnight
今回もG.O.S.Rでの射撃を堪能した。
SU社長、カルロスさん、マイクさん、フィリップさん、
ジェイコブさん、サニーさんに感謝notes

« グアム射撃合宿冬の部 その2 | トップページ | グアム射撃合宿冬の部 その4 »

コメント

◎盆踊りさん

日程、丁度一週間のズレでしたね。
奥様にバレットを撃たせるとは、
思い切ったことを・・・

当方、妻子が射撃とグアムに全く興味を示しませんので、射撃仲間のおじさんたちとで渡航です。

銃種を絞ってじっくり撃つには、G.O.S.Rは良い施設だと思います。

こんにちは~
昨日帰国しました・・・
GOSR連続なんてうらやましいです・・・
かみさん家に置いて来れば良かったなどと考えつつ?

いろいろ射撃されてますね~。
かみさんに内容説明せずバレット撃たせてしまいました。
結果はオーライでしたが・・・耳がおかしくなりそうと言ってました・・・

◎鉄砲夢物語さん

今回は、初日ハンドガンをメイン、二日目長物をメインに撃ちました。
M1ガーランド、ハンターにも馴染みの銃なのですね。

M870でのトラップ・・・近い将来、国内で行なうことになる、と想定しての訓練でしたhappy01

Kamoさんが撃たれたM1ガーランド・・・・
軍用銃ながら「熊撃ち一代」の主人公「故藤原長太郎さん」はその著書の中で、熊猟で30-06の200grの弾頭にM1ガーランドの組み合わせは最高だったと書かれていました。
私も、今度GOSRへ行ったらぜひ撃ってみたいと考えています。
今回もM870でクレーを撃たれたんですね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122911/58890173

この記事へのトラックバック一覧です: グアム射撃合宿冬の部 その3:

« グアム射撃合宿冬の部 その2 | トップページ | グアム射撃合宿冬の部 その4 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック