« 2014クラブ対抗選抜戦 | トップページ | FURY »

2014年11月30日 (日)

ノーマライゼーション・ビームライフル大会

埼玉県身体障害者ライフル射撃連盟 主催のビームライフルの射撃大会、

平成26年度第14回ノーマライゼーションビームライフル射撃大会
が開催された。
本大会はタイトルが示すとおり、障がい者と健常者が同じ土俵で競う射撃競技会。
Kaijouentrance2
.
Kaijouentrance1_2
.
やや暖かめ、11月最終の日曜日、参加者は延べ60名。
.
Hole1
.
Hole2
.
Mrhit
.
車椅子のライフル射手HITさん。本大会のジュリーである。
.
Student_2
.
支援に当たった国際学院高校射撃部、顧問の先生と部員たち。
スタMasaはここ10年ほど、この大会に顔を出している。
今回もHITさんの指揮下に入り、午前中は射場長を下命された。
.
Hole3
.
Holeannai
.
Setuei
.
埼玉県ラの有志と国際学院射撃部が会場設営をしてくれた。
.
Meeting_2
.
開会前のミーティング。
.
Brs
.
Br1
.
ビームライフル(略称BR)。 スタンダード・ライフルの形をしている。
重量はAR(エアライフル)より若干軽めの4kgちょっとくらいか・・
銃砲刀剣類所持等取締法に定める「銃」ではない。
しかし、射撃時以外はボルトを開く・・ではなく、ボルトを起こす。
取り扱いは、銃に準じる。
勿論のことだが、銃口を人に向けてはならない、
射撃以外に引鉄に指を触れてはならない。
.
Match
.
Matchs
.
午後、スタMasaは選手として立射20発を撃った。 
基礎体力不足の状態は変わらず・・・ 体力不足が早撃ちに走らせる・・
本射20分のところ、9分で撃ち上げてしまったbearing
当然ながら、当たっていない。
今度の冬は、じっくりと基礎体力を養成する必要あり・・・
.
Matchs2
.
Matchs3
.
国際学院の生徒たちの力量はさすがである。
.
Matchfree
.
Hyousyo
.
Kohyo
.
講評は国際学院射撃部コーチのH川氏。 
午後4時過ぎ全プログラム終了。 
参加者、スタッフ共に充実した日曜日であった。
会場内を片付け、帰途に着いたrvcar

« 2014クラブ対抗選抜戦 | トップページ | FURY »

コメント

◎HITさん

こちらこそ、ありがとうございました。
盛況で良かったですnotes
来年もお邪魔させてください。

スタmasaさん 毎年遠路御支援ありがとうございました。
おかげさまで今年も無事終了できました。
射場長いつもありがとうございました。

ちょっと早いですが、良いお年をお迎えください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122911/58139319

この記事へのトラックバック一覧です: ノーマライゼーション・ビームライフル大会:

« 2014クラブ対抗選抜戦 | トップページ | FURY »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック