« 笠間、真夏日 | トップページ | 猛暑、長瀞 »

2014年7月22日 (火)

夏のクラブ対抗戦

夏の恒例行事、クラブ対抗戦、略して「クラ対」。

平成26年度全日本ライフル射撃クラブ対抗選手権大会50m・10mSの部
というタイトルの試合。
種目はSB(スモールボア・ライフル=小口径)の3姿勢と伏射、エアライフル(空気銃)の立射、である。
大会は金曜日から始まっていたが、スタMasaは土曜日の朝、出発した。祝日絡みの連休の初日、朝から高速道路は混雑していた。
Ikijyutai
東名高速
Ikjyutai2
天候も落ち着かずで、雨が降ったり、雷が鳴ったり、晴れ間が覗いたりであった。
昼過ぎ、会場である、スポーツパル高根の郷に着。
Signboard
ライフルチーム・スターチスでは、とも選手とoda選手が50mP60M(小口径ライフル男子伏射60発競技)を撃っていた。
Tomo
↑ スターチスとも選手
Oda
↑ スターチスoda選手
とも選手は撃ち終えて帰還。 oda選手は3種目フルエントリーで、藤枝市内のビジネスホテルに投宿。スタMasaも同宿。 
夕方、宿舎に入る。 翌日、P60出場の「い」選手も同宿との連絡あり。さらにハンターの鉄砲夢物語さん も宿に入ったとの連絡あり。
鉄砲夢物語さんは昨年、千葉県ライフル射協を通じて日ラに加入、今年SBを取得。さっそく夢物語さんをスターチスに引き入れた。
夜、チーム・ミーティング実施。
Meeting
この日、10mS60M(エアライフル立射男子60発競技)を撃ち終えた、moto選手、翌日ゆっくり帰還するとのことで、ミーティング参加。
さわやかに目覚めた日曜日、スタMasaは会場に急いだ。この日は50m3x40M(小口径男子3姿勢120発)と10mS60の2種目にエントリー。
打撲した脚を庇い過ぎて、基礎体力を作ることを怠ったツケが回って来た。 スタミナ切れで沈没・・・・・ 3x40は危うく1,000点を割るところであったhappy02  
10mS60は、初めて試合に使う圧縮空気式のアンシュッツM200CA。 
Img_3253
成績は小数点表示で553.2点。 満射が654点なので、ひどく低いのは分かるが、今一つ分からないcat 
ARを撃ち終えて、代表者会議に出席。 会議終了し50m射場に行くと、鉄砲夢物語さんがP60を開始していた。 ベテラン・ハンターの夢物語さんであるが、プローンはまだ姿勢が安定していない。 反復練習して慣れるしかないであろう・・・
Yume1
Yume2
↑ 鉄砲夢物語さんの伏射。
I
↑ 淡々とP60を撃つ「い」選手。 今回は今一つ、乗り切れていない様子・・・。
この撃ち終えた、odaさん、「い」さん、鉄砲夢物語さんは帰還した。 
スタMasaは最終日、P60を撃つので連泊となる。
最終日、スタMasaは最終射群であったので、午前中は競技運営の手伝いに入る。
Match1
Match2
Match5
Match6
Match9
Gun
スタMasaの得物。 アンシュッツM1407アルミストック。
Ammo
今回使用の実包は、ラプアのセンターエックス。
P60も小数点表示なので、よく分からない。分からないなりに、600点を目標に撃ってみる。
素点では570点くらいだろうか・・・ 602.81点、目標の600点に達したが、最終シリーズの乱れ撃ちは、体力不足と反省する。
全日程を終了し、帰途に着いたが、連休最終日の高速道路の渋滞混雑により、帰還は午前様となったnight

« 笠間、真夏日 | トップページ | 猛暑、長瀞 »

コメント

◎Lupinさん

記憶違いではありません。昨年も藤枝でした。この試合、実は毎年、藤枝が会場なのです。
4日間に渡る大会です。参加人員の規模では日本で最大のライフル射撃大会です。 

仕事の合間を縫っての遠征・クラブ対抗戦参加お疲れ様でした。
この大会、去年も藤枝じゃなかったでしょうか?
記憶違いだったらすみません。
昨年も大会終了後に東名の大渋滞に難儀されていたように記憶していました。
これから益々暑くなり、重装備を纏っての射撃は大変でしょうが頑張ってくださいね!

◎誠さん

御多忙、お察しいたします。射撃の時間が取れないのは辛いですね・・・
SBですが、定番のアンシュッツ、ワルサー、バウのほか、近年ではブライカーとかシコナーニが目立つようになりました。

クラブ対抗お疲れ様でした。日本の猛暑の中大変だったと思います。毎年、スタMasaさんのクラ対.の記事を読ませて頂く度、競技用SBが欲しくなります。私はこの夏職場での変化があって、休暇中にもかかわらずけっこう慌しく、鉄砲を撃ちに行ったのは二回ぐらいでしょうか。

◎鉄砲夢物語さん

試合、お疲れさまでした。 御健闘、感謝いたします。 10月のクラ対、300m大口径も、よろしくお願いいたします。

クラブ対抗戦では大変お世話になりましてありがとうございます。
今回の初参加、得るものがたくさんありました。
これからは練習を積み、少しづつ成績が向上するよう頑張る所存です。
それにしても午前様のご帰宅とは大変でしたね。
私も自宅へ到着したのが10時を回っていました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122911/56862418

この記事へのトラックバック一覧です: 夏のクラブ対抗戦:

« 笠間、真夏日 | トップページ | 猛暑、長瀞 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック