« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月28日 (月)

連続ラウンド:高萩射撃場

暑さが一段落したかのような月曜日、午後から出かけたrvcar

行先は、高萩射撃場 。 
トラップ撃つのは一か月ぶりである。
Img_4205
先客、ベネリ使いのM川さん。既に射撃終了。
まず、弾を買う。 スタMasaは、ケメンの7.5号24gを指定した。25個で1,100円。
125個購入する。 持ち込みの3個と合わせて128個となる。
M川さんが退去すると同時に来客1名様。 60歳代のハンターさんsign02 
MTさんという言語態度が丁寧な紳士である。
ラウンドご一緒させていただく。
1R目終了、MTさんは直ちにトラップ続行。スタMasaも同行させていただく。
2R目終了、プーラー室に電話が入る。プーラーのO内場長、電話を受ける、その間休憩。
3R、4Rと連続トラップとなる。 一気に4Rは初体験である。128個の装弾は使い切った。
Img_4208
最高気温30℃。 まずまずの気候sun
一か月ぶりのトラップであったが、撃ち方は忘れていなかったようだ。
Img_4209
たまに撃つトラップ、気分転換になるが、ライフル同様、納得の射撃には程遠いcat

2014年7月25日 (金)

猛暑、長瀞

平成26年度第40回全日本ライフル射撃競技選手権大会(300m)

という仰々しい題名の試合に出場した。
Pamphlet
Gate
Title
種目は300mライフル競技全般。 スタMasaはハンティング・ライフル伏射40発(BHRP40)
にエントリーした。
Masa1
 ↑射友のHITさん が写真を撮影してくれた。
スタMasaの得物は、口径.308ウィンチェスターのレミントンM700Pmd(ポリスもどき=スタMasaの造語)、弾は弾頭シェラの150HPBT+火薬IMR4895を44.0gr.(グレイン≒0.0648g)初速2700fps(フィートパーセコンド)見当+薬莢ノルマ+雷管フェデラルのリロード弾。
Gun
この日の埼玉県秩父方面の最高気温は35℃。猛暑日であったsun
基礎体力不足のスタMasaは、銃をコントロール出来ず、7点を連発down
90 92 89 88  計359   9割切って勝てるわけがない。 13人中12位であったpig
Bhr3x
試合の模様。
Bhrp
Mi
↑ 伊勢原射撃場の管理人、「み」さん。 ハンティングライフル3姿勢競技の、
大会記録保持者である。
Hit1
Hit2
↑ 車椅子伏射を撃つ、HITさん。 埼玉県大口径練習会の世話役である。
Hit3
己の下手さ加減に失望しながらも、射撃を辞めようとは思わない。次の試合は10月のクラブ対抗戦300m。それに向け、まずは基礎体力を作ることから始めたいと思う。
Masa2

2014年7月22日 (火)

夏のクラブ対抗戦

夏の恒例行事、クラブ対抗戦、略して「クラ対」。

平成26年度全日本ライフル射撃クラブ対抗選手権大会50m・10mSの部
というタイトルの試合。
種目はSB(スモールボア・ライフル=小口径)の3姿勢と伏射、エアライフル(空気銃)の立射、である。
大会は金曜日から始まっていたが、スタMasaは土曜日の朝、出発した。祝日絡みの連休の初日、朝から高速道路は混雑していた。
Ikijyutai
東名高速
Ikjyutai2
天候も落ち着かずで、雨が降ったり、雷が鳴ったり、晴れ間が覗いたりであった。
昼過ぎ、会場である、スポーツパル高根の郷に着。
Signboard
ライフルチーム・スターチスでは、とも選手とoda選手が50mP60M(小口径ライフル男子伏射60発競技)を撃っていた。
Tomo
↑ スターチスとも選手
Oda
↑ スターチスoda選手
とも選手は撃ち終えて帰還。 oda選手は3種目フルエントリーで、藤枝市内のビジネスホテルに投宿。スタMasaも同宿。 
夕方、宿舎に入る。 翌日、P60出場の「い」選手も同宿との連絡あり。さらにハンターの鉄砲夢物語さん も宿に入ったとの連絡あり。
鉄砲夢物語さんは昨年、千葉県ライフル射協を通じて日ラに加入、今年SBを取得。さっそく夢物語さんをスターチスに引き入れた。
夜、チーム・ミーティング実施。
Meeting
この日、10mS60M(エアライフル立射男子60発競技)を撃ち終えた、moto選手、翌日ゆっくり帰還するとのことで、ミーティング参加。
さわやかに目覚めた日曜日、スタMasaは会場に急いだ。この日は50m3x40M(小口径男子3姿勢120発)と10mS60の2種目にエントリー。
打撲した脚を庇い過ぎて、基礎体力を作ることを怠ったツケが回って来た。 スタミナ切れで沈没・・・・・ 3x40は危うく1,000点を割るところであったhappy02  
10mS60は、初めて試合に使う圧縮空気式のアンシュッツM200CA。 
Img_3253
成績は小数点表示で553.2点。 満射が654点なので、ひどく低いのは分かるが、今一つ分からないcat 
ARを撃ち終えて、代表者会議に出席。 会議終了し50m射場に行くと、鉄砲夢物語さんがP60を開始していた。 ベテラン・ハンターの夢物語さんであるが、プローンはまだ姿勢が安定していない。 反復練習して慣れるしかないであろう・・・
Yume1
Yume2
↑ 鉄砲夢物語さんの伏射。
I
↑ 淡々とP60を撃つ「い」選手。 今回は今一つ、乗り切れていない様子・・・。
この撃ち終えた、odaさん、「い」さん、鉄砲夢物語さんは帰還した。 
スタMasaは最終日、P60を撃つので連泊となる。
最終日、スタMasaは最終射群であったので、午前中は競技運営の手伝いに入る。
Match1
Match2
Match5
Match6
Match9
Gun
スタMasaの得物。 アンシュッツM1407アルミストック。
Ammo
今回使用の実包は、ラプアのセンターエックス。
P60も小数点表示なので、よく分からない。分からないなりに、600点を目標に撃ってみる。
素点では570点くらいだろうか・・・ 602.81点、目標の600点に達したが、最終シリーズの乱れ撃ちは、体力不足と反省する。
全日程を終了し、帰途に着いたが、連休最終日の高速道路の渋滞混雑により、帰還は午前様となったnight

2014年7月16日 (水)

笠間、真夏日

7月中旬の水曜日・・・朝から晴れsun

この日は、射友の鉄砲夢物語さん と、笠間=茨城県狩猟者研修センターで合流することにしていた。
この日、夢物語さんはレミントンM700VLSと、アンシュッツM1913プレサイスを持参。
Ans.1913の方は、最近ハイサイトブロックを付けたので、照準調整を・・・
Yume1
Yume2
夢物語さん、プローンの姿勢でサイト合わせを行なう。 この時、外気温度31℃、
真夏日であった。   今回、夢物語さんが使った弾は、エレークラブ。
スタMasaは、レミントンM700Pmdを持ち込んだ。
Gun
銃身は300m用のステンレス、シーレンの製品。
Ammo
実包は、弾頭シェラ155HPBT+火薬IMR4895を44.0gr、初速2700fps見当+雷管フェデラル+
薬莢ノルマのリロード弾。
先客お二人のハンターさんが居たが、我々より先にアウトした。
Syaza
Syamen
Target
Photo
Photo_2
Photo_3
久しぶりの、しかも体力不足であったが、練習はまずまずの成果であった。
さて夢物語さんは・・・SBをみっちり撃ったところで、Rem700を取り出し100mで撃つのか、
と思いきや・・・・・大口径は撃たずに練習を終えた。 暑さに負けた、とは本人の言。
二人で後片付けをし、山を下りて国道沿いのラーメン店で昼食会。 しばし歓談の後、
別れたcar

2014年7月12日 (土)

台風右抜け、真夏日となる

西日本で猛威を奮った台風8号、関東地方に上陸したかと思ったら、太平洋に右折し温帯歴圧になって、日本から遠ざかった。

台風が抜けた翌日は土曜日。強い日差しが気温を上げて行く。 この日、水戸市では最高気温31℃を記録したらしい。真夏日であるsun
とにかく暑かったsweat01 

2014年7月10日 (木)

台風近し

今回の木曜日は仕事休み日。

今月に入ってから、まだ鉄砲を撃っていないので、射撃場へ・・・
世間では、大型の台風8号が、沖縄を蹂躙し、
九州方面に上陸・・ゆっくりと北上を続けている由。
この日の朝、空は曇っていたが、風は強く無かった。 午前中は空の様子見とする。
木曜日といえば、映画館のメンズデー、男性客は1,100円で映画を観られる。
選んだ作品は「オール・ユー・ニード・イズ・キル」。
Ldr
トム・クルーズ主演のSFアクション。 原作は日本のコミックだそうである。 
観客は40歳代、50歳代の男性、それぞれ単独が3名ほど。
20歳代の若いカップル1組。  20歳代の男性単独・・原作コミックのファンか?
そして、どう見ても場違いのような気がしたのは・・・スタMasaの後列の二人組、
60歳代半ば過ぎの、お婆ちゃんsign02 トムクルのファンか?
飽きないで観られた作品です。 本作品については、トラップ射撃の名人、
おとうたまが書いているので、そちらを参照願いたい。
昼時、映画館を出ると・・・・・風が強く吹き始めた。雲の流れが速い・・・typhoon
午後、射撃場に行くのを断念する。
帰宅すると、郵便受けに、宗教のパンフレットが入っていた。
Reiha1
千葉県野田市に本拠を構える新興宗教「霊波乃光」。
Reiha2
この宗教、水戸周辺でも活動しているのだろうか?
以前、友人がこの宗教に入っていたことがあった。 それでちょっと調べてみたが・・・
教義、と云えるようなものではないが、骨組みはキリスト教である。
とは言え、キリスト教宗派の一つを標榜しているわけではないので、
キリスト教異端と云うわけにも行かないようだ。
 この宗教がキリスト教と決定的に違うのは、人間に内在する「罪」を全く度外視している。
というよりは、教祖はじめスタッフが、
「罪」或いは「原罪」という概念を理解出来なかったものと思われる。
いずれにせよ、新興宗教には近づかないのが良いだろう。
台風8号の被害が拡大しないよう、既に被害を受けた方々には、
心よりお見舞い申し上げます。

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック