« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月25日 (日)

県民総体大口径ライフルの部

県民総合体育大会とは国民体育大会の県大会である。

しかし大口径ライフル種目は、国体本戦には無い。
ちょっと歪ば感じがしないでもないが、県民総体は県の事業である。
茨城県民総合体育大会大口径ライフルの部、5月最終日曜日に開催された。
その日、スタMasaは夜勤明け。 仕事を終え、道具を揃えてから会場である
射場着時、1射群目競技中。
Hikaesitu
茨城県ライフル射撃協会の大口径ライフル競技会は、おおらかである。
種目は、センターファイア・ライフル 100m  3姿勢、伏射はもちろんのこと、
ライフルドスラッグ、50mで3姿勢、自由姿勢を入れている。
そしてライフル、スラッグ共通でランニング・ターゲットを入れている。
Img_3951
今回、30人位の参加があり、賑やかであった。
しかし、希望者が少なかった動的種目は行われなかった。
Free30
↑ 100mライフル自由姿勢。参加者のほとんどはハンターであった。
Rack
Urya1
Urya2
↑ 射友の、だらだらの中のうりゃさん。 得物は12番径のレミントンM870。
M9410
スタMasaは、ハンティング・ライフル伏射40発を撃った。 気温29℃、夏日。暑い。
得物はレミントンM700Pmd、口径.308Win.
実包は、弾頭シェラの150gr.スピッツァー+薬莢ラプア+火薬IMR4895を42.6gr.初速2600fps見当、雷管フェデラルのリロード弾。
夜勤明けの疲れは、銃の揺れを増幅させる・・・・・・ 
まさかの5点を撃ち、358点と9割を切るという大失態を演じてしまったdown
今回は、一部の役員から、妙なイチャモンをつけられたりで、愉快でない部分もあったが、
それ以上に、プローンで九割を切ったことに大いに落胆したpig
疲労不回復の状態で、ライフルを撃つものではない、ということのようだ。

2014年5月23日 (金)

疲労不回復

今週は深夜の仕事が続いた。 金曜日、休日。 疲れは残っていたが、SB(小口径ライフル)の練習に行くことにした。

昼前、真壁=茨城県営ライフル射撃場 に着く。 先客は、栃木県ラ、クラブチーム「オールドタイマー」のk-yuさん。

Img_3916

射撃準備中に、茨城県ラのKMさんが来場。 3人もいれば寂しくない。

Img_3918

スタMasaの得物はアンシュッツM1913。 

Img_3921

晴天、気温は20℃ちょっとで、風穏やか。射撃には絶好の気象状況だ。

Kion

Ammo

まず目の疲労・・・フロントリングが歪んで見える・・。 黒点を見失わないように心掛ける。

Gun1

肉体疲労が残っている状態、芳しくない。

Gun2

スリングを使う種目、K(膝射)とP(伏射)、揺れが止まらない・・・

S(立射)は、なおさら銃が止まらない。

K

↑ K 膝射

P

↑ P 伏射 

S

↑ S 立射

明日夜勤・・・・明けの日曜日は、県民総体大口径ライフルの部。 疲れを抱えたまま、試合に臨むことになる・・・。

2014年5月17日 (土)

長瀞でフリー大口径

埼玉県身体障害者ライフル射撃連盟のHITさん が主宰する、埼玉県大口径練習会。

年に数回開催される。 この春、HITさんからお声掛けいただいた。

5月中旬の土曜日、開場は、埼玉県長瀞総合射撃場

朝5時に出発、午前7時半、射場着。 HITさんは既に射場入りしていた。 午前8時過ぎ、チームS.O.SのSTさん来場。 

受付で番号札を受け取り、射場に入る。

今回集まったのは、HITさん、STさん、NKさん、MRさん、tasigiさん とスタMasa。

今回スタMasaの得物は、フリーライフル、シーレンDGA。

Gun1

Gun2

口径.308Win.。 実包は弾頭シェラの155gr.HPBT+薬莢ノルマ+火薬IMR4895を44.0gr.初速2700fps見当+雷管フェデラルGM210のリロード弾。

Mrhit2

↑ HITさん。

Mrtasigi

↑ tasigiさん。 tasigiさんとは、5月5日の「タシギ会」に御一緒させていただいた。

5teki

スタMasaはシーレンDGAのサイト合わせを兼ねて3姿勢を練習。 

サイトインの方法は、プローンに位置で銃を委託し、ボアサイティングする。 実射してみると、3個のAns.インターナショナルのうち、1個が動かない。 オーバーホールの要認む。

Sokudou

↑ 監的壕へ通じる通路。

Kantekigou

↑ 300mの監的壕。

P

↑ P(プローン=伏射) 

K

↑ K(ニーリング=膝射)

S

↑ S(スタンディング=立射)

ただでさえ当らないが、300m離れるとますます当らなくなる・・・。

昼過ぎ、全員射撃終了。 審査室に集まり昼食会。食料は各自持ち込み。 歓談しながらのランチタイムを終え、銃器手入れを行なう。

午後になると、300m射場隣の50m射場にハンターさんが二人入った。 お一人は見たことある方・・・

50mtuti

M870倶楽部 のメンバー、T内さんであった。 来月、ライフル銃の技能講習を受けられるとのこと。そのための練習ということであるが、T内さんは日ごろから射撃練習をしているので、知識、安全操法、技量共問題なしと認められる。

50ammo

↑ T内さんの実包。左:.308Wi.  右:.270Win.

50minfo

T内さんと少し歓談してから、山を降りた。

2014年5月14日 (水)

5月の夏日:真壁50m射場

最高気温30℃の予想の水曜日。

晴天sun  暑いsweat01

真壁=茨城県営ライフル射撃場に向かうrvcar

射友鉄砲夢物語さんが真壁にSBを撃ちに来る、とのこと。 射場で合流する。

二人で50m射場に入る。

Kion

午前10時ころの、真壁50m射場の気温。

Syamen

そのうちおひとり様来場。 栃木県ラのk-yuさん。

三人で練習。 スタMasaは3姿勢、夢物語さんはプローンとニーリング、
k-yuさんはプローンを、それぞれ練習。

Gun1_2

スタMasaの得物、アンシュッツM1407アルミ。

Ammo

実包はエレーに緑、スポート。

Yume

↑ 夢物語さん。 得物はアンシュッツM1913プレサイス。実包はSKスタンダードプラス、
ジャケットとパンツはクルト。

Gun3

K

P

S

暑さで、いささかバテた。 これから暑い季節になる。 基礎体力を作る必要を感じた。

練習後、つくば市の大衆食堂で、夢物語さんと遅い昼食を摂る。しばし歓談して別れた。

2014年5月10日 (土)

強風は敵か味方か? :高萩射撃場

夜勤明けの土曜日・・・朝から晴天sun
やや風強しtyphoon

久しぶりにトラップを撃ちに行く。一か月以上、散弾銃を撃っていない。

得物はトラップガン、SKB5700、12番径の上下二連。
Gun1

Gun2

昼前、高萩射撃場に着く。 先客無し。場長のO内さんと、教習射撃指導員にAKさんが居た。 
Syamen1

1R目開始と同時に風が強まってきた。単独トラップ。 クレーがUFOのようにふらつきながら飛ぶ・・・。

Syamen3

今回の弾は、近所の銃砲店で購入したVix。
Ammo

安価だが良い弾だ。 スタMasaが云う良い弾とは、不発の無い物。

Syamen2

風に翻弄され、まるで中らない・・
迷人会会員としては、格好の言い訳材料が出来ている。 14点happy02

長い昼休みの後、2R目開始。これも単独トラップ。
 相変わらず風が吹いている。ぞの風に少し慣れた感じだ。
或る時は風に逆らいながら、ある時は風に乗りながらクレーを撃った。 19点annoy

上出来であるnote

Syadai

日差しが強かったので、濃いグレーのシューティング・グラスを着けた。

Soubi

Item

↑ グローブはゴルフ用。 

Score

夜勤明けで体力的に弱っていたので2Rで打ち止めとする。

2014年5月 5日 (月)

子どもの日、おじさんたちの鉄砲遊び、タシギ会

ゴールデンウィーク終盤の端午の節句carouselpony
近所の堀には、鯉幟が泳いでいる。

Koinobori4

Koinobori6

Koinobori9

中高年射手の鉄砲遊びオフ会、「タシギ会」が行われた。

ネット友のtasigiさんの名を冠するオフ会であるが、発起人はtasigiさんではなく、
12番スラッグの名手、ジャガおさんであった。

会場は、栃木市のニッコー栃木綜合射撃場。 曇り空cloud
午前8時過ぎ、「タシギ会」は集合した。 総勢9名。

Syuugophot

好きな得物(鉄砲)で、好きな姿勢、好きな距離で撃つ、という自由気ままな射撃オフ会。

Syaza2

Syaza3

Syaza1

スタMasaは、ハンティング・ライフル、レミントンM700Pmd(ポリスもどき:造語)を持ち込んだ。 実包は弾頭150gr.ソフトポイント+薬莢ラプア+火薬IMR4895を42.0gr.初速2600fps見当+雷管フェデラルGM210のReload弾。

Ammo

Gun1

Gun2

スタMasaは13的に入る。

Target13

Target132

Jagamizu1

↑ ジャガおさん:左   mizuさん:右

Jagas

↑ ジャガおさん立射。 得物は12番径スラッグ、ブローニングA-ボルト。

Rack

Mizuk

↑ mizuさん膝射。 ネット上で交流はあるが、今回初めてmizuさんにお会いした。

Mizus

↑ mizuさん立射。獲物はレミントンM700バーミント、口径.308Win.

Tasigi

↑ tasigiさん。 得物は.243Win.のルガーM77と6mmのサバッティ。

M77

↑ tasigiさんのルガーM77。

M870

↑ だらだらの中のうりゃさんのレミントンM870、12番径。

Steps2

↑ ライフル射場。

Steps1

ライフル射場入口の階段。 下りは良いが、上りは中高年には辛いものがある。

スタMasaは、いつものとおり、3姿勢を練習した。

K

P

S

Sobi

装備は、ジャケット&パンツはマークスマンの旧型。 靴とグローブはAHG。

Under

↑ 射撃ジャケット&パンツの下。 

Inner

↑ インナーの状態。

Info2

射場の諸注意。

Info1

Info3

この射場は日本ライフル射撃協会の認定を得ていない。よって日ラの試合を行なえない。
日ラの試合を誘致せずとも、営業は成り立っている、ということらしい。

End

基本時間は3時間。タイムオーバーしないように撃ち上げた。

タシギ会9名は射場の外にある、蕎麦屋に入る。歓談しながらの昼食。 行楽期の交通渋滞に遭わないよう、早めに解散した。

2014年5月 2日 (金)

初夏の暑さ:笠間10m射場

最高気温24℃の金曜日。 世間ではゴールデンウィークの中日。
それとは無関係に仕事休日であった。

晴天sun AR立射、基本練習。

Gun1_2

Gun2_2

エアライフル。 アンシュッツM2002CA(コンプレスセド・エア=圧縮空気式)。 スターチス毛がに副将殿から譲渡され5か月・・・ようやく慣れてきた。

練習場所は、笠間=茨城県狩猟者研修センター。 

Parking

大口径ライフル射場、馴染みの射手お二人が撃っていた。

Range1

Range2

10mAR(エアライフル=空気銃)射場は閑古鳥。 だが隣接する大口径射場から聞こえる轟音に、人の気配を感じるshadow 

Rack

銃に慣れてきたが、据銃力不足のため、安定した射撃が出来ないpig

Gun3

Gun4

Syaza

Target1

Targetup

Sobi

↑ 装備。 ジャケット&パンツはザウアー。グローブもザウアー。靴はステンバーグ。

Under

↑ 装備の下は、上衣:Tシャツ+ポロシャツ  下衣:ジャージパンツ。

Inner

↑ インナーの状態。

Gun5

撃たない時は、必ずセーフティフラグを装着する。

Gun6

S

帰宅後、ハンドポンプでシリンダーに空気を充填するが・・・これが結構重労働である。
やはり、ARはポンプ式が良いのかもしれない。

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック