« 雷管不足・・・・・ | トップページ | 千葉の射場で・・・ »

2014年3月 3日 (月)

AR射場、寒い:笠間

ひな祭り・・・・・曇り空、晴れの兆候が窺える月曜日の朝。

予想最高気温9℃。

何時までもベッドに潜っていたかったが、意を決して起き上がる。

笠間=茨城県狩猟者研修センター に向かう。

得物はエアラフル、アンシュッツM2002CA。

Gun1

フロントサイトグローブ、マイクロサイト等不足パーツを揃え、ハンドポンプのトラブルも解決し、いよいよ本格的に練習に入る。

Gun2

笠間の10m射場は、吹きさらしである。夏は暑く、冬は寒い。

Syaza

この射場の利用者は少ない。 この日も、10m射場の客はスタMasaのみであった。

Target

Target2

立射で100発ほど撃つ。

Targetpaper

Pelletbox

撃ち終えてから寒さが身に滲みた。

Sobi

 ザウアー旧型のコート、パンツを 装備する。 アンダーは上衣ポロシャツ+長袖Tシャツ、下衣ジャージパンツ。  インナーはヒートテック上下。

Gun3

久しぶりの立射。据銃力不足は相変わらず。 基礎体力錬成の要認む・・・・・・なのだが、糖尿病の慢性疲労に負けている。

« 雷管不足・・・・・ | トップページ | 千葉の射場で・・・ »

コメント

◎tasigiさん
バットプレートの長さと上下位置のセッティングに修正を加えながら撃ってみました。ポンプ操作が無い分、疲労が軽減されるようです。

不慣れな銃にもかかわらず流石がのまとまりであります。
やはりポンプ動作もないですし撃ちやすいですか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122911/55223222

この記事へのトラックバック一覧です: AR射場、寒い:笠間:

« 雷管不足・・・・・ | トップページ | 千葉の射場で・・・ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック