« ゆず胡椒ラーメン | トップページ | ハンティング・ライフルの装備 »

2014年1月14日 (火)

映画1,000円の日

映画館の各種サービスデー・・・・・・ファーストデー、レディースデー、メンズデーなどがあるが、TOHOシネマズ では毎月14日が「TOHOシネマズデー」として入場料1,000円である。

1月14日(火)、TOHOシネマズ水戸内原 に向かう。映画鑑賞2本。

1本目は、「永遠の0」。

Zero

それほど興味をそそられたわけでなかったが、以前原作を読んだ妻が年末に同映画を鑑賞、良い、と言っていた。また世間での評判もよろしいようなので、1,000円なら観てみようかと思った次第。

原作未読なので、何とも言えないが・・・・・・・。 妙に据わりの悪さを感じた。 世間の評価では「泣ける」というが、泣かせ方が、安っぽい。スタMasaは泣けなかった。

据わりの悪さ、違和感のようなものは、主人公のゼロ戦パイロットの感覚が、あまりにも現代的過ぎるからであろう。 戦争の渦中に居るパイロットが、21世紀の目線で大東亜戦争を見ている。 ここらへんが現代邦画の限界か・・・・・・・。エンディング、サザンの歌は、いくらなんでも、それはないだろう・・・・・・。

パンフレットを買いに劇場のショップに行くと、昔の東宝戦争映画「太平洋の嵐」「太平洋の翼」「セロファイター大空戦」のDVDを販売していた。 いずれも1960年代の戦争映画の傑作。 特に「太平洋の嵐」は真珠湾攻撃からミッドウェイ海戦まで、淡々と描いた名作である。

午後は、口直しに「TRICK劇場版ラストステージ」を鑑賞。 

Trick_2

売れない女マジシャンと、反超常現象の大学教授が怪事件に挑むコメディ。 これが最後、というふれこみだが、作る気になれば、続編はあり、と思わせないこともない。 軽妙洒脱、面白い作品だが、わざわざ映画にしなくても、TVの2時間スペシャル枠に収まりそうな気もする。

かくして寒い火曜日は終わる。

« ゆず胡椒ラーメン | トップページ | ハンティング・ライフルの装備 »

コメント

◎KINKYさん
原作より、監督の感性でしょうか・・・
山崎貴監督、小生この監督の映画で最初に観たのは「リターナー」でした。タイムスリップSFアクション、面白かったですhappy01
その次は「オールウエィズ三丁目の夕日」シリーズ。この3部作も良かったです。しかし「スペースバトルシップ・ヤマト」・・・・・ヤマトを実写化する必要があったのでしょうか?

それにしても毎日寒いです。 仙台はもっと寒いかと思います。 風邪など召されませぬよう、健康に御留意下さい。

『永遠の0』来週あたりに観る予定でおります。
サザンあきませんでしたか(^-^;
昨秋のサザンのライヴの時にこの曲を歌う際に、入場時に渡されたリストバンドが光を放つ仕掛けになってました。
スタンドからアリーナの光を眺め、この数と同じ位の人々の命が失われたのだと感慨深かったです。

原作者の百田尚樹は先輩とほぼ同年代です。
元々お笑い番組の構成作家ですし、重い作品でもその部分が勝ってしまっているのかも知れません。

◎仕遊空間さん

1,000円のサービスデー、映画1本だけでは勿体無いsign02気がしましてcoldsweats01

深く考えないで楽しみたい向きには、「トリック劇場版ラストステージ」はお奨めですcoldsweats01

来週のメンズデーには「ゼログラビティ」を観ようかと考えております。

明日も寒そうですが、なんとか笠間で大口径ライフルを撃ちたいです。 夜は職場の同僚の御母堂の通夜に行く予定なので、昼の射撃はライフルだけになります。

◎haruさん

「連合艦隊」・・・・小生就職2年後の映画でした。
泣きました・・・・・泣いた後で、何か変?と思いました。 松林宗恵監督、こんな作り方する人?
「連合艦隊」を撮る15年位前まで、「太平洋の翼」「太平洋の嵐」「潜水艦イ-57降伏せず」とか、反戦メッセージを押し付けがましくなく、淡々と描いた監督が、前面にお涙頂戴を展開した駄作でした。
黒澤明監督もそうですが、老いが作風を鈍らせるようです。 とはいっても、今回の「永遠の0」とか2年前の「山本五十六」とは比べ物にならない上出来の映画と言うべきでしょう。
エンディングがサザンか谷村群青かの違いは、ものすごく大きいです。   群青は、時々カラオケで歌いますcoldsweats02
 ちなみにディアゴスティーニで「東宝戦争映画」が来週刊行されるようです。第一弾は「連合艦隊」。購入予定です。

毎日寒いですが、明日は笠間に出向くつもりですsnow

1日で二本観られたのですね。
後味の悪い映画というのは疲れが増します。
私も昨年、「永遠のゼロ」の原作を読みました。
当時の搭乗員の状況や戦況、ゼロ戦の機能などがリアルに伝わってきて全般的に面白い小説だと思ったのですが、ラストがあまりにも小説的というか美化的というか陳腐でがっかりしました。

小説でも映画でもスカッとしたいですね(笑)

スタMasaさん、おはようございます。

永遠の0、観に行かれたんですね。
ちょっと気になる映画ではあるんですが・・・、
宮崎駿監督の風立ちぬが私的にはいまいちだったのでこれもどんなものかな~、と思っていました。

太平洋戦争ものでは連合艦隊が好きかな~、
最後、谷村新司の群青は良かったです。

寒さが厳しくなってきました、
お体ご自愛くださいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122911/54607299

この記事へのトラックバック一覧です: 映画1,000円の日:

« ゆず胡椒ラーメン | トップページ | ハンティング・ライフルの装備 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック