« 虹を見た | トップページ | SB練習:真壁 »

2013年11月16日 (土)

ライフル&散弾銃:笠間

狩猟解禁の翌日は土曜日。 朝からよく晴れているsun

昼間の気温16℃。寒くはない。

笠間=茨城県狩猟者研修センター に向かうrvcar

まず大口径ライフル射場。 先客3名様。うちお一人は、馴染みのSTさん。

スタMasa、4的に入る。

Gunk

得物はハンティング・ライフル、レミントンM700Pmd。

308

実包はリロード弾。 弾頭シェラ150SP+薬莢ラプア+火薬IMR4895を42.6gr.初速2600fps見当+雷管フェデラル。

Gunp

いつものように3姿勢を練習する。

Osirase

この季節、笠間射場の営業は冬時間。午後4時は閉場する。

Guns

正午過ぎのころ、先客3名様は射撃を終え、退場した。 

Guns2

Sobi

装備。 マークスマンの旧型コート、同ズボン。 グローブと靴はAHG。

Sobicyaku

アンダーウエアは、上衣Tシャツ+長袖ポロシャツ、下衣ジャージパンツ。

Guns3

↑ 立射のセッティング。監的スコープ、立射スタンド、小型扇風機を配置する。 扇風機は銃身上に発生する陽炎を飛ばすのに使う。

Akahata

↑ 標的交換、回収の際は、赤い旗を立てる。 射手は銃器を射座後方の銃架に置く。

標的設置や回収時、射撃を中断しなければならないのが、この射場の欠点。

Syamen

射距離100m。

K

P

S

元より立射は下手だが、還暦近くなった最近、ますます立射が不安定になったような気がするdown

大口径射場に隣接する10mAR射場では、T木県ラのAKさんが、AP(エア・ピストル)を練習していた。民間人であるが、装薬銃フリーピストルを所持している・・・と云えば、相当上級射手であることが分かるだろう。  AKさんは、元はSB射手であった。いつのまにかピストル射手に転向していた。   

後片付けをしながら、暫しAKさんと歓談。

ライフルの後片付けを終えると時刻は午後3時。閉場まで1時間ある。 トラップB面に入る。

Tbsyamen

先客は御高齢の先輩と、今は無きクラブチーム「ARARAT」の総帥T木さん。 スタMasaの散弾銃はSKB5700、上下二連。御高齢の御仁も上下二連の散弾銃であった。

Skb5700

T木さんの散弾銃は、レミントンM1100、自動銃である。 1R目、3人でラウンド。

T木さん、快調にクレーを砕いて行く。途中まで満射ペースの20点。

T木さん、以前はDT10でトラップを撃っていたが・・・・・・DT10を手放し、M1100でトラップを撃つようになると、妙に中るようになったという。

Syadai

1R目終了でT木さんと御高齢先輩はチェックアウト。 2R目、スタMasa単独射撃。

Vix

装弾。この日の朝、信田銃砲店で購入したViX、7.5号の24g。

Tsobi

装備。ライフル装備のアンダーにクレーベストを羽織る。

Meijin

↑ ベストの左胸にワンポイント、迷人会バッジ。

大口径射撃のリハビリ射撃なので、トラップは中らず・・・・・と言い訳するのが迷人である。

Score

閉場直前、山を降りたclover

« 虹を見た | トップページ | SB練習:真壁 »

コメント

◎仕遊空間さん

ライフルの後のトラップ≒〆のラーメン・・・・・
云い得て妙ですねbar
来月、笠間での迷人会、楽しみにしております。

笠間トレーニングお疲れ様でした。
大口径射場で標的の交換時、少なくなったとはいえ銃架に置かない射手がまだいらっしゃるんですよね。
マナーの域ではなく、決まりだと思うのですが…

やはり最後にトラップですね。
飲み会の後の締めのラーメンみたいなものでしょうか(笑)

来月の笠間、よろしくお願いします!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122911/53955682

この記事へのトラックバック一覧です: ライフル&散弾銃:笠間:

« 虹を見た | トップページ | SB練習:真壁 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック