« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月25日 (月)

クラブ選抜戦:静岡藤枝

平成25年度第32回全日本ライフル射撃クラブ対抗選抜大会

という試合に参戦。例年ライフルチーム・スターチスは、フルエントリーしてるが、今回はようやくSB2種目の団体を組める、という苦しい状況であった。

週末金曜日の早朝、出発するrvcar 早い時間に首都高速道路を抜けたかった。 陽が昇ると快晴の空であったsun

午前8時過ぎ、東名高速道路に入る。 

Fuji1

東名高速から見える富士山。

Fuji2

SA、PAで適宜休憩しながら静岡県に向かう。

Fuji3

↑ 富士川SAから眺める富士山。

昼過ぎ、スポーツパル髙根の郷に着く。この日は、試合初日。 

Forgate

Kanban

Ent1

Ent3

Lobby1

Lobby2

スターチスのoda選手が、50mP60(小口径伏射6発)競技を撃ち終えていた。

スタMasaは用具検査を受け、藤枝市内のビジネスホテルに投宿する。

夜、スターチス。ミーティング。メンバーは、oda選手、ぐんそう選手、スタMasaの3名。場所は藤枝駅北口の中華料理屋。 2時間半ほどミーティングの後、ホテルに戻って寝るnight

翌土曜日、スタMasaの出番は2回転目、午後からである。午前中は、雑用の手伝いをする。

N1913

今回の得物は、アンシュッツM1913。

Ammo

実包は、ラプアのセンターX。比較的安価な試合用弾。

Sta_masaplone

この日撃ったのは、50m3X40M(小口径3姿勢120発競技男子)。 ニーリング(膝射)、プローン(伏射)、スタンディング(立射)の複合競技。 基礎体力スタミナが必要な種目である。 今回も基礎体力不足が如実に反映した結果であった・・・・・。  1035点、なんとか初段点であったが、順位は最下位に近い所に居た・・・・・happy02

Etarget

Kb

↑ スターチス新メンバーのKB選手。射撃歴は新しいがまめに練習している。

Sosms

↑ チームS.O.SのMSさん。スタKB選手の師匠。

Gunso

↑ スタぐんそう選手のプローン。

Odak

Odak2

Odakup

↑ スタoda選手のニーリング。

Odap

↑ スタoda選手のプローン。

Odas

Odasup_3

↑ スタoda選手のスタンディング。

Pmatch

Syaza1_2

撃ち終えたスターチスの、ぐんそうさんとodaさんは帰還した。 夜は一人寂しく・・・・と思っていたら、ホーネットのNOBさんが同宿であることが判明。 ホーネットのミーティングに同席させていただいたbeer NOBさん、Sさん、SGさん、ありがとうございましたnote

Ekimall

↑ 藤枝駅南口のイルミネーション。

日曜日、大会最終日。 スタMasaの種目は50mP60、ごごの最終射群。 出番前は審査室に詰めて、電子標的の記録を転記する作業を手伝う。

Skb1

Skb2

↑ 赤門射友会の櫛風沐雨さんのプローン。 パルママッチ等、日本での長距離射撃の第一人者。

Armatch

平成25年度全日本ライフル射撃クラ日対抗選手権大会(10mP60の部)が、本大会と同時開催されていた。

Nobarp_2

↑ 10mP60(エアライフル伏射60発)を撃つ、NOBさん。 NOBさんは10mから300mまで伏射の名人である。またハンターでもあり、この季節、鳥や猪を狩っている。 さらに釣り師でもある多才な人である。

Nobp

↑ 10mP60の後、NOBさんは50mP60を撃った。580点台半ばの高得点、さすがである。

スタMasaの50mP60は・・・・1発目8点から始まり、各シリーズ8点を満遍無く撃ち、562点。これもやっと初弾点・・・・・bleah     スタMasaは、クレー射撃だけでなくライフル射撃においても迷人であることが再認識された試合であった。

日曜日の午後、東名高速の渋滞、そして首都高速の工事渋滞を進み、月曜未明に帰還したclover

2013年11月21日 (木)

ラーメン、新メニュー

お気に入りのラーメン店、椿家 。 夜勤明け残業後、帰宅途中に昼食を摂りに立ち寄った。

新メニューが出ていた。「ゆず胡椒らーめん」と「塩らーめん」。 今回は、塩ラーメンを選んだ。

Img_2614

あっさりしている。 オリジナルの椿家ラーメンに慣れているせいか、ちょっと物足りない感じ・・・・・ ブラックペパーと、下し生ニンニクを入れたら、塩味が消えたようだ・・・tulip

2013年11月19日 (火)

SB練習:真壁

いつの間にか、全日クラブ選抜戦が週末に迫っていた。

エントリーしているのはSB種目、3×40とP60。

練習に向かうrvcar 

場所はいつもの真壁=茨城県営ライフル射撃場

天候は晴れ、予想最高気温15℃。寒くはない。

午前10時半、射場着。先客は、クラブチーム{かめむし」改め「オールドタイマー」のベテラン、TBさんとM井さん。 

Oldtimer

人の気配がある射場は、寂しくなくて良いhappy01

Kion

↑ 昼ごろの気温、13℃。涼しいが寒くはなかった。

Gun1

Gun2

得物はアンシュッツM1913。

Ammo

実包は、ラプア・ブランドのスタンダード・プラス。安価な練習弾。

Gun3

Sobi

装備。 ジャケット、パンツはザウアーの旧型。 グローブもザウアー。靴はステンバーグ、スリングはアカーロジックベルト。

Gun4

射撃するには、丁度良い気候だ。

3姿勢を練習する。

K

P

S

午後2時過ぎ、射撃終了。オールドタイマーのお二人も練習を終え、山を降りた。 

スタMasaも少し遅れて山を降りたfuji

2013年11月16日 (土)

ライフル&散弾銃:笠間

狩猟解禁の翌日は土曜日。 朝からよく晴れているsun

昼間の気温16℃。寒くはない。

笠間=茨城県狩猟者研修センター に向かうrvcar

まず大口径ライフル射場。 先客3名様。うちお一人は、馴染みのSTさん。

スタMasa、4的に入る。

Gunk

得物はハンティング・ライフル、レミントンM700Pmd。

308

実包はリロード弾。 弾頭シェラ150SP+薬莢ラプア+火薬IMR4895を42.6gr.初速2600fps見当+雷管フェデラル。

Gunp

いつものように3姿勢を練習する。

Osirase

この季節、笠間射場の営業は冬時間。午後4時は閉場する。

Guns

正午過ぎのころ、先客3名様は射撃を終え、退場した。 

Guns2

Sobi

装備。 マークスマンの旧型コート、同ズボン。 グローブと靴はAHG。

Sobicyaku

アンダーウエアは、上衣Tシャツ+長袖ポロシャツ、下衣ジャージパンツ。

Guns3

↑ 立射のセッティング。監的スコープ、立射スタンド、小型扇風機を配置する。 扇風機は銃身上に発生する陽炎を飛ばすのに使う。

Akahata

↑ 標的交換、回収の際は、赤い旗を立てる。 射手は銃器を射座後方の銃架に置く。

標的設置や回収時、射撃を中断しなければならないのが、この射場の欠点。

Syamen

射距離100m。

K

P

S

元より立射は下手だが、還暦近くなった最近、ますます立射が不安定になったような気がするdown

大口径射場に隣接する10mAR射場では、T木県ラのAKさんが、AP(エア・ピストル)を練習していた。民間人であるが、装薬銃フリーピストルを所持している・・・と云えば、相当上級射手であることが分かるだろう。  AKさんは、元はSB射手であった。いつのまにかピストル射手に転向していた。   

後片付けをしながら、暫しAKさんと歓談。

ライフルの後片付けを終えると時刻は午後3時。閉場まで1時間ある。 トラップB面に入る。

Tbsyamen

先客は御高齢の先輩と、今は無きクラブチーム「ARARAT」の総帥T木さん。 スタMasaの散弾銃はSKB5700、上下二連。御高齢の御仁も上下二連の散弾銃であった。

Skb5700

T木さんの散弾銃は、レミントンM1100、自動銃である。 1R目、3人でラウンド。

T木さん、快調にクレーを砕いて行く。途中まで満射ペースの20点。

T木さん、以前はDT10でトラップを撃っていたが・・・・・・DT10を手放し、M1100でトラップを撃つようになると、妙に中るようになったという。

Syadai

1R目終了でT木さんと御高齢先輩はチェックアウト。 2R目、スタMasa単独射撃。

Vix

装弾。この日の朝、信田銃砲店で購入したViX、7.5号の24g。

Tsobi

装備。ライフル装備のアンダーにクレーベストを羽織る。

Meijin

↑ ベストの左胸にワンポイント、迷人会バッジ。

大口径射撃のリハビリ射撃なので、トラップは中らず・・・・・と言い訳するのが迷人である。

Score

閉場直前、山を降りたclover

2013年11月15日 (金)

虹を見た

金曜日の夕方、静かな雨が上がった。 空を見上げると、虹が出ていた。

Img_2562

Img_2559

2013年11月 6日 (水)

秋の迷人芸:高萩射場トラップ射撃

秋らしい気候になった。

良く晴れた水曜日、夜勤明けで午後、高萩射撃場 に向かう。

この射撃場、火曜日と水曜日が定休日だが、この水曜日は開場していた。その代わり、

来週の火曜日から狩猟解禁日の金曜日まで休場となる。

昼過ぎ、射場着rvcar  先客4名様、既に射撃終了。 

Pooler_house

午後になると西日がバックストップの赤土を照らし、オレンジ色のクレーを見えにくくする。

Syamen

今回はカラーシューティンググラスを着用した。

Soubi

↑ シューティンググラスを着用した装備。ダンガリーシャツに、ユニクロのカジュアルパンツ、ドンキで買ったスニーカーにゴルフグローブ、そして迷人会バッジ付きのクレーベスト。

Gun

↑ いつのも散弾銃。SKB5700、12番径、銃身長30インチのトラップガン。

単独射撃3ラウンド。 

Ammo

弾は、この射場で購入のケメン7.5号、24gのトラップ用。

夜勤明けの疲れが集中を欠かせる・・・・・・と中らない言い訳を考える。これが迷人会である。

1R目17枚・・・・・・・スタMasaにしては上出来、言い訳不要。

2R目と3R目、18点。  スタMasaにしては上出来であり、言い訳する必要が無くなったbleah

Score

午後3時過ぎ、ゆっくり山を降りたcherry

2013年11月 3日 (日)

県選手権大口径ライフルの部

秋も深まる11月最初の日曜日、茨城県ライフル射撃競技選手権大会大口径ライフルの部が、

笠間=茨城県狩猟者研修センター 大口径ライフル射場において開催。

スタMasa夜勤明け。仕事を終えて、笠間に向かうrvcar

午前10時半過ぎ、射場着。 1射群目が終わりかけていた。

100

2射群目の射場長を下命される。

Yutakakoba

↑ 100m3×20を撃つ、ゆたかちゃん(左)とkobaさん。二人ともライフルチーム・スターチスのメンバーである。

P40namihei

100mP40(ハンティング・ライフル)。左から ひで坊さん、スターチス波平さん、クラブチームかめむし改めオールドタイマーのMTさん。

P40match_2

本大会の種目は、

100mライフル3×20    100mライフルP60   100mハンティング・ライフルP40

100mライフルP20  100mライフル自由姿勢

さらに・・・・・・茨城県ライフル射撃協会の大口径ライフル部門では、散弾銃のライフルドスラッグ競技も入れている。

今回実施のスラッグ種目は  50m自由姿勢   50m3×10

Hide

↑ P40、ひで坊さん。 銃はティッカの.308Win.。スコープにはバトラークリークのレンズキャップ、これを上方に開いている。一般的なレンズキャップの開き方。

Namihei

↑ P40、波平さん。 銃はレミントンM700、旧型のバーミント、口径.308Win.。波平さんはバトラーキャップを左に開く。 開いたキャップを目隠し版として使う。 スタMasaもこの方法を採っている。

Stamasa

↑ P40、スタMasa。 実包は、弾頭シェラ150gr.SP+薬莢ラプア+火薬IMR4895を42.6gr.初速2600fps見当+雷管フェデラルGM210のリロード弾。 銃は、いつものレミントンM700Pmd。

夜勤明けの疲労が銃を止めてくれない・・・・・と迷人会らしく言い訳する。 実際は単なる技量不足pig

7点とか8点を撃ったイメージが強過ぎて、気持ちがボロボロになる・・・・・・typhoon

P40、スタ波平さんが382点で1位wave   ボロボロのスタMasa、370点で2位であったbleah

Syojo

午後4時前、表彰式。 そして解散となるclover

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック