« グアムで鉄砲撃ち 初日 | トップページ | グアムで鉄砲撃ち 三日目 »

2013年9月13日 (金)

グアムで鉄砲撃ち 二日目

目的地は、G.O.S.R=グアム・アウトドア・シューティングレンジ

朝9時に、G.O.S.Rの営業部長マイクさんが、ホテルに迎えに来る。

この日は朝から曇りcloud  

途中、コンビニ「大阪屋」にて食料と飲料水を調達する。

Osakaya

大阪屋、マリンスポーツのお客で混んでいた。

タモン地区から約40分で、タロフォフォの滝公園内にあるG.O.S.Rに着く。

Tana1

Tana2

Tana3

Tana4

Tana5

受付で銃と弾薬を選ぶ。 アメリカ本土の銃器弾薬不足の影響はまだ残っているらしい。

この日、.223Rem.と.243Win.が品切れになっていた。 .223のM4を撃ちたかったが断念する。

この日、スタMasaとoda選手はハンドガンだけを選択する。

スタMasaが選んだ銃は

Kimber1

Kimber2

Kimber3

Kimber4

キンバーSIS、口径.45ACP

Spfd1

Spfd2

Spfd3

Spfd4

スプリングフィールドM1911A1、 口径.45ACP

Xd1

Xd2

Xd3

Xd4

スプリングフィールドXD、 口径.45ACP

G172

G173

G174

グロックG17、 口径9mmルガー

M80001

M80002

ベレッタM8000クーガー、 口径9mmルガー

の5種類のハンドガンと、.45ACP100発、9mmルガー100発。

Ammo

昨年、ここで提供された9mmルガーは、ロシアの鉄製薬莢、いわゆる腐れ弾であった。弾薬不足のこの時期、そのことが気がかりだったが、 9mmルガーも.45ACPも米国産工場装弾であった。

この日もG.O.S.Rは繁盛していた。 多くのお客が出入りしていた。100%、日本人の観光客であった。

Place1

Youngmen1

Range2

Tadasigaki

↑ レンジ内に掲示されている注意書き。

Oda1

Oda2

oda選手も9mmルガー100個、.45ACP100個、銃はPARA.45、ベレッタM92Fに絞り込んで撃っていた。

Ammo2

スタMasaもoda選手も、徹底的に20mプレートを撃ちこんだ。

Range_2

Range0

Range1

Range4

Range5

Masa

↑ .45ACPのスプリングフィールドM1911A1を撃つスタMasa。 .45ACPという大口径であるが、意外に撃ち易い口径である。 スプリングフィールドM1911A1のマガジンはシングル・スタックであるがG.O.S.Rのインストラクターは、8発入ると言うが、スタMasaは7発装填した。  以前、このレンジでコルトM1991を撃った時、マグに8発装填したら、最終弾がジャム(作動不良)を起こしたからである。    7発装填のマグ、ジャムは無かった。

M8000g17kimber

9mmgun1

Ak

AK47を撃つ若者。

Ak2

AK47の弾は、7.62mmX39、日本では.30-39と呼ばれる口径で、バルメとかアメリカン・ルガーミニ30などの口径、主に猪猟に使われる。

G.O.S.Rの.30-39はロシアの腐れ弾であった。 腐れ弾とAKの組み合わせは正しい。

Wd40

↑ 日本でもお馴染みのWD-40。銃のメンテナンスに使われているようだ。

雨が落ちてきた。強めの雨、スコールのようだ。

Joe

↑ スコール時、インストラクターのジョー曹長が「レインガン」とおどけてみせた。

Pigs

G.O.S.Rの周辺に生息する、野生の豚の親子。

Para8000

雨が止んで射撃再開。

Youngman1

Youngman22lr

Youngmen

この三人の若者たち、この後、バレットを撃った。

Barrett1

Barrett2

Barrett3

バレット・ライフル・・・・・ライフルと言えるかどうか? とにかく重い。口径は.50口径。

50bmg1

50bmg2

50bmg3

バレットは、発射時の音と衝撃波が物凄い。 スタMasaもoda選手も撃ちたいとは思わない砲であった。   東京の大学生3人は、臆することなく、バレットを撃っていた。

Trapsyadai

今回撃たなかったが、G.O.S.Rではトラップが射撃が出来る。

Trapmachine

Traphosyutukou

一日かけてハンドガン200発を撃った。 日本での射撃練習で200発も弾を消費することは無いので、十分撃った気がした。

夕方、G.O.S.Rの社長、SU-さんの送りで帰途に着いた。

Mrsu

夜は、G.O.S.Rのマイクさんに飲食場所を案内していただいた。

Bluecorner

ブルーコーナーラウンジ。 マイクさん、カルロスさんのゴルフお友達のグアム在住日本人が集まるお店だそうである。

Bcryouri

タモンのホテル街から外れているため、観光客が来ることはないらしい。

ビールと焼酎、料理は、チジミ、スペアリブ、刺身、キムチ、サラダ等美味しくいただいた。

Karlosmike

↑ G.O.S.Rのインストラクター、マイクさん(左)とカルロスさん(右)。

良い一日であった。

« グアムで鉄砲撃ち 初日 | トップページ | グアムで鉄砲撃ち 三日目 »

コメント

◎ぱるさん

それでは来年御一緒しましょうhappy01

ご無沙汰してます!
グアム、楽しそうですね。
私も一回ピストルなんて撃ってみたいです(^^)

◎tasigiさん

チャモロ・シューティングレンジと言うと、今のワールドガンでしょうか。
 今回、M870で固定標的射撃を行いましたが、
次回はM870でトラップを撃ってみたいと考えています。

最後にグアムに行ったのはいつだったかな~
チャモロ・シューティング・レンジでAKのフルオートとかグリスガンのフルオートとか韓国のK2アサルトライフルとかハンドガンを何丁か撃ちました。
また行ってみたいですね~

◎だらだらの中のうりゃさん

M870で、あのカメハメハ砲を撃っている、うりゃさんには、バレットは大した脅威ではないみたいですねleo
ところで、一都八県ライフル・スラッグ安全狩猟射撃大会の結果は如何?

50BMGが660グレイン弾頭なのね
ヲレがバカスカ撃ってるのも525グレインの弾頭なのね
ライフル発射機構があれだからどのくらいの差がでるんだろねwww

50BMGは一度は撃ってみたいけど一度でおなかいっぱいになるんだろうなぁww

おとうたまの体格であれば、バレットはコントロールできるでしょうねhappy01

>自費で行く気がしない・・・・・・
同感ですが、なかなかうまくいきませんairplane

おとうはミーハーなので・・・

バレットだけ撃ちたい。。。。

いーなー!
いーなー!

グアム旅行当てて撃ちに行ってやる!←自費で行く気がない

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122911/53244844

この記事へのトラックバック一覧です: グアムで鉄砲撃ち 二日目:

« グアムで鉄砲撃ち 初日 | トップページ | グアムで鉄砲撃ち 三日目 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック