« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月30日 (日)

1ポンドの肉

スタMasaは糖尿病患者である。

月に一度、定期検診を受けている。

6月の検診で、HbA1cの数値が 6.4  まで下がったfuji

妻から、その御褒美をいただけることになった。

日曜日の夕方、家族でステーキハウスrestaurant

御褒美の品は、1ポンド・ステーキannoy

Img_1642

食べ応えあり。 食べて満足したtulip

2013年6月28日 (金)

一人寂しく300m・・・・・

2月に銃身交換したレミントンM700Pmd(ポリスもどき)。

Gun2

今頃初撃ちとなる。

曇り空の金曜日早朝、出かけるrvcar

Yorii1

Yorii2

埼玉県寄居町。

Yorii3

午前5時出発し、寄居町に入ったところで朝食を摂り、埼玉県長瀞射撃場に午前8時20分着。

受付で7的を指定される。

Syaza1

Syaza2

午前中の来場者、ほかに無し・・・・・・・ 寂しいdown 

Ammo

実包は、弾頭シェラの155gr.HP+火薬IMR4064を44.1gr.初速2700fps見当+薬莢ノルマ+雷管フェデラルのリロード弾。

Gun3

照準調整はボアサイティングを基本とする。 

射場備品の依託台1個を拝借、銃を載せ、ボルトを抜く。 銃腔内を覗き黒点を捉える。その状態でスコープを覗く。レティクルがずれている。 上下左右を調整し、黒点の真ん中にレティクルを持って来る。

Gun4

銃にボルトを入れ、委託射撃する。 標的のどこかに着弾する・・・・はずsign02

着弾したところから、サイトを調整して行く。

20発ほど委託射撃して、9点圏に収まるようになってから、プローン(P=伏射)で撃つ。

Monitor

P

↑ 依託射撃⇒P

Photo

↑ K(ニーリング=膝射)

S

↑ S(スタンディング=立射)

Syazaleft

午前中、来場者はスタMasaのみであった。

Glove

Sobi_2

装備は、マークスマンのコートとズボン。 靴とグローブはAHG。

Kanteki1

300m監的壕。

Kanteki2

Kanteki3

Kanteki4

Rack

後片付けをしている時、来場者2名様。 オレンジ色のベスト着用、一見して猟友会と分かる年配の方2名であった。 

Cleaning1

Cleaning2

猟友会ベストのお二人は、100mに標的を立てて撃っていた。 

Cleaning3

銃器手入れを終え、後片付けして長瀞射場を後にする。

関越自動車道上り車線嵐山付近で、貨物自動車横転の交通事故。そのため、渋滞となる。 渋滞中、嵐山SAに駐車して車内で仮眠night

2013年6月22日 (土)

射撃三昧の土曜日:笠間射撃場

関東RS射撃教室の事務局長、鉄砲夢物語さん が立ち上げた「M870倶楽部」の第1回射撃オフ会開催。

M870倶楽部・・・レミントンM870で遊ぶ会、ではあるが、必ずしもM870を所持していなくても良い。 現にスタMasaは、Rem870を所持していない。 射撃を楽しく遊ぶサークルである。ただし安全最優先、銃器の安全な取扱いが出来ない人は入会出来ない。

M870倶楽部第1回オフ会は、6月第4週の土曜日、場所は笠間=茨城県狩猟者研修センター 。午前中は大口径ライフル射場で、ライフル&スラグを撃つ。 午後は昼食を挟んでトラップ射撃。

というわけで、午前中は貸切となった。

Syaza1

Tutisdo

集まったのは、会長の鉄砲夢物語さん、ライフルハンターのT内さん、同じくS谷さん、スラグハンターのS藤さんとスタMasa。

Rack1

Rack2

870倶楽部は、各自好きなように練習する。 スタMasaはいつもと同様、3姿勢練習。

Gun1

得物はハンティング・ライフル、レミントンM700Pmd(ポリスもどき)。

Gun2

Ammo

実包は、シェラ150gr.ソフトポイント+薬莢ラプア+雷管フェデラルGM210+火薬IMR4895を42.6gr.初速2,600fps見当のリロード弾。

Yume1

Yumek

↑ 会長の鉄砲夢物語さん。 コートとズボンはクルト。銃はレミントンM700VLS,、口径.308ウィンチェスター。 夢物語さん、先日来、右肩甲骨に痛みはあるそうで、今回、快癒していなかった。

Target

Photo

Sobi

Photo_2

Photo_3

Kinen

午後零時半、大口径ライフル射場、撤収準備。 午後1時には、予約の、どこぞの捕獲隊が貸切とする。

銃器手入れ、射座の原形復帰、などを仕上げて午後1時。870倶楽部は大口径射場を出る。

午前中、クレー射場では県南県西フィールド射撃大会が行われていた。 

射場の食堂で昼食後、トラップB面に入る。 S藤さんとS谷さんは昼食後、お帰りになった。

トラップに入ったのは、鉄砲夢物語さんとT内さんとスタMasa。 

Trprack1_2

↑ 夢物語さんのレミントンM870と、T内さんのレミントンM11-87。

Trprack2

↑ スタMasaの散弾銃は、上下二連のSKB5700。

先客1名様と870倶楽部3人の計4名で射団を組む。 トラップ、相変わらず、どこをどう撃って良いのか分からずで 15点。

Sodan

装弾は、あらかじめ購入しておいたエレーブルースの24g7.5号のトラップ用装弾。笠間射場の受付でも装弾は販売しているが、妙に高額なので、なるべく同射場で買うのは避けている。

Bmen2

2R目は、1R目の4名+来場の大ベテラン射手さんの5人立ち。  ますます中らず13点。

Bmen

一息入れていると、射友のT木さん来場。T木さんの得物はレミントンM1100。 3R目は6人で射団を組むことになった。賑やかで良い。

少し、中る感じが見えてきたような・・・・・否、それでもまだまだで 18点。

Score

射撃三昧の土曜日であった。 再会を約して、夢物語さん、T内さんを別れ、山を降りた。

2013年6月19日 (水)

怒りの午後:笠間入場出来ず

遠い海に台風が発生した水曜日、朝から雨rain そして強風typhoon

こういう休日は、大口径ライフルを撃つに限る。

週末に予定されている、M870射撃倶楽部射撃オフ会 に使うつもりで作った実包と、ハンティング・ライフル、レミントンM700Pmdを持って、笠間=茨城県狩猟者研修センター に向かった。

Img_1567

昼過ぎ、受付に赴く。 事務局のUSさん「今日は捕獲隊貸切だからライフル入れないよ。」と言う。  当方、webサイトで予定表を確認しての出動である。 

スタMasa「予定表には何も書いてなかった。」

USさん 「QYさん(射場管理者)のミスです。」

怒り心頭ではあったが、USさんと押し問答しても何にもならず。

スタMasa「分かった。この件はブログに書く。」 と捨て台詞を吐いて受付から出る。

大口径射場に行くと、徐々に捕獲隊の爺様たちが集まって来た。 腹立たしいので、携帯電話からSNSに呟いた。

やがて捕獲隊のリーダーである、猟友会H市支部長のT村さん来場。 挨拶を交わし、本件の事、腹立たしい旨を告げる。もちろん、捕獲隊に非があるわけではないので、射場側を非難した。

というわけで、笠間射場の予定表は信用出来ないことが判明した。

笠間に出かける際には、あらかじめ電話確認の要を認む。

茨城県狩猟者研修センター

電話 029 672 7730

2013年6月13日 (木)

続・風が邪魔:SB射撃

台風が太平洋上で温帯低気圧に変わった木曜日の朝rain

空を見ると曇り、そして風が吹いていたtyphoon

風を気にせず撃つには、100m大口径が良い。 笠間=茨城県狩猟者研修センター の予定表を見ると・・・・・・午前午後とも技能講習で一般客は入れず、であったmotorsports

風の具合は・・・・・・前回 よりは少し弱いかsign02

意を決し、真壁=茨城県営ライフル射撃場 にSBを撃ちに行くことにするrvcar

昼前、射場着。先客は居ない。 25射座、貸切状態。寂しいshock

Syaza

Kion

↑ 午前11時過ぎの気温。 適温。

Gun1

Gun2

得物は、アンシュッツM1913。

Ammo

↑ 実包は、エレーの緑、sport。 

Syamen

いつのもように三姿勢を練習する。 風はあるが、確かに前回よりは弱い感じがする。

Court

Gloveshoes

Sobi

Sobimae

Targetmachine_2

↑ センターペーパー用標的交換機。練習用の機械。

K

P

S

今更ながら、据銃力の無さを感じる。 その前に基礎体力の不足か・・・flair

Gun3

午後3時過ぎ、寂しい射場を後にして、山を降りた。

2013年6月 7日 (金)

風が邪魔:真壁50m射場

天気予報では雨模様の金曜日・・・・・・・曇り空なれど、雨は降らずcloud

SB(スモールボア・ライフル=リムファイア式小口径)を持って、真壁=茨城県営ライフル射撃場 に向かう。

受付棟と10mAR(エアライフル)射場、高校生射手で賑わっていた。

Kanban

↑ こういうことが行われていた。

高校生の射撃はARとビームライフル。50m射場はがら空きだ。

一人寂しく、射座の準備をしていると、来場者あり。 茨城のP(プローン=伏射)の名手、K村さんだった。

Syaza

Syamen

挨拶を交わした後、二人とも黙々と練習する。

Ammo

↑ いつもの、エレーの緑、EleySport。

Gun1

Gun2

アンシュッツM1407アルミストック。

Gun3

Sightbox

Sobi2

Glove

Sobicyaku

↑ 装備着の図。 コート(ジャケット)、ズボン(パンツ)、グローブはザウアー。靴はステンバーグ。   インナーは、上衣:ポロシャツ+トレーナー    下衣:ジャージパンツ

Kion

↑ 午前11時ころの気温。 20℃を少し上回っていた。 気持ち気候である。

Gun4

Gun5

雨は降らず・・・・・だが、風が吹いていた。 時折ニューという音と共に風が強くなる。

各姿勢共、風が邪魔であった。

Gun7_2

Gun8_2

K

↑ K(ニーリング=膝射)

P

↑ P(プローン=伏射)

S

 ↑ S(スタンディング=立射)

射撃後、K村さんと暫し歓談。  

大口径ライフル100mの場合、多少の風は影響無い。 SB弾.22ロングライフルに比べ、大口径の弾頭は重い。また初速も速い。 弾頭の軽い.22LRは風に翻弄されやすい。 とにかく、この日は風が邪魔であったcat

2013年6月 4日 (火)

夏日:真壁50m射場

涼しい夜が明けると、気温が上昇した。

火曜日の朝、真壁=茨城県営ライフル射撃場 に向かうrvcar

50m射場、先客はスターチスのメンバーk-yuさん。 定年退職後、まめに練習しているようだ。 

Kion

↑ 正午ころの気温。30℃を示している。 暑いことは暑いが、不快感は無かった。

Syaza

空は晴れsun 

Ammo

 ↑ エレースポート。練習用SB弾。

得物は、アンシュッツM1407アルミストック。

Syamen

k-yuさん、「(標的が)見えない・・・」とぼやいていたが、スタMasaも同様であったclub

この日は、眼が疲れていた。 射撃の前日は、眼をよく休ませるよう、心掛けなければ、と反省。

Sobi

ザウアー旧型のコートとズボン、そしてP(プローン=伏射)の作業ズボン。

Glove

Shoes

Soubicyaku

↑ 装備着装の図。 インナーは、上衣:ポロシャツ+厚手のトレーナー  下衣:ジャージパンツ。   インナーは汗まみれになったため、帰宅後洗濯する。

K

P

S

眼精疲労のほか、特筆すべきこと無しcat

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック