« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月29日 (金)

続・銃器故障

今週2度目の銃器故障pig

朝から風やや強し、曇りの金曜日。 夜勤明けであったが、トラップガン持って、高萩射撃場に向かうcar

先客お二人様は既に射撃終了。 単独射撃となる。

Syamen

House

Ammo_2

弾はこの射場で販売のもの。今回はFOBであった。

撃ち始めから、初矢の不発。 不発-二の矢発射-10秒間据銃姿勢・・・・・・不発時の対応だ。

とりあえず、1ラウンド25枚を撃ってみる。 25回中、20回ほど初矢不発であった。

Dud_2

不発弾。打撃痕が浅い。

1Rで終了。 高萩射撃場の経営母体は、大内銃砲火薬店である。 スタMasaのトラップガン、元々の出所は、その銃砲店である。  

Gun

Gunup

この日、射撃の客はスタMasaが最後のもよう。 同射撃場管理者である、大内銃砲火薬店店主と共に山を降りる。

店にトラップガンを預ける。 撃針と松葉ばねに問題ありか?

週に2度も銃器故障・・・・・・またしても気分は萎えるdown

2013年3月27日 (水)

銃器故障

小雨模様の水曜日の朝、ハンティング・ライフル、レミントンM700Pmd(ポリスもどき)を持って

笠間=茨城県狩猟者研修センター に向かうrvcar

Gun1

大口径ライフル射場、すでに5名様先客。 空いていた4的に入る。

4teki

K(ニーリング=膝射)から練習。

Photo

↑ K(膝射)の結果。

P(プローン=伏射)を撃ち始める。 

Photo_3

P を10発ほど撃った後、異状は起きた。 ボルトを閉鎖すると撃針が落ちる・・・・・幸い暴発せずに済んだが、ボルト閉鎖で撃針がコックされないshock

ジュエル・トリガー内部のスプリングが折れたらしい。

不器用なスタMasa、自力で修理は不可能。 早速、ガンスミス滝田さん に架電。 修理依頼の予約を入れる。

思いっきり、気分が萎えたdown

Target

2013年3月24日 (日)

大口径ライフル冬季普及大会

2012年度最後の茨城県ライフル射撃協会の事業、平成24年度大口径ライフル冬季普及大会、3月第4日曜日、茨城県狩猟者研修センター において開催。

Kaisimae

やや肌寒い。

参加人員20名。 種目は 100mライフル伏射60発(100mP60)、100mスコープ・ライフル伏射40発(100mP40)

50mスラグ3姿勢30発(50mSlug3×10)

ライフル、スラグ共通ランニング・ターゲット10発。

スタMasaにとっては久しぶりの日曜日の仕事休み日。 選手兼大会運営役員に当る。勤務内容は射場長であった。

1

2_2

3

↑ 試合の模様。

今回、関東RS射撃教室のM田さん、仕遊空間さん、そして仕遊空間さんの射友haruさんが参加された。

Harusiyu1

↑ 左:haruさん   右:仕遊空間さん

Harusiyus

haruさんと仕遊空間さんは、スラグ3×10と、動的(ランニング・ターゲット)に出場。

Harusiyuk

今回、スラグ種目出場の4名は全員、ミロクSS-20を使用していた。

Ydmd

 ↑ 左:茨城のスラグ名手YDさん   右:関東RS射撃教室M田さん

Siyus

Siyuk

またスラグ種目の全員が、シッティング(座射)ではなく、ニーリング(膝射)の姿勢を採用していた。 

Ydk

Tk

↑ 茨城所属T木さん。種目は100mP40.。得物はレミントンM700、口径.222Rem. 

Slugtarget

スタMasaは100mP40を撃った。 90 90 96 93 569

2段点に届かず、不本意な成績であったが、順位は12名中3位であったbleah

本大会初出場の仕遊空間さん、2位と健闘sign03

Rack1

閉会式後、スタMasaは仕遊空間さんと、山の下、国道沿いのマックで、コーヒー飲みながら暫し歓談。 再会を約して別れたcar

Rack2

2013年3月23日 (土)

今日はセブンティーン....意味不明:高萩射撃場

良く晴れた土曜日、夜勤明け。

トラップガンを持って、高萩射撃場に向かうrvcar

射場は朝から賑わっていた。それもそのはず、技能講習実施中であった。

Kousyu

技能講習午前の部終了の後、お一人のハンターさんとラウンドご一緒させていただく。

Gun_2

得物はSKB5700、12番径のトラップガン。

Ammo

装弾はエレーファースト7.5号24gトラップ用。たぶん初めて使う弾、だと思う。

Syamen1

この日の最高気温は16℃。 ちょっと暑いsweat01 

Soubi

シャルム製冬用クレー射撃ジャケット&パンツを着用。 3月一杯は、この装備でトラップを撃つつもりでいたが、冬装備は解くことにするbud

Syamen2

さて1R目・・・・・ 初っ端から連続抜き。赤満射がふと脳裡を過るthunder

1R目終了。 待機していた午前中技能講習を受けていた、ベテラン・ハンターのYDさん、スキートを撃つ。

スキートを撃ち終えたYDさんと、しばし歓談。YDさんはライフル・ハンターでもあるが、最近はスキートが面白いとのこと。

2R目、単独射撃。 これも中る気、全くしない。 撃ち終えたころ、技能講習午後の部が始まった。 

House1_2

House2

2Rで78発消費。 夜勤明けの疲れがあるので、ここで終了とする。

ひどく中らなかった気がしていてが、  17点 17点

Score_2

技能講習の邪魔にならないよう、清算後、静かに山を降りたfuji

2013年3月21日 (木)

出遅れ??? :笠間大口径射場

木曜日、晴れsun 風やや強し。 天気予報によると、寒の戻りがあるらしいと・・・・・・。

確かに、朝は寒いような気がした。 朝食後、しばらくの間、自室内で温風ヒーターにしがみついていた。  少し温まったところで、実包を50個リロードする。 すでに薬莢には雷管を装着しておいたので、火薬を入れ弾頭をシートする作業。

Ammo

出来た弾がこれ ↑ 

弾頭シェラ165HP+火薬IMR4064を41.3gr.初速2500fps見当+雷管フェデラルGM210+薬莢ラプア。

一息ついて出かける。まず銀行へbank 幾らか引き出して、近所の信田銃砲火薬店に向かう。 .308Win.の市販品、ノルマのジャケットマッチを20個購入する。 準備万端整って、笠間=茨城県狩猟者研修センターに向かうrvcar

途中で、忘れ物に気付く。 無くても射撃に支障あるものではないが、ちょっと気になる。自宅へ引き返した。 ここでかなりのタイムロス。

国道50号のY田うどんでランチfastfood 射場に着いたのは昼過ぎであった。

ニーリングの姿勢でスラグ銃を撃つ射手が先客。 ニーリングで撃つハンター、おそらく関東RS射撃教室の塾生さんであろうと思っていたら・・・・・・・

Siyukukan1_2

馴染みの仕遊空間さん であった。 仕遊空間さんと歓談しながら準備に掛かる。

Gun1

得物は、レミントンM700Pmd(ポリスもどき)。 スリングはターナーの30mm幅ミリタリー・タイプ。

仕遊空間さん、この日は昼前に笠間入りし、まずはトラップを立て続けに3ラウンド撃った後、ライフル射場にてスラグを撃ちに入った、とのこと。

Siyukukan2_3

仕遊空間さんの得物は、ミロクSS-20。 ボルトアクション、20番径のスラグ・ガン。

Gun2

その後、初見のハンターさんお二人来場したが、少し撃っって帰った。

Masa1

Masa2

Masa3

↑ 仕遊空間さんに撮影していただいた。 装備はザウアーの上下とステンバーグの靴。

Glovesmae

Glovesusiro

グローブはAHG。

Target

Photo

↑ K(ニーリング=膝射)

Photo_2

↑ P(プローン=伏射)

Photo_3

↑ S(スタンディング=立射)

射撃後、仕遊空間さんと歓談。 来週実施の茨城県ライフル射撃協会大口径ライフル&スラグ普及射撃大会で再会を約し、山を降りたfuji

2013年3月16日 (土)

平年並み?:真壁50m射場

金曜日、朝から晴れ。気温は10℃を超えそうである。

クルミ・ストックのSB,アンシュッツM1913を持って、真壁=茨城県営ライフル射撃場 に向かうrvcar

Gun1

Gun2

先客はお二人。 P名手のK村さんと、スターチスのk-yuさん。 スタMasa含めて3人、黙々と撃つが、人の気配があるので気持ちは安心できるshadow

Am11

午前11時ころの気温。まだ寒い。

Pm1

午後1時ころの気温。それでも寒い感じであった。

Ammo

使用実包は、いつもの練習用、エレーの緑。

Gun3_2

Syaza

Syazaoku

↑ Pの名手、二人の先輩方。

Suamen

新ルール対策として、コートとズボンの裏地を剥ぎ取った・・・・・厚さ規定はクリアするはず。しかし、装備が薄くなったのか、立射据銃時、ホールド感が低くなったようだ。 とにかく立射の据銃が落ち着かない。

K

↑ K(膝射)

P

↑ P(伏射)

S

 ↑ S(立射)

Gun5

K村さんは、いつのまにか練習を終え、山を降りていた。

スタMasaはk-yuさんと暫し歓談の後、山を降りた。

2013年3月12日 (火)

初夏の気候:真壁50m射場

良く晴れた火曜日。朝はまだ肌寒い。 日中の気温は19℃くらいになるらしいsun

SB練習。得物はアンシュッツM1407アルミ・ストック。

Gun1

Gun2

受付に入った時、ほぼ同時に入って来た人が居た。クラブチーム「かめむし」の総帥TB氏であった。 

Syazal

50m射場、TB氏とスタMasaのみ。 人数が少なくても人の気配があるのは嬉しいwobbly

Syamen

TB氏はプローンの練習。 スタMasaは3×の練習。

Gun3

Eleysport

使用実包、いつものエレースポート、エレーの緑。

Suit

コートとズボンはザウアー。

Court

Pants

コートとズボン、裏地のキャンバスを剥ぎ取った。 これまで用具検査では硬さ3.2あたりでセーフであった。しかし、改訂ルールでは、厚さ規定に抵触するやもしれず、という懸念があったので、この際、裏地を剥がすことにした。

Gun5

かなり薄くなった感じである。 立射時、何時になく据銃が安定しないbearing

Kset

Sobi

Gloves

↑ グローブもザウアー。

Sling

↑ スリングはアカーロジックベルト。

Shoes

↑ 靴はステンバーグ。

Kion

↑ 午前11時ころの気温。 暖かであった。

K_2

↑ K(膝射)

P

↑ P(伏射)

S

↑ S(立射)

スタMasaがSを練習中、TB氏は撃ち終えて、山を降りた。

スタMasaも撃ち終えてから銃器手入れした後、山を降りたclover

2013年3月 9日 (土)

初夏の陽気:笠間大口径射場

3月第二週の土曜日。朝から晴天。暖かというより、やや暑いsun

射撃には良い気候。 ハンティング・ライフル、レミントンM700Pmd(ポリスもどき=スタMasaの造語)を持って、笠間=茨城県狩猟者研修センター に向かうrvcar

Rangesoto

午前10時、射場着・・・・既に満員御礼状態。

30分ほど待つと、1射座空いた。

Syazagam1

Syazaam2

6射座満席。 獣猟期終了間近の影響か?

午前、馴染みのスラグ射手、OHさんが猟仲間お二人にスラグの撃ち方を指導していた。

Gun1

レミントンM700Pmdとは・・・・・・レミントンM700バーミントのバレルドアクションをHSプレシジョンのポリス・ストックに載せただけの鉄砲。

Qrw

スコープはタスコSS10x42、10倍固定のミルドット型。 マウントはリューポルドのスタンダード・タイプから、QRW型に変更した。

Gun2_2

スコープマウント変更に伴い、委託で照準調整を行う。 方法はボアサイティング。

0in

Gun3

昼過ぎ、OHさん達、射撃終了し、去って行った。 射場に残ったのはスタMasaのみ。

寂しさが募る・・・・・・・すると来場者ありnote これも馴染みのスラグ射手、YDさん。 昨年の猟友会一都八県ライフル・スラグ射撃大会、茨城県代表選手だ。

YDさんが射撃準備に掛かっていると、マイミクの錦さんが、ミロクSS-20を持って来場。

さらに初見の男性が来場。 またしても賑やかになるhappy01

Syazapm1

Syazapm2_2

Syazapm3

今回、スタMasaの装備。 

Soubi

コート、ズボン共マークスマン旧型。 特に手を加えず。

Subicyaku

Glove

グローブはAHG製。

Mae

靴はAHG133型。 周囲の縁は靴修理店にて削った。

Back

Soko

柔軟性を担保するため、靴底に切り込みを入れる。

Kanteki_2

ルール改訂により、3姿勢を膝射-伏射-立射の順で撃つ。

Target

Photo

↑ K(ニーリング=膝射)

Photo_2

 ↑ P(プローン=伏射)

Photo_3

 ↑ S(スタンディング=立射)

射距離100m。 1万発発射を超えた銃身、100mではまだ精度を示す。

Ammo

↑ 実包は、弾頭シェラ150gr.HPBT+薬莢ラプア+雷管フェデラルGM210+火薬IMR4064を44.1gr.初速2,700fps見当のリロード弾。

Slugcase

↑ YDさんのスラグ装弾。 YDさんはこの日、ミロクSS-20とベネリM3を持参。

Benelli

↑ 射撃終了後の手入れで分解されたYDさんのベネリM3.

射場への出入りが少なからずあり、寂しくない土曜日であったapple

2013年3月 6日 (水)

春の陽気:真壁射場

春3月。暖かな水曜日。 気温は10℃を超えるもようclover

久しぶりにSBを出す。

Gun1

アンシュッツM1407アルミストック・タイプ。 M1407のバレルドアクションをアルミストックに載せただけの鉄砲である。

真壁=茨城県営ライフル射撃場 に向かう rvcar

50m射場、先客お二人。 一人はライフルチーム・スターチスのメンバー、k-yuさん。もうお一方は初見。埼玉県のSB射手。

Syazaoku

Syamen

真壁50m射場、人の気配があることは嬉しいshadow 

3姿勢の練習は、2013年競技規則改訂に従い、K(膝射)-P(伏射)-S(立射)とする。

Soubi

Court

↑ ザウアーのコート(ジャケット)。裏地を切り取った。これで厚さ堅さ共、用具検査をクリア出来るはず。

Pants

↑ ザウアーのズボン(パンツ)。 臀部の補強パットを切り取った。

Glove

 ↑ グローブは特に変更無し。

Kutu1

ステンバーグの靴。 昨年購入したばかりの物。堅い。

Kutu2

Kitu3

靴底の縁部分を、外周に沿って削った。

Kutu4

Kutuura

↑ 靴底の柔軟性を得るため、カッターナイフで切り込みを入れる。堅いので力仕事となる。

Gun3

Gun4

Gun5

Kion

↑ 午前10時半ころの気温。10℃を超えている。風も無く、暖かであった。

K

↑ K(膝射)

P

 ↑ P(伏射)

S

↑ S(立射)

Ammo

 使用実包は、エレースポート。

射撃終了後、k-yuさんと雑談。 後片付けして山を降りたfuji

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック