« 平成24年度クラブ対抗戦その3 | トップページ | 盛夏:真壁50m射場 »

2012年7月21日 (土)

技能講習見学:高萩射撃場

夜勤明けの土曜日の朝、高萩射撃場に電話を架ける。この日、午前午後とも技能講習が行われるとのこと。 講習の合間に一般客の射撃は可能、ということだったので、トラップガンを持って、常磐高速道路に載ったrvcar

Kabe1

Kabe2_3

Kabe3_3

↑ 高萩射撃場クラブハウス内の掲示物。

正午過ぎ、射場着。 技能講習、午前の部が終わっていた。一般客3名様トラップを撃っていた。 その射団が撃ち終えてから、スタMasa単独射撃。

Ammo

ケメン7.5号24gトラップ用装弾。高萩射場で購入。

Gun_2

SKB5700トラップガン。 口径12番。スタMasaの得物。

1R目、スタンスは歩幅よりやや狭目、やや前傾姿勢を執る。 肩付け、頬付けを確認しリブの上、照星を見る。さらに照星の先、射出孔方面の先を見る。

コールする。 クレーが出る。 方向を見て追う。 撃発・・・の流れを意識してみる。15枚annoy

受講者が続々集まって来た。 講習開始まであと30分。  2R目は先客の3名様に御一緒させていただく。

1R目より良い感じであった。曇り空で、気温も涼しいことが幸いしたのかもしれない。

Syamen_2

射面右端にスコアボードは、練習ラウンド時には点灯させない。よって撃っている時のスコアの確認は出来ない。  1R目よりは中っていたと思ったが、20枚であったnote

Score

Kousyu2

技能講習開始。 見学させていただく。講師は、高萩射撃場の教習射撃指導員YR氏。

Kousyu1_2

銃の点検、分解組立、携行運搬、不発時の対処など、時には模擬弾を使っての講習。

その後、実射考査。

Sissya_2

トラップはストレート25枚中2枚撃破で合格。受講生6名の方々は皆、2枚以上を砕いていた。

3年後、所持許可更新。その時は、散弾銃の技能講習を受講しなければならない。今回、見学させていただき、参考になったbook

« 平成24年度クラブ対抗戦その3 | トップページ | 盛夏:真壁50m射場 »

コメント

◎仕遊空間さん

迷人脱出!などと考えると、なかなか迷人から脱出出来ないものですcoldsweats02

関東RS射撃教室事務局様が7/25、笠間においでなるとのことだったので、小生も笠間にと思い、予定表を調べると、その日は機動隊の貸切になっていました。  今週は、25日SB、28日は長瀞でハンティング・ライフルを練習の予定です。

夜勤明けのトラップ射撃、お疲れ様でした。
20枚超え、素晴らしいです。
迷人脱出ですね(笑)
私も後を追いたいものです。

私も最近はちょくちょくとトラップ撃ちに行っているのですが、結構面白いですよね。
大して中らずしも粉砕するとスカっとします。
来月からBR自主トレ復活の予定です。
お気楽に行きます。

◎ぱるさん

今日は全日大口径最終日、フリーP40エントリーですね。御健闘祈念いたします。

>技能講習・・・・・ライフルの技能講習、ぱるさんは不要でしょう。日ラの適格者証明兼技能講習免除推薦でOKですsun

私は昨年受講しましたが、一人だけの受講でしたので、のんびりした感じでした。
今度、ライフルの講習も受けてみようかな、なんて考えています(;^^

◎B.J.Justさん

以前、ライフルの技能講習を見学させてほしいと、県警生活環境課銃砲許可担当係に申し出たことがあります。県警の回答は「射場の許可があれば見学可」ということでした。
ところがそのライフル技能講習、突如中止になり、見学の機を逸してしまいました。

おお、射場の了解を得て見学とは、スタマサさんらしいです。
こちらの、N射場は部外者完全シャットアウトです。
勿論、射場利用中に、たまたま偶然、無理矢理、見た事は有りますが…
私も、次に更新を終えたら、即、受講したいと考えております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122911/46413165

この記事へのトラックバック一覧です: 技能講習見学:高萩射撃場:

« 平成24年度クラブ対抗戦その3 | トップページ | 盛夏:真壁50m射場 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック