« クレー射場閉鎖中(2月2日まで):笠間 | トップページ | 赤満射直前:高萩射場トラップ »

2012年2月 2日 (木)

2月練習始め:AR立射

2月に入った。寒い日が続いている。北日本では豪雪の被害が出ているようだsnow

仕事休みの木曜日。朝から晴れsun しかし、風が強いmotorsports 

月初めにつき、基本練習AR(エアライフル)立射と思い、銃器以外の道具を準備、車両に積み込んでいた。

風の強さに、気持ちが萎える・・・・shock だが、積み込んだ道具を下すのも面倒くさいwobbly

銃器ロッカーからARを出した。 笠間=茨城県狩猟者研修センター に向かうrvcar

Gun2

↑ スタMasaのAR、アンシュッツM2002ポンプ。

2syaza

2syaza2

笠間の10m射場(空気銃専用射場)はインドアではない。射座に屋根はあるが、吹きさらしである。 当然だが寒いcat

2teki

相変わらず風の流れは強い。 時折、立射姿勢をも風が崩す。

寒暖計が無いので気温は不明なるも、寒い。 ヒートテック素材のアンダーウエア上下の上に、Tシャツと長袖ポロトレーナー、ジャージパンツを着けているので、寒さによる震えは防げているが、手の指先がかじかむdown それでも何とか集中を切らさずに練習出来た。

2tekikakudai

点取りはしない。 姿勢をチェックし、据銃-照準ー撃発ーフロースルーを観察する。照準中の呼吸が整わない時は、一旦据銃を解く・・・・・・ものぐさ横着の心が、無理に撃発に持って行こうとする・・・・横着心に基づく撃発は、後悔しか残さない。分かっているつもりなのだが、ついつい「ま、いいか」で撃発・・・・・大体予告通りに外れて着弾するpig

Gun1

使用したペレット(空気銃弾)は、H&Nのフィナーレマッチ丸缶、4.49mm。

70発ほど撃って終了とする。

Soubi_2

↑ 装備。ザウアーのコートとズボン。

Kutu_2

↑ 靴はステンバーグ。

Gun3

« クレー射場閉鎖中(2月2日まで):笠間 | トップページ | 赤満射直前:高萩射場トラップ »

コメント

◎B.J.Justさん

>標的見かけの大きさ・・・・・
距離が違っても同一、のはずですが、
近くであれば鮮明に見え、遠ければぼやけて見えたりしますよねeye
1000ヤード先の黒点、どういう見え方するのでしょうかsign02

エアライフル。
的の見かけは、10mも50mも300mも皆同じになるわけですよね?
って事は、パルマの的も見かけは同じ!?
あ、長距離ネタを引っ張ってスミマセン。

◎仕遊空間さん

ARはライフル射撃の基本と捉えております。 反動が無い分、撃発とフォロースルーを観察するのに良いです。
呼吸、照準はARでも装薬ライフルでも同じです。happy01

スタMasaさんは、ARもやられるんですね。
ARの練習は、ライフルにも活かせますか?

笠間は屋外とはいえ、空気銃の専用射場があるから良いですね。
ニッコー栃木などは隣の射座でARシューターが黙々と練習をされていると、スラッグやサボットを撃つのが申し訳ない気がします。

◎mottyann

時間がある時に練習しないと、何か不安なのでcoldsweats01

(。・w・。) いやー本当に練習に行くとはおもわなかった。
お疲れ様です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122911/43961318

この記事へのトラックバック一覧です: 2月練習始め:AR立射:

« クレー射場閉鎖中(2月2日まで):笠間 | トップページ | 赤満射直前:高萩射場トラップ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック