« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月30日 (月)

クレー射場閉鎖中(2月2日まで):笠間

厳寒の月末、月曜日、笠間=茨城県狩猟者研修センター 大口径ライフル射場では、技能講習開催のはずであったが、無くなった。

そこで、ハンティング・ライフルを持って練習に向かったrvcar

2月2日まで、この射場の営業は、大口径ライフルと10mエアライフル。 クレー射場全面は検査のため、閉鎖中。

大口径ライフル射場、閑散としていたが、準備中に老練ハンターさん来場。 サコーのボルトアクション口径.308ウィンチェスターにブッシュネルのスコープを載せていた。 技能講習受講に備え、練習に来た、とのこと。 100mをニーリングで撃っておられた。

昼過ぎ、スラグ・ハンターさん来場。 12番の自動銃で50m射撃。

スタMasaはいつものとおり、3姿勢を練習。

Gun1

↑ 今回の得物。 ハンティング・ライフル  レミントンM700Pmd(ポリスもどき)。

Gun2

口径.308Win. 今回の実包は2種類。

その1  弾頭シェラ150gr.HPBT+薬莢ラプア+火薬IMR4064を44.1gr.初速2700fps見当+雷管フェデラル

その2  弾頭シェラ110gr.HP+薬莢R.P+火薬IMR4895を42.4gr.初速2800fps見当+雷管フェデラル

Gun3

Hata

↑ 標的交換等、射面に出る時は、赤旗を立てる。この旗が掲げられている時は、射手は銃を射座後方の銃架に置き、安全を確保する。

Kset_2

小型扇風機は、銃身の上に昇る陽炎を飛ばすためのもの。

100m_2

Syaza_2

クレー射場方面から銃声が聞こえないと、いささか寂しいcapricornus

P

↑ P(プローン=伏射) 使用実包は弾頭150gr.HPBTのリロード弾。

S

↑ S(スタンディング=立射) 使用実包はPに同じ。

K_2

↑ K(ニーリング=膝射) 使用実包は弾頭110gr.HPのリロード弾。

射場入口付近の道路に「路面凍結注意」の看板が立てられていた。スリップ事故に要注意であるcar

2012年1月24日 (火)

長距離ライフル

Paumagun

RPAクアドロック・エリートターゲットライフル、という鉄砲が、銀座銃砲店 にある。

長距離射撃、パルマ・マッチ用。 日本では出来ない種目。日本ではライフル射場の射撃距離は内閣府令で決められている。最長で300mである。

クアドロック・ライフルの所持許可を受けた場合、日本では300m以下で撃つことになる。

関東地方に大雪が降った翌日の火曜日、スタMasaは外を眺めた。 残雪ありsnow

射撃練習に行くにも、笠間 は休場日、真壁 は雪に埋もれているだろうし・・・・クアドロックが見たい、と思いつき、常磐線で上京したtrain

東京、所々残雪あるも、歩くのに不便はなかった。

というわけで、銀銃でクアドロックを見て来た。 30インチの銃身は迫力がある。レシーバーもボルトも頑丈そうだ。 難は、グリップと引鉄の距離が遠い。特に手の小さいスタMasaの人差し指は、ようやくトリガーに届く感じだ。

2012年1月21日 (土)

小雪のち霙(みぞれ):笠間射場フリーライフル

小雪降る土曜日、笠間=茨城県狩猟者研修センター に向かった。

大口径フリーライフル始動。

Gun1

↑ シーレンDGA。 口径.308Win. シーレンのバレルドアクションにアンシュッツのパーツを組んだカスタム・ライフル。 ※現在、シーレン社はアクションを製造していない。

先客お一人。珍しい銃であった。メルケルの上下二連ライフル、口径.30-06。(写真撮影申請を失念)   スコープ無し、オープンサイトで100mを主にシッティング・ポジションで練習されていた。 近日中に受験の技能講習に備えて、とのこと。

Ammo

↑ 今回の実包。110gr.HPシェラ製+火薬IMR4895を42.4gr.初速2800fps見当、薬莢ノルマ、雷管フェデラル。

Gun2_2

いつものとおり3姿勢の練習とする。

Gun4_2

午後、スラグ撃ちのハンターさん来場。 その後、自動ライフルのハンターさん来場。

Gun5_4

スタMasaは淡々と練習する。

外は小雪snow  雪が止んでからしばらくした霙(みぞれ)が落ちてきた。寒い・・・。

Symen_2

↑ 写真では捉えられていないが、この時、雪が落ちていたsprinkle

P_3


↑ P(プローン=伏射)の結果。 軽い弾頭のためか、初期の弾着は上方。 サイトを修正しながらやっと真ん中に収まった。

S

↑ S(スタンディング=立射)。寒いので、ヒートテック下着の上にポロシャツ+トレーナー、下衣ジャージパンツを着けるも寒さは厳しい。 寒さで硬直したのが幸いしてか、白い所にはみ出す弾着はなかったhappy01

K_4

↑ K(ニーリング=膝射) 初弾7点10時にずれるが、その後9点圏内に安定note

清算しに受付に行くと、トラップを撃ち終わった、旧ARARATのT木さんも清算に来た。

しばし歓談の後、再会を約して別れる。car

2012年1月18日 (水)

SB始動:真壁

1月半ばの水曜日、SB始動。

Gun1

昼前、真壁=茨城県営ライフル射撃場に向かうrvcar 50m射場、先客お一人。T木県ラのベテランP射手さんであった。

スタMasa、23的に入る。

Syamen

Gun2

Gun3

SB(スモールボア・ライフル=小口径銃)、アンシュッツM1407アルミタイプ。

Ammo

実包はELEY Sport。

Ondo

↑ 正午ころの気温。5℃、寒いsnow 

着衣は・・・・ヒートテック上下の上にポロシャツ、トレーナー、下衣はジャージパンツをアンダーウエアとして、ザウアーの射撃コートと射撃ズボン、靴はステンバーグ、グローブはザウアー指なし型。 射座に暖房は無い。

Gun4

三姿勢を練習する。各姿勢共、実射においては、的枠外にはみ出す弾着は無かったのが良かったcat

Syza

Gun5_4

2012年1月 7日 (土)

ブラックホール2012新春

浜松町にて開催のトイガン・イベント、ブラックホール、

初日1月7日出撃。

Panf

見るべきもの、すでに無し。

Panf2

マイミクのダイスケさん の射友の、小峰さんがスタッフとして稼働。挨拶する。

夕方、山猫練習会のB.Jユストさんと合流、さらに芸能人並みに正月をハワイで過ごしたスターチス・チームの毛がに副将と上野で合流、三人で新年会となる。

今回のブラホ、とても寂しかった・・・・顔見知りの人がいなかった・・・・pig

2012年1月 6日 (金)

2012AR撃ち始め

1月第一金曜日、晴天。 AR撃ち始めとなる。

Gun2

↑ アンシュッツM2002ポンプ。

場所は、笠間=茨城県狩猟者研修センターの10mエアライフル射場。

Syaza1

Syaza2

ここのAR射場は7射座ある。 吹きさらし状態である。日ラの指定は取得していない。

Syaza3

クレー射場やライフル射場が混雑していても、このAR射場だけは常に閑古鳥が鳴いている。

この日、AR射場の隣りの大口径ライフル射場では、射撃教習が行われていた。講師は、茨城県猟友会員で茨城県ライフル射撃協会の大口径ライフル担当理事のSK氏。

Gun3

AR練習は立射のみ。 点取りはしない。据銃-照準-撃発-フォロースルーを確認しつつ、グルーピングをまとめることを意識する。

Gun4

100ほど撃って練習を終える。そのころ、大口径射場での射撃教習も終わったようだ。

大口径射場から出て来たSK氏に、正月の挨拶をする。SK氏、今年還暦を迎えるそうだが、若々しい。

6teki_5

Ammo_4

エアペレット=空気銃弾。 H&Nフィナーレマッチの4.49mm。

Ammoboxcloz_2

↑ 弾箱。特に試合時に使いやすい。

Ammoboxopen_2

↑ 弾箱開きの図。

Soubi

装備。 コート、ズボンはザウアーのキャンバス。

Kutu_2

↑ 靴はステンバーグ。

Gurbe_2

↑ グローブはザウアーのソフト・タイプ。 普段は指無し型を使っているが、ちょっと寒かったので、今回はこのグローブを使ったsnow

Jyuuka_2

↑ 射座の後方に設置の銃架。

Koukanki

↑ SBセンターペーパー用の標的交換機を使用。

10mAR射場の利用料金は、時間制限無しの税込315円。格安である。

2012年1月 3日 (火)

2012年、初撃ちはショットガン:高萩

正月三日、三が日最終日。朝から晴天の火曜日sun

正月休みの射撃場が多い時期、高萩射撃場 は正月二日から営業していた。

トラップガン、SKB5700を持って高萩に向かうrvcar

Gun3

先客は常連のAZさん。既に撃ち終えていた。

Syamen1

Ammo

↑ 装弾は、ケメンとエレーの12番径7.5号24g。いずれも安価だが、不発なく安定した品質。

Gun1

Gun2

初撃ちは4R単独トラップとなる。

Syamen2

Syamen3

気温は、まずまず(この射場に寒暖計は無い)denim ・・・・やはり寒い。 体のキレが良くない。スムーズにクレーを追えない・・・・・・

今に始まったことではないが、中らずcoldsweats02 

Score

夕方、清算して常磐自動車道路上り車線に入る。 ラジオのニュースでは、各高速道路は帰省ラッシュと放送していたが、常磐道は交通量多いも、渋滞はなかったcar

2012年1月 2日 (月)

2012年の始まり

皆さま 新春のお慶びを申し上げます

2011年は311の大震災が、重くのしかかり、「おめでとう」と言う気になれずに、新年を迎えた。

被災された方々、そして被災地の上に、神の慰めと励ましがあり、復興が導かれますように祈りに覚えます。

さて、日ごろの行ないが災いしてか、今年は元日から仕事であった。しかも夜勤付きnight

今年も地道に、持病の糖尿をコントロールすべく、真面目に生きていきたいと思う。

皆さま、2012年も宜しく御願いいたしますfuji

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック