« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月29日 (土)

どん底・・・・・トラップ:高萩射場

良く晴れた週末、弾減らしのためsign02 トラップガン、SKB5700を持って、高萩射撃場に行くrvcar

Gunl

装弾はケメンの24g、7.5号。

Ammo

常連のM川さんがスキートを撃ち終えたころ、スタMasaは射場入りした。

Soto1

Syadai

Syamen2

Syamen3

トラップ単独射撃。 身体、やや疲労気味のせいか、集中できずhappy02

Sdyamen1

Gunr

トラップへの思い入れが低下している・・・ 中らないから面白くないのか、面白くないから中らないのかaries 

Scor

↑ とうとうやってしまった、一桁スコアpig

2011年10月20日 (木)

フリーライフルでスコープ射撃

前回、あまりにもP(プローン=伏射)が当たらない、とぼやいたところ、スターチスの盟友「い」選手より、フリーライフルにスコープ載せて撃ってみれ、とのアドバイスをいただいた。

自室の奥に隠れていたライフル・スコープ、レッドフィールドの24倍を引っ張り出した。

マウントベースはブッシュネル。 シーレンDGAに載せてみる。

Gun2

仕事休みの木曜日、スコープを載せたシーレンDGAを持って、笠間=茨城県狩猟者研修センターに向かった。 

朝9時過ぎ、同センターの大口径ライフル射場に入る。

狩猟の為のR.S射撃教室改め関東R.S射撃教室のK会長と同教室事務局さんが来場されていた。

Kitabatakesan2

↑ K会長、ニーリング。

Sendaisan2

↑ 事務局さん、ニーリング。

K2

さて、スタMasaのスコープ射撃。 まずはテーブルに座る。銃を委託台に載せ、ボルトを入れる前、レシーバーの後ろから銃腔を覗きボアサイティングする。

ボルトを装着し、委託射撃でサイト合わせする。

Ss

↑ ボアサイティング後の実射調整。

サイト調整終了、Pを撃つ。  

P

↑ Pの結果。 当たらない原因は、どうやら据銃力不足らしいhappy02

S

↑ S(スタンディング=立射)も撃ってみた。

Sを撃ち終えたころ、関東R.S射撃教室の事務局さんから、昼食のお誘いを受ける。 道具を片付け、射場使用料清算後、事務局さん、K会長と共に国道50号沿いのラーメン店で昼食会restaurant 

関東R.S射撃教室・・・・主宰のK会長、事務局さん、お二人とも真摯なハンターである。良い人たちと知り合えたこと、嬉しく思うnotes

2011年10月17日 (月)

反省射撃:笠間でフリーライフル

先週の全日クラブ対抗戦大口径の惨敗を反省。この一週間、基礎体力を作り直すため、ウォーキングを続けた。

反省の対象は大口径フリーライフル。

Pset2

↑ シーレンDGA、口径.308Win.。銃身とレシーバー以外はアンシュッツ製品。

P(伏射)姿勢を執る・・・動悸息切れは無かった。 一つ一つ動作を確認しながら撃ってみる・・・・・。

Pset

Sset1

Ammo

↑ 実包。 弾頭シェラ150gr. SPBT、薬莢R.P、雷管フェデラル、火薬IMR4064を40gr.初速2500fps見当。  射距離100mなので、リロード弾のレシピは何でも良い、と考えている。

300mでは、初速2700fps~2800fps見当に設定するが、100mなので2500fps見当でも十分と見た。

Sset2

以下射撃結果。

Psc_2

Ssca

Ksca

Psca2

P、どうしても当たらないdown 基礎体力作りを中心に練習を組み立てたいcat

2011年10月14日 (金)

高萩でトラップ射撃

仕事オフ日の金曜日、急遽会議の呼び出しimpact

SBの練習に行く予定を変更せざるを得なくなる。

会議終了後、トラップガン、SKB5700を持って高萩射撃場に向かう。

Gun1

トラップガンを出したのは、実に9月5日以来のこと。

クレー射撃に対する欲は低い。いっそのことクレー射撃を止めようかとも・・・再度所持許可を取るのも面倒くさいし・・・ 眠り銃にならない程度に撃たねばなるまいtulip

Syamen

先客は常連のM川さん。20番径のベネリM2でスキートを撃っていた。

Hous1

スタMasa、トラップ単独射撃。

Ammo

中らないから面白くないのか、面白くないから中らないのか・・・

Gun2

装弾125個持参。これで4R撃つつもりであったが、3R撃ち終えたところで残弾7個pig

心身共やや疲れを感じたので、ここで終了とする。

Score

12-18-12    万年ビギナーであるcarouselpony

帰宅後、片づけをしてウオーキング1時間15分。

Hokou

ちょっとペースが遅いdenim

2011年10月10日 (月)

我敵は己の横着心・・か? :クラブ対抗戦大口径最終日

全日本ライフル射撃クラブ対抗戦300mの部、最終日は日曜日。種目はP60(伏射60発競技)のみ。

射群は3回転。スタMasaの出番は3射群。 全国クラブ対抗戦実行委員長のZ院長より、射場長を下命される。

Img_6965

↑  1射群、2射群の射場長勤務中。

Img_6963_2

↑ スタとも選手

Img_6968 

↑ スタToruS選手

Img_6964_2

↑ クラブチームS.O.Sの暴走老人選手。不調と言いながら、9割5分を堅くキープする伏射の名人である。

Img_6970

最終射群の1的にスタMasaは入った。 前日の3X40の時に兆候はあったが・・・・・

据銃するも、銃が止まらず・・・微妙な上下動、動悸である。

この春先、職場での健康診断時、脈が飛んで血圧測定不能になったことがあった。心電図を撮ってみると、心室期外収縮頻発、と診断された。所謂不整脈。 特段危険な状態ではないので、経過観察ということで半年経過。

疲労時に動悸を覚えること多々あり。

元を辿ると糖尿病・・・・・病気を改善する努力は、していない。この横着な性根が、標的に表われた。 P60で497点・・・・・覚えている限り、P60で9割540点を切ったことは無かった。

深刻な事態である。  身体を鍛え直す必要を強く感じた。

連休明けの火曜日、大腸内視鏡検査を受診する。 それから歩くことから始めようかrun

2011年10月 8日 (土)

300mは遠いのか? :クラブ対抗戦大口径

平成23年度第16回全日本ライフル射撃クラブ対抗選手権大会300mの部。

場所は、埼玉県長瀞総合射撃場

Img_6940

10月8日(土)大会初日。種目は300m3X40(3姿勢120発)、スコープ・ライフルP40(伏射40発)。

ライフルチーム・スターチスは3X40団体とスコープ・ライフル個人戦2名が出場した。

Img_6925

スタMasaは3X40に出場。 300m、これまでそう遠くは感じなかったが・・・・・今回も遠いとは感じなかった。 しかし・・・・・

Img_6947

↑ スタMasaの得物、シーレンDGA、口径.308Win.。 実包は弾頭シェラの155gr.HPBT、火薬IMR4895を44.0gr、初速2700fps見当、薬莢ノルマ、雷管CCI。

Img_6955_2

昼からの2射群目。少し疲労気味ではあったが・・・・相変わらずP当たらずpig 359点。   

Sも、標的紙の中に着弾するも、まとまらず310点。

Img_6958

このごろ、良い感触だったK、この日は最悪。何気に激発のタイミングがずれていたような気がする・・ 317点。

PSK合わせて 986点down 300mが遠いのかsign02 1000点が遠いのかsign02

初日終了。

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック