« 全日本大口径選手権 | トップページ | 組織ではなく、個人・・・ »

2011年7月25日 (月)

フリーライフル練習:笠間射場

最高気温30℃の月曜日、茨城県狩猟者研修センター=笠間に向かう。

得物は、フリーライフル、シーレンDGA:口径.308Win.

P

実包はリロード弾2種。

一つは、弾頭110HP(ホローポイント)+火薬IMR4064を44.3gr.、初速2800fps見当、薬莢ノルマ、雷管CCI。

もう一つは、弾頭150SPBT(スピッツァーボートテール)+火薬IMR4895を41.3gr.、初速2500fps見当、薬莢R.P、雷管CCI.

Ammo

大口径射場、朝から賑やか。C葉県のライフル・ハンター3名が先客であった。 この3名様は、穏やかでマナーの良い人たちだ。いずれの方も、以前この射場でお見かけしたことのあるハンターさんであった。

Syaza

射座の幅が狭い・・・・・と思ったら、5射座だったところ、6射座になっていた。

Kanteki1

練習科目は3姿勢。 10月、クラブ対抗戦大口径に向けての練習。

S

K

Kanteki2

Kanteki3

Pteki

↑ P(伏射)

Steki

↑ S(立射)

Kteki

↑ K(膝射)  

ここまでは、110gr.弾頭。 150gr.弾頭で新たにPを撃ってみる。

Pkanteki2

この時期、笠間射場の閉場は午後5時30分。 後片付け後、閉場時刻まで2時間ほどあった。

気温30℃、ややバテ気味だが、トラップを撃つことにする。 気分は乗っていないcapricornus

トラップを最後に撃ったのは・・・・5月28日だった。2か月もトラップを撃っていなかった。

その間、トラップを撃ちたいとは思わなかった。

楽しくないから中らないのか・・・・中らないから楽しくないのか、いずれにせよ、今はトラップに夢中になれない感じだ。

しかし・・・・・トラップ・ガンに使用実績と装弾を消費する必要がある。

Trapsyadai1

Trapsyadai2

Trapgun

トラップガンはSKBモデル5700、12番径。

単独射撃2R。 それ以上、気力が続かなかった。

Score

12点 13点     単独で撃ったということもあるかもしれないが、やはり気分は乗らなかったaries

« 全日本大口径選手権 | トップページ | 組織ではなく、個人・・・ »

コメント

◎誠さん

暑さ最高潮の時期ですが、暦の上では秋なのですねcherry

立射での保持…あまり考えたことがありませんでしたbleah

小生は普通に拳で保持しています。

昔流行ったフリーライフルのパームレスト、見なくなりましたcoldsweats01

スタMasaさん、残暑お見舞い申し上げます。
小生練習のほうは何とか毎日続いているんですが、ブログの更新をする気力と時間が無くて。。。
ところで、小生がライフルを撃っている当時は、立射で銃を支える手のひらを開いて、人差し指と中指の間に銃を挟むのが流行っていたのですが、最近では誰もそのやり方をする射手がいなくなってしまったようですね。やっぱり拳骨の方が安定するのでしょうか。アメリカでは、立射でも手のひらで銃を支えるのを多く見かけますが、あんなので高さが出せるのでしょうか??安定するんでしょうが、胴長短足の小生にはできそうにありませんaries

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122911/40956324

この記事へのトラックバック一覧です: フリーライフル練習:笠間射場:

« 全日本大口径選手権 | トップページ | 組織ではなく、個人・・・ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック