« 猟友会、最低!!!(怒”:笠間AR射場 | トップページ | 2011年度クラブ対抗戦50m・10mS:静岡藤枝 »

2011年7月13日 (水)

夏の銃砲検査

銃砲・刀剣類一斉検査は、毎年4月から5月にかけて実施されるのが通例であるが、今年2011年は3月11日に発生した、東日本大震災の影響により、夏まで延びた。

スタMasa夜勤明けの火曜日、炎天下sun 急ぎ帰宅し、所持銃器、火薬類管理帳簿、所持許可証、報告書類を持って、今回の検査会場である、水戸市農業技術センターに赴く。

出入り口にパトカー1台が駐車していた。 警察官2名が駐車場と会場建物前に立っていた。

会場は会議室。この建物は平屋建てなので、銃器を運搬するのに少しは楽だ。

会議室入口前には、水戸市猟銃等安全指導員のSN氏が居た。定年退職したスタMasaの職場の先輩、ライフル、散弾銃、空気銃でのハンターだ。

SN氏 「ブログ見たぞ。他人事ながら俺も頭に来た。」

スタMasa 「ありがとうございます。俺もやるときはやる、と言った以上、しかるべき処置は  します。」  

SN氏 「ところで、トラップ中ってないみたいだな(笑)。」

スタMasa 「はい、そのとおり(苦笑)」

ひととおり検査を受けた後、SN氏と旧交を温める。

検査会場で、前回の記事ついて何人かの人から励ましを受けた。感謝。

ある方が 

「当時、射場管理者は場内を見回っていたのか? 管理者が、場内をよく見て歩くことをしないと、そういうトラブルは防げない。 特に大会の時は、管理者がよく見回るよう注意を促す必要があるのではないか。」

と言っておられたのが印象的であった。

今回は写真なし。  

« 猟友会、最低!!!(怒”:笠間AR射場 | トップページ | 2011年度クラブ対抗戦50m・10mS:静岡藤枝 »

コメント

◎B.J.Justさん

一度でも二度でも、放射能は体に良くないですcoldsweats02

B.J.Justさんが、無事に任務を果たされますよう、祈りに覚えます。

延期されていた事が、実行に移される。
銃検に限った事ではなく…
被災地が少しずつ復興してきたと思うと嬉しいです。

今月末から、再度被災地へ、行って参ります。
一昨日、命令がありました。
今度は、郡山市です。
二度目ともなれば、放射能なんかヘッチャラです。

◎naoちゃん

今回は都合が付かず失礼しました。
熱中症に注意してお仕事に励んでください。

こちらは先週の木金に終了しました。
真夏の検査、4点持参するのは汗ダクになりながらで大変でした。
警察署は近所ですが、ガラの悪い人たちが住んでいるので、家の前を通過する際に気にかけていただけるよう頼みに行きたいくらいです。

◎CASさん

>来週検査・・・・本県では、おそらく今月中に全県下の検査を済ませたいのでしょう。

お疲れさまでした。
病気も事故も事件も大事なのは『予防』なのでしょうね。でないと火消しが大変。

うちんとこは来週検査。
しかも1日しか指定されないので、無理言って午前休みとりました~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122911/40798569

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の銃砲検査:

« 猟友会、最低!!!(怒”:笠間AR射場 | トップページ | 2011年度クラブ対抗戦50m・10mS:静岡藤枝 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック