« 7月、盛夏の射撃:真壁50m射場 | トップページ | 夏の銃砲検査 »

2011年7月 9日 (土)

猟友会、最低!!!(怒”:笠間AR射場

マイミクの翔さんの義弟のUKさんが、スキート銃とエア・ライフルを新規所持した。すでにスキート射撃は数回経験したが、AR射撃はまだであった。

数日前、UKさんから「ARの初撃ち、いろいろ教えてください。」と頼まれた。スタMasaがARの射撃指導員有資格であったからである。

7月2週目の土曜日、夜勤明けのスタMasaは笠間=茨城県狩猟者研修センターに向かった。

午前10時40分ころ、AR射場に入る。ほどなくUKさんも来場した。 駐車場には、T葉ナンバーの自動車がひしめき合って駐車していた。 一都八県猟友会ライフル・スラグ大会の予選会らしい。大口径射場は賑わっていた。

UKさんの銃は、シャープ・エースハンター、口径4.5mm。

Img_5895

スコープはシャープ製4倍。 

初撃ちの前に、安全な取扱いについて説明する。エースハンターの場合、特に留意すべきことは、ポンプ操作をしてから、弾を装填することだ。

まずは委託射撃。テーブルにボストンバッグを置き、その上に銃を載せ委託する。椅子に座り、銃を委託で構える。 銃口を標的方面に向けてポンプする。

射距離10m、紙標的なのでポンプ回数は2回とした。ポンプ2回であればトリガープルは1㎏以下であろう。

標的は、この射撃場で販売している12文的。 依託射撃の目的は照準調整。

標的紙の試射的でスコープのゼロインを完了する。

一息入れて、立射。

Img_5885

Img_5887

エースハンターはハンティングARなので、ポジション用ARよりかなり軽い。また、ストックの形状がポジション銃とは異なるため、ISSF流のヒップレスト姿勢での据銃は向かない。

しかしスタMasaは、オフハンドの姿勢で立射が出来ない。参考まで、ということでヒップレスト姿勢の作り方を説明する。

今回の写真に写っていないが、AR射場内にはT葉のライフル・ハンターたちが多数居たのだ。彼らはAR射場を休憩所代わりに使っていた。

休憩所代わりに使うのは、別に構わない。 だが、一人の老練ハンターが、UKさんの立位置から右方4~5mの所、射撃線の前に1mほど出た。その時UKさんは、まだ据銃姿勢をとっていなかったが、老練ハンターは射手の前方に出ていたことになる。

スタMasaは、その御仁に 「すみません、射撃線の後ろに下がってください。」 と呼びかけた。

その御仁、スタMasaとUKさんの後ろに来た。そしてスタMasaに

「誰の銃だ?」 とUKさんの銃を指した。 スタMasaは「あの人の銃です。」 老練ハンター「資格あるのか?」

スタMasaは射撃指導員指定書を提示した。 その御仁、一瞬言葉が詰まったようだが、

「あんたたちから俺は離れていたんだ、どこが危険なんだ、がたがた言ってると、あんたの指導員なんか吹っ飛ばしてやるぞ」 と言い放った。 スタMasaとUKさん、そしてそこで休憩していた数人のT葉県猟友会のライフル・ハンターが聞いていた。

スタMasa、こめかみがひくひく、しかし極力抑えて「そうですか、私もやる時はやりますよ」と丁寧に言う。 老練ハンター 「けんか売る気か!」 

スタMasa、怒り爆発・・・・・寸前であったが、後ろでUKさんの心配そうな視線を感じた。UKさんのおかげで切れずに済んだ・・・。

周りにいたハンターたちは、何事もなかったように黙っていた。

スタMasaを恫喝した老練ハンター、安全に関する観念は全くないね。

射撃場に入っている場合、そこに射撃指導員がいるなら、特に安全面についての注意を受けたなら、素直に指導員の指示に従うべきである。それが当たり前のことだ。

それを、小さなプライドを傷つけられたことで、注意した人間を恫喝するとは・・・はっきり言って銃所持不適格者である。

スタMasa、事務所の管理人に、T葉猟友会は出入り禁止にしろ、そうでないといつかとんでもない事故が起こるぞ、と言っておいたが、営業上、もちろんそういう措置はとれない。

「今後、射場で違反行為を現認した際は、事務所を通さず即110番通報する」旨を射場管理者に宣言した。

今回、スタMasaを恫喝した老練ハンターについては、スタMasaの射撃指導員資格を吹っ飛ばされる前に(笑い)、老練ハンターの自動車のナンバーをT葉県警に通報するかどうか思案中である。 脅迫罪で訴えるということもありかな?

Img_5893

UKさんの初撃ち。 試射的が依託射撃、1~4的が立射、5的~7的が膝射。

Img_5890

Img_5888

スタMasaは ハンター流のシッティング・ポジションが出来ないので、ニーリングの姿勢を説明した。

UKさんがAR射撃を面白いと感じてくれたようで、良かった・・。   

« 7月、盛夏の射撃:真壁50m射場 | トップページ | 夏の銃砲検査 »

コメント

◎関西の射撃指導員さん

その番組の危ない発砲シーンの事、いろいろな所でお聞きしていましたが、動画を見たのは初めてでした。
 貴重な情報、ありがとうございました。

見て下さい、32分50秒の射撃シーン。
同行者の頭1m以内を弾丸通過です。
https://www.youtube.com/watch?v=lTgdqOy62gk

◎ltchughesさん

はじめまして、コメントありがとうございます。
この一件から4年が経過しましたか・・・

件の老練ハンターを反面教師として、
常に安全最優先、良識ある鉄砲撃ちでありたいと思っています。

古い記事に失礼します。私は、そうは思いません。

「しかし、その数人の方々は、小生に絡むこと をせず、労連ハンターに加勢することもしま せんでした。 労連ハンター以外の人たちには、十分良識が あったと、小生は理解しております。 」

それらの人々は、後から皆で陰口を叩いていたことでしょう。その老齢にごますりながら。

良識があったなら、仲裁に入ったはずです。明らかなルール違反+犯罪行為ですから。

そういった残念な人々は、何処にでもいます。悲しいですね。

何やら、お馬鹿な書き込みがありましたが、
もしこの書き込み主が、銃砲所持者であれば、情けないことです。
あえて削除せず、晒しておきます。

陰口叩くとか気持ち悪^^;
資格持ってますーアピール(笑)
自分を過信しすぎ 鏡見ろ
あぁオタク気分悪^^

小生のレスコメントに誤字がありましたので訂正いたします。

誤 労連ハンター

正 老練ハンター

◎ネモッチさん

はじめましてsign02
C葉県ハンターさんのコメント、恐縮です。
T葉県猟友会、最低‥と書いてしまいましたが、B.J.Justさんの御指摘のとおり、坊主憎けりゃ袈裟まで憎い、ですので、お詫びします。

件の労連ハンターに絡まれていた時、周りには数人、6〜7人のC葉県ハンターが居たのですが‥つまり小生は敵陣の中に居た状態でした。
しかし、その数人の方々は、小生に絡むことをせず、労連ハンターに加勢することもしませんでした。
労連ハンター以外の人たちには、十分良識があったと、小生は理解しております。

注意された側に非があるにもかかわらず、未だに傲慢、身勝手な何らかの権力、圧力を振りかざす者がいるなんて、同じC葉県ハンターとして情けなく・・・。


◎斯波さん

コメントありがとうございます。
今回、射座には数人のハンターが立って談笑していましたが、件の労連ハンター以外は、全員射撃線の内側に居りました。労連ハンター以外の人たち、最低限のマナーは知っていたものと思いたいです。

暑い季節になりました。熱中症に注意して、射撃にお励みください。

◎ぱるさん

安全規定は、昔も今もそう変わりはないと思います。
猟場で普通に行われていることが、射場では不適、ということがあります。件の労連ハンターは、猟場と射場を区別する能力に欠けていた、ということだと思います。

月末の全日本大口径、御健闘を祈念いたします。

スタMasaさん、お久し振りですm(__)m

今は、ARの分を散弾銃に変えましたが、10年近くはARはやっていましたから、今回の事は非常識だと感じました。

射撃線の前に出るなんて、普通に誰か他人が居なくても、やらない事です。

まして、指導員を恫喝って・・・、唖然です。

私事ですが、トラップやっていて、この3年間に4・5回射撃中に不発の時に、銃を脱砲しないで尚且つ、引金に指を掛けた状態で銃口を向けられた事があります、猟友会や眠り銃の人達でしたw(°O°)w

当然、愚民な私ですから怒りで怒鳴り付けたかったですが、もし諍いに成れば私も許可を取消される可能性があるので我慢しました(;-_-+

昔、理不尽な事を言われて反論したら、私の所轄の警察署の生活安全課の猟銃の担当に、「危ない奴」だからって所持許可取消の圧力かけられた経験もありました。

幸いな事に担当の刑事さんとは弾や銃の申請で年に6・7回はお会いしていたので、理由を説明して納得して頂きました。

同じ所持許可者でも、射撃場のマナーすら忘れている方が大半だと思っています。

猟友会の中にも少数ですが、射撃場で練習する方はいますが、大半は猟の時にしか射たなかったり、許可年数や年齢だけで、ベテランだと勘違いしている呆れた方が多いのが現実です。

猟銃は対人殺傷能力が高いから取扱には、人一倍気を付ける必要があるのに、理解出来ない輩が多いのは、悲しい現実です゚。(p>∧

重複した部分もあり、読み苦しい点はご容赦下さい。

昔の怒りが甦ってしまいました。

試合でのご健闘を期待しています。

心中お察し申し上げます。
多分、その方が射撃(狩猟)を始められた当時は、今回のような行為は問題にならないような行為だったのでしょう。
この方は、残念ながら、そのまま変化することなく、ただなんとなく流れてきてしまった方なんだと思います。
時が経てば求められるものも変わる、そのような時流の変化にも対応できなければ、21世紀で「銃」を所持することは許されないのだと思います。
自分自身への戒めでもありますが…

◎おとうたま

ありがとうございます。
今回の問題は、件の老練ハンターが猟場と射場の区別がつかなかったことだと思います。

確かに危険性という点では、今回の場合は非常に小さいですが、射場内におけるマナー遵守・・・・
いくら言っても、たぶん件の老練ハンターは理解できないのでしょう・・・。

なお、小生、違反行為はしていませんので、現在の資格はく奪という事態にはならないでしょう。
もし、政治的な圧力がかかったとしたら、今の御時世です、圧力かける政治家の集票に少なからず影響が出るでしょう。不当な圧力、しかも猟友会絡みとなれば、世論の行方はおのずと見えてきます。

うーむ。。。

悲しい射場の現実なんですかね。。。
皆さんも似たり寄ったりの経験を多くなさっている様で。。。

事故防止の意味もそーですし,後進の者の意欲減退にも繋がる事ですし・・・

気がつかなかった問題点は,お互いに注意し,注意を受ける事が当たり前くらいで考えていれば良いんですよね。
誰でもイージーミスはあるもの。
ただその注意を受け入れる度量を持ってさえいれば良かったのにね。。。
ベテランになって尚,いつでも初心者の時の学ぶ気持ちを忘れてはいけませんな。

スタMasaさんが資格剥奪になるような事はよもやないでしょうが,皆が事故(物理的事故も精神的事故も)なく過ごせる射撃ライフが互いに出来れば良いのにね。。。

◎翔さん

いえいえこちらこそ、義弟のUKさんには
不快な思いをさせてしまい、申し訳なく
思っています。
 UKさんが、猟友会に悪いイメージを
持たなければよいのですが・・・・

なお、翔さんのコメント、ダブリがありましたので、
一つを削除しました。御了承ください。

大変お世話に義弟が、なりました。
トラブルが起きたら即連絡ください。ライフル保管庫にいれて、AR場にきたのかな?マナーが悪い輩には、目には、目を知らない振りしてかかわらず。写メ撮って、通報がいい!けじめは、千葉の人間にケジメつけさせましょう。合掌

◎まりまぐさん

実は小生も猟友会員でしたcoldsweats01
ただ、小生が知るハンターは、
いわゆるヨゴレ系の面々を含め、
安全面とマナーにはきちんとしている人たち
ばかりです。

今回のような、とんでもハンターはごく一部と
信じたいです。

◎ダイスケさん

>開始5分で失格・・・・・
しかし老練ハンターはこう言うでしょう。
「けんか売ってるのか!指導員なんか吹っ飛ばしてやる!!」

そのうちダイスケさんと射撃、ご一緒させてください。

◎てぃ~さん

小生など一介の射撃指導員ですから、それほどどうということもないのですが、射撃や狩猟を本業としている、てぃ~さんは、おそらくもっともっとこの手のことではご苦労があるものと、お察しいたします。

実はある業者の方からDMをいただいたのですが、
その方の地方では、もっと状況がひどいそうです。
その方は、ご自身のお店で企画する射撃会で、
この手の人がいる場合は、出禁を申し渡すそうです。

そのうちまた、てぃ~さんのお店に遊びに行かせてくださいbus

◎B.J.JUSTさん

笑い話ではありませんが、笑い話みたいなものです。

小生、夜勤明けであったの、自分の仕事にはしたくはなかったのですが・・・・

しかし、よくよく考えると、公共の安全という観点から、週明けにT葉県警には参考情報の提供という形で通報することにします。既得権である所持許可を簡単に取り消すことは難しいですが、次回の更新時、調査は厳しくなると思います。

>T葉県猟友会を一括りにするのは大きすぎ・・・・・
仰るとおりですね。 これは「坊主憎けりゃ、袈裟まで憎い」の類ですねcoldsweats02

◎CASさん

おっと、他人事ではありませんよ。
CASさんは選手として、そういう輩と並んで
9月の試合を戦うことになるのかも
知れないですよ。

CASさんのご無事を祈りに覚えます。

◎通りすがりさん

はじめましてsign02

今回は、小生と新規所持者のUKさんが
射撃線の内側におり、UKさんは銃を上向きにして
小生の説明を受けていた時に起こったことです。

老練ハンターはこちらから右方約4mの位置で、射撃線より約1m前に出ていました。
UKさんの銃口は上向きで、確かに老練ハンターの方に向いてはいませんでしたが、わずか1mとはいえ、銃の前に出ていたことは事実です。それゆえ、小生は注意を促したのですが、老練ハンターは小生の注意を過剰なものだ、と怒った様子。
果ては「指導員なんか吹っ飛ばしてやる」です。
新規所持者のUKさんがいなかったら、小生、
切れていました。

この場合、射下線の前に出ていた老練ハンターが被害者になるおそれがあります。

それと、AR射場で射撃している人がいるのに、そこを休憩所代わりにして、射座で弁当を食べたり、歓談したりなど、非常識きわまりありません。クレー射場の射台の後ろや、大口径射場の射座で弁当食べる人、いますか?

新人射手に良い影響は与えないと思います。

コメント、ありがとうございました。

◎tashigiさん

おっと、スキート射面におられたのですが。
実はtashigiさんにご相談したいことが
あったので・・・・あとでDMします。

笠間からの帰り、茨城県猟友会の射撃指導員の
先輩SKさんに電話して愚痴をこぼしました。
「猟友会とはそんなものだ。T葉猟友会の事務局長は俺の友達だ。よく言っておく。 俺の友達のスタMasaを馬鹿にするとは、俺を馬鹿にしたのと同じだな。かまわねえからT葉県警に通報してやれ。」
と怒った様子でした。

◎暴走老人さん

夜勤明けで、いささか疲れていたので、
危なく切れるところでした。

>「ハンターに限らず・・・・」

ポジション射撃歴30年で、
嫌味な射手には何人か遭遇しましたが、
SB射場で怖い思いをしたことは
ありませんでした。

来週のクラブ対抗戦、よろしくお願いしますsun

◎まめと先輩

銃とか射撃に無縁の、まめと先輩には
大変驚かれることだと思います。
我々銃所持者がいつまでたっても
マイノリティなのは、こういうことが
あるからなのかもしれません。
恥ずかしいことです。

非道い!非道い事件です。
その爺が県猟友会長だろうがオリンピック選手だろうが許される事ではありません。
射撃線から前に出るという行為がどういう事か判っててないんでしょうね。
ましてや射座に人が居るということ、射撃指導員の的確な指摘がどういう事か理解できてない。

我輩も別県の老友会所属ですが…
こんなのは絶対居ないと言い切れないのが辛い。

>通りすがりさん
的紙の件はチョット誤認してますよ~~

◎誠さん

今回、相手方は銃を持っていなかったので、撃たれることはありませんでしたが(笑)、不快でした。

それにしても、米国でも危ない状況はあるのですね・・・。 射撃の楽しみとは、安全が確保されていることが大前提と心得ます。

うわー、
なんとも悲しい事件ですね、、、。

老練ハンター氏もきっと後世に継ぐべき
立派な経験だって色々とおありだろうに。

でも人間性のバランスが取れていない方は、
残念ながらやっぱり去るべきだとボクも思います。

ニッコー栃木のフルメタルジャケット指導員の方に
ぜひ技能講習をやって頂きたいですね〜。

たぶん開始5分で失格かも(笑)

災難でございました。
いくら言っても直らない人は直らないですね。確かに技能講習は面倒ですが、そういった輩を駆逐して、我らの肩身の狭い思いも少しは改善されれば必要悪(?)なんでしょうかねー(ライフルの技能講習はかなり要求されるレベルが高いですから)

○スタMasaさん

ええっと、これは笑い話ですか??
それとも…

・シンシナティの誠さま引用
>何しろ武器を持っていますので
全くそのとおりだと思います。
こっちに向けて撃たれた日には…
双方実名報道されては困ります(笑)

・暴走老人さま引用
>まっ、切れずに耐えて
ご尤も。相手と同じレベルでは…

・tasigi さま引用
>老友会の特徴です。
何故でしょうかねぇ? 本当に、そう思います。
若い、銃好きなハンター達はリロードの事などとても研究していますし、話をしていても紳士な方ばかりなのに。
しかし、T県猟友会すべてを括ってしまっては、大き過ぎませんか…
その老ハンターの個人問題ってことで。

で、将軍。
迷いましたのでしょうか?
「粗暴な言動等」
その場ではっきりと注意し、今後はT葉県警へ情報提供をするべきと心得ます。
現状で、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫したことが明らかであるなら、法にもとづいて対処するべきだと思います。
「射撃指導員指定書」私は財産だと思います。

指導員に逆ギレとか阿呆の所業ですな。
そんな危ない考えの人は銃持つ資格などありません。
周りの迷惑です。

おっと失礼m(_ _)m
↓で、射撃線と書くところを間違って書いてしまっていますね。 訂正&お詫びまで。

本当にマナーの悪い人は猟友会に限らずいますね。 きちんと注意してくれる人がいるのは嬉しい事です。 更に・・・10mでの標的を見てですが、銃を持たせるのにもう少し教習というか練習をして頂きたいと痛感しています。 10mで黒丸の中に入らないような人が銃を持ち、とっさに出てきた動物が撃てるのでしょうか? 10mの射場でも標的以外の後ろの壁に弾がたくさんささっていますが、本当に怖いことだと思っています。 その中で射場射場線より前に出るなど、言語道断です!

大変でしたね、できれば名前を聞いて千葉猟友会の恥さらしとして晒してやらばよかったのに(笑)
全く最低ですね、こう言う大馬鹿が多いのが千葉にかぎらず老友会の特徴です。

ニアミスしてましたね、僕一番奥でスキートしてました。
ライフル射場がいつになく車だらけだったので近づくのを止めたしだいです、正解だったみたいですね。

この手のオッサンはハンターに限らず結構居ますなangry
まっ、切れずに耐えて良かったね。happy01

普通の素人考えでも当たり前のことですが・・・銃をお持ちのかたがたは所持資格の認定が難しいのでしょうになぜに・・・・「俺が年上だ・・・」ですかね~
ルールは守って欲しいものです

スタMasaさん、おはようございます。
すぐ吼える躾のなっていない猟犬pigには困ったものですね。
アメリカでも安全に問題が生じるような事が頻繁に起こるので、小生はもうかなり以前から公共の射撃場には全く出入りしないことにしています。ター○ットワールドでは死傷者が出たことがあるそうですから。クラブ所有のインドアレンジにおいてさえ規則を守らないメンバーがたくさん存在して、先日は新しい会員の一団が、禁止されているジャケットつき弾頭の9ミリ弾や、果ては高速の22マグナムを、目と鼻の先に標的を止めて乱射していました。標的は50フィート先の的枠にはめて撃つのが規則で、途中で止めて撃ってはならないことになっているのを百も承知でしているのです。
対策としては、個人的には対応せず(何しろ武器を持っていますのでshock)証拠の空薬きょうを確保し、名前が分かれば名前を書きとめてクラブ代表に連絡します。小生のクラブは規則が厳しいので、一回違反をすると警告、二回目で脱会となります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122911/40746464

この記事へのトラックバック一覧です: 猟友会、最低!!!(怒”:笠間AR射場:

« 7月、盛夏の射撃:真壁50m射場 | トップページ | 夏の銃砲検査 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック