« 6月、適温か・・・:真壁50m射場 | トップページ | 猟友会、最低!!!(怒”:笠間AR射場 »

2011年7月 1日 (金)

7月、盛夏の射撃:真壁50m射場

2011年も半ばを過ぎた。7月、真夏である。

仕事休みの金曜日、SB持って、真壁へ向かう。

P

↑ SB、アンシュッツM1407アルミストック仕様。

Ondokei

↑ 午前10時30分、29.5℃あたりを示す射場の温度計。

先客はお一人。 クラブチーム「かめむし」の重鎮OB氏。2的に入ってプローンを練習しておられた。

Ammo

↑ 使用実包は、エレースポーツ。練習弾。

3姿勢の練習。 最初の姿勢はP(プローン=伏射)。 フロントリング(照星)の径は4.0mm、リアサイトのピープ径は1.1mm。

Fリング径4.0mm・・・・・普通の射手は大きい、と思うであろう。 スタMasaも嘗ては、リング径3.4mmでPを撃っていた。   しかし、ここ10年程、老眼が進んだ。Fリング径も大きくしないと標的が捉えられなくなったnewmoon

この日のPは、まるで当たらなかったpig 10点圏はおろか、9点圏にも嫌われ8点圏に落ち着いていたdown

S

次の姿勢はS(スタンディング=立射)。 ここ半月ほど、大きな仕事が入り、休日出勤が続いた。そのため、基礎体力訓練はもとより、射撃練習も出来なかった。Pの当りの悪さに続き、Sも相当ひどいだろうと・・・・・ と思っていたら、意外に据銃が安定していた。

標的の白い部分にはみ出すこともなく、概ね8点圏に落ち着いてくれた。

K

最後の姿勢K(ニーリング=膝射)。 ポジション射撃の中で最も厄介な姿勢。

10点に嫌われるも、なんとか8点圏に収まるcoldsweats02

午後2時過ぎ、練習を終える。気温は少し上がり30℃を少し超えたようだ。

熱中症に罹らないうちに、道具を片付け、引き上げた。

« 6月、適温か・・・:真壁50m射場 | トップページ | 猟友会、最低!!!(怒”:笠間AR射場 »

コメント

◎G会長様

コメントありがとうございます。会長の無事が確認でき安心しましたhappy01

◎naoちゃん

お忙しいことと存じます。 夏ばてしないように、健康管理してくださいね。
当方、来週の始めに真壁で練習の予定、7月中旬にクラブ対抗戦に向かいます。

あれれ?
「6月なのに寒い・・・・・」
「6月だから・・暖かい?」
「6月、適温か・・・」
に続く「6月は蒸し暑くて死にそう!」とかなんとかの記事を期待していたんですがネ (笑)

余分な言葉を省いた、相変わらずの淡々とした射撃ルポブログ!!。
あたしゃスキですぜ。。。  ゥッフン

ご無沙汰しております!
最近、更新されてないから心配しましたよ。
忙しいのに、熱心に練習されている様子、楽しみに拝見させていただいております。
来週末、1週間くらい帰省するので真壁に行きたいと思います。
休日、練習に行く予定があれば誘って下さい!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122911/40630601

この記事へのトラックバック一覧です: 7月、盛夏の射撃:真壁50m射場:

« 6月、適温か・・・:真壁50m射場 | トップページ | 猟友会、最低!!!(怒”:笠間AR射場 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック