« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月29日 (金)

大型連休初日トラップ:高萩射場

ゴールデンウィーク、大型連休である。 スタMasaの仕事にGWは関係ない。

GW初日の金曜日の朝、スタMasaの妻子は実家に向かった。 

スタMasaはトラップガン、SKB5700を持って高萩射撃場に向かった。

Img_5382

良く晴れた休日。

Syamen

Housenai

先客は、常連の先輩方。 YG氏、W氏、真昼のガンマン氏がすでに数ラウンド撃っていた。

Houselack

3R撃った。 トラップの感覚、忘れている・・・・・

とにかく中らず、であったpig

Score

2011年4月26日 (火)

晴天、震災以来の真壁

晴天の火曜日、SB持って真壁=茨城県営ライフル射撃場に向かった。

東日本大震災以来、初めて50m射場に入る。

Syamen1

P

先客無し。スタMasa単独、貸切状態となる。

Syazamae

Ondo

午前11時、気温17度位か・・・射撃には良い気候となった。

Syazayoko

Syamenyoko1

Ammo

↑ 実包はエレースポート。エレーで最も安価な練習弾。

S

Img_5366_2

得物はアンシュッツM1407アルミストック。

K_2 

Pを撃っていた時、腹部に感じる地響き・・・・余震であるxmas 

S・・・・スタミナ不足を感じる。これでは夏場、もたないなぁ・・・・bearing

射場に居た4時間の間に、余震は3回位感じた。 余震・・あまり気持ちの良いものではないcat

2011年4月23日 (土)

雨、トラップ:高萩射場

東日本大震災以来、2回目の射撃。

前回は2週間前。 フリーライフルの撃ち方は何とか覚えていたみたいだが、トラップの撃ち方は、すっかり忘れていたdown 2R撃って、9枚と12枚......ちょっとショックpig

雨模様の土曜日、午前中は所用を済ます。

午後、トラップガン、SKB5700を持って、高萩射撃場に向かう。

Gun

雨風やや強いtyphoon 

常連のAK氏が入っていた。

Syamen1

Syamen2

雨で曇り....午後の西日が射さないので、バックストップは見やすい。

Syadai

Syadaihibiware

↑ 4番射台。2011年3月11日の東日本大震災により、射台のコンクリートが破壊された。だが、トラップ撃つ分には特に支障を感じない。

1R目、単独射撃。やはり、撃ち方を忘れているsweat01 この際、基礎からやり直すか・・・とも考え、正面に対して右斜め45度、脚幅は狭く、銃を支える両腕の八の字を意識して、体の重心を左脚に掛ける....   3枚目から従来のライフル立ちに戻したapple

6枚目から10枚目まで5枚続けて抜いて、15点bleah どこをどう撃って良いのか分からず、である。

Img_5341_2

↑ この意味が分からなかった。AK氏に尋ねると・・・粗大ごみを持ち込み、射場の端に捨てる人がいるとか。不法投棄であるthunder 

一息ついた後、2R目。AK氏と御一緒させていただく。

1R目と違い、妙に中るようになった。11枚目までノーミス。以降ポロポロ抜いたが、上がってみると21点annoy 

ベテランのAK氏に引っ張ってもらった、という感じであった。

Ammo

2Rで終了し、装弾を購入して山を降りた。 購入品はケメンの24g、7.5号。500個で16,000円。 銃身を汚さない良い弾だと思う。

Score

2011年4月22日 (金)

おしらせ

当ブログの本家sign02 ホームページ「スターチス」は、都合により閉鎖しました。

度重なる銃刀法の改正や、一部の人にとってプライバシーの侵害とかのクレームもあったので、この際Webページを消滅させた。

2011年4月13日 (水)

真壁開場

茨城県営ライフル射撃場、通称真壁。 東日本大震災により、閉鎖となっていたが、一か月ぶりに開場された。

ただし、開放されたのは、50mSB射場。10mAR射場にあっては、茨城県の強化選手のみ使用を認める(茨城県保健体育課)とのこと。 意味わからんpig

2011年4月 8日 (金)

南風強し:笠間射場

良く晴れた金曜日の朝、だが風が強い。雲の流れが早いcloud

東日本大震災以来、ほぼ一か月ぶりの鉄砲撃ち。

まずは基本射撃のエアライフル立射か....と思ったが、南風が強くて笠間=茨城県狩猟者研修センターの10m射場では、まともな射撃が出来ない。

笠間のAR射場が不適なら、茨城県県営真壁射撃場へ行けばよろしい....はずなのだが、そうも行かない。 真壁射場は節電のため、閉鎖中なのだ。

同じ茨城県の射撃場なのに、笠間は営業しており真壁は閉鎖・・・・何か変である。

強風につき、大口径ライフルを持っていくことにした。

Syaza3

Syaza2

Syaza1

午前10時、射場に入る。千葉県のハンターさんが一人、1的に入っていたが、スタMasaが準備中にハンターさんは射撃を終了した。

Pset

この日の得物はフリーライフル。 シーレンDGA。口径.308Win.

Sset

実包はリロード弾。 弾頭シェラの155gr.HPBT(ホローポイント・ボートテール)、薬莢ノルマ、雷管CCI、火薬IMR4895を44.0gr.初速2700fps見当。

Kset

外は強風であるが、射距離100mで.308Win.を撃つ分には、風の影響は感じられない。

P

↑ P(伏射=プローン、略称P)の結果。一か月ぶりの練習にしては上出来note

S

↑ S(立射=スタンディング。略称S)   フロントサイト(照星)のリング径は4.0mm、リアサイトはアンシュッツのインターナショナル・サイト、ピープ径は固定アイピースの1.1mm。

Pの時には、それほどでもなかったが、Sではフロントリングが妙に歪み、黒点が見えなくなること多々あり・・・・

K

↑ K(膝射=ニーリング、略称K)  Sは足元の不安定さが、照準に影響しているのだろうかsign02   Kの姿勢を執った時、Sの時より、見出しは良くなった・・・

フリーライフル3姿勢を練習した後、後片付け・・・・時計を見ると午後3時。  今の季節、笠間射場の開場時間は午前8時40分から午後5時。  時間に余裕ありhappy01

受付でトラップを申し込む。 トラップ射場A、B面とも人の気配無し。

B面に入った。

Men

ライフルの撃ち方は覚えていたが・・・・・・トラップの撃ち方は完全に忘れていたみたいであったdown  

Photo

SKB5700トラップガン、口径は12番。 この日使った装弾はケメンの7.5号24g。

Score

1R目 9点

2R目 12点

公式セットではない。ごく普通の緩いクレーだ。 しかし、中らない。強風がクレーを翻弄していたが、それが原因ではない。 撃ち方を忘れている・・・・impact

2011年4月 5日 (火)

復興に向けて

東日本大震災から25日、そろそろ一か月。

復興に向け、動き始めている。

JR常磐線が上野ー勝田間、一部復旧した。

Bedesu1

水戸駅のもよう。

Bedesu2

Ekibiru

駅ビル「エクセル」も一部再開。

Kaidan

Kaisatu

改札も開いた。

Koukoku

Midori

↑ みどりの窓口も再開したが、常磐線特急は未だ運行せず。

Tuuro

水戸駅北口と南口を結ぶ自由通路。

2011年4月 1日 (金)

真壁閉鎖

真壁=茨城県営ライフル射撃場。 2011年3月11日発生の東日本大震災(平成23年東北地方太平洋沖地震)の影響により、閉鎖中。 閉鎖を命じたのは、茨城県。閉鎖の理由は「節電」だとか・・・・

真壁射場は50mバッフル式と10m覆道式が設定されている。使える銃種は、.22口径リムファイア式ライフル、及び同口径同形式ピストル、口径4.5mm以下のエアライフル。

基本的な開場時間は、日の出から日の入り。電力消費量は決して大きいものではない。

真壁射場、県営である以上、お上の命令に従うほかはない。

射場閉鎖はいつまで続くのか・・・・・未定である。

SB練習は、千葉(千葉市若葉区、総合スポーツセンター射撃場)に行くことを考えておかなければならないかもしれないcat

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック