« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月25日 (金)

春の暖かさ:真壁でSB練習

春4月の暖かさの金曜日。

SB持って真壁=茨城県営ライフル射撃場に向かう。

S1

先客お二人様。栃木県ラ所属でスターチスの一員であるK.yuさんと、茨城県ラのSB射手Y田さんであった。

3的K.yuさん   22的スタMasa   24的Y田さん

で、それぞれ練習に入る。

Ammo

今回持ち込んだSB弾。エレーチームとエレースポート。

Ondo

昼の気温、20度近くあった。暖かい。射撃にはちょうど良い気温だ。

Img_4779

P

Img_4780

S2

Img_4787

K

Pで50発、Sで70発、Kで30発ほど撃つ。   フロントサイトのリング径は3姿勢とも4.0mm

リアサイトのピープ径は3姿勢とも1.1mm。 各姿勢ともサイトの見出しは良好であった。当たる当たらないは別の話happy02

夏に向けて、基礎体力を養わなければ.....と思う今日この頃である。

2011年2月19日 (土)

山猫練習会

大口径ライフルの練習会「山猫練習会」。不定期に行われる。 主宰は、埼玉県身体障害者ライフル射撃連盟のHITさん。

HITさんからお誘いを受けたので、参加させていただいた。

良く晴れた土曜日の朝、Rem700Pmd(レミントンM700ポリスもどき)を持って、埼玉県長瀞総合射撃場に向かった。 山猫練習会は昨年12月以来だ。

700_sako

↑写真手前、スタMasaのRem700Pmd。

Hit

↑ HITさん。車椅子の射手。AR、SB、BB、ベンチレストとライフル種目全般をこなす。今   回HITさんの得物は、ストールパンダ、口径6mmPPC。

Kor1

↑ ハンターでもあるケロロ空曹さん。得物はウナートルのスコープを載せたRem700。

Un1

Un2

Un3

Kor2

ケロロ空曹さん、今回はホーワ・カービンも持参した。

Cabs1_2 

Cabcase

.30カービンの射程は短い。ケロロ空曹さんはホーワカービンを100mで撃っていた。

Cabs2

山猫練習会は午前中で終了。参加者は6名。審査室で昼食会。そのころ、B.Jユストさんが来場。B.Jユストさん、今回は射撃せず、昼食会のみ参加restaurant

解散後、後片付けをして帰還したrvcar

2011年2月12日 (土)

雪中トラップ

土曜日の朝、前日から降り続いた雪は止みかけていた。

夜勤明けのスタMasa、トラップガンSKB5700を持って、茨城県の北、高萩射撃場に向かう。

Gun

射面には雪が積もっていた。

Yuki1

Yuki2

Yuki3

先客は無い。  1R目は単独トラップであった。

Yuki4

空が曇っており、バックストップに眩しさはなかったので、裸眼で撃った。

意外に雪が邪魔・・・・オレンジ色のクレーの放出がよく見えないsweat01

House

ランチタイムriceball  

Keiji1

クラブハウス内の掲示物一覧。

Keiji2

Keiji3

Keiji5

Keiji6

Keiji7

Keiji8

Keiji9

Keiji10

クラブハウスで、場長のO氏とランチタイム中、常連のM川さんが来場。

2R目、M川さんとご一緒させていただく。

Gun2

↑ M川さんの銃は、ベネリM1スーパー90、20番径。

Glass

2R目、スタMasaはグレーのシューティング・グラスを掛けた。 クレーが見えるようになった。見えるようになったから中る、とういうものでもない。

2R目を撃ち終えたころ、ハンターのY氏が来場。 3R目、三人で射団を組む。

なんと、雪が舞い始めた。雪の中でのトラップ射撃となったsnow

寒さと疲れが、体のキレを妨げる・・・・・  危うく一桁のスコアになりそうであった。

Score

Img_4723_2 

↑ 冬のトラップ装備。 シャルムのシューティング・ジャケット+シューティング・パンツ。

2011年2月10日 (木)

市販の弾

茨城県狩猟者研修センター に行く。得物はフリーライフル、シーレンDGA。

Img_4703

手持ちの火薬が少なくなってきた。 来月、県ラの大口径ライフル普及大会、フリーライフル伏射にエントリーすることを考えている。

市販の工場装弾を使ってみる。

Img_4697

↑ .308Win.、ノルマのジャケット・マッチ、弾頭150gr.FMJ。   スターチスの波平選手は、この弾をレミントンM700に使い、300mで9割5分以上の点数を出す。 

スタMasaは、来月の普及大会に、この弾を使ってみようかと考えた。

Img_4701 

結果は・・・・・スタ波平選手は、技量が優れている、ということだ。 スタMasaの技量では、この弾は使いこなせない。    来月の始め、火薬類の申請をする予定。 やはり試合にはリロード弾を使うことにする。

2011年2月 7日 (月)

疲労と強風

仕事休みの月曜日、基本射撃エアライフル立射練習・・・・のはずであった。その予定が崩れた。  日曜日の夜、職場でアクシデント発生、急遽出勤。

月曜日未明に帰宅。

昼近く、妻の自動車を馴染みの整備工場に持って行く。車検入庫。

帰宅すると、長い春休みに入った一人娘が外から帰宅。娘とファミレスで昼食restaurant

午後1時過ぎ・・・・エアライフルを撃つには、体に疲れが残っている。かと言って時間が勿体無い気がする。

トラップガンを持って、高萩射撃場に向かうことにした。

常磐高速道を北に向かう。80km制限の区域が多い。強風の影響。

午後2時過ぎ、射場着。 先客無し。

Img_4690

クラブハウス内のもよう

Img_4691

良く晴れていたが、風が強かった。

1R目。裸眼で撃つ。 風に翻弄されるクレー・・・・ 体の疲労は、振りのキレを妨げる。それ以前に技量未熟であるが・・happy02

Img_4692

スタMasaの得物、SKB5700。国産のトラップガン。12番径。

Img_4693

高萩射撃場の射面。トラップとスキート兼用。

Img_4694

Img_4695

↑ クラブハウス内に置かれてある薪ストーブ。

Img_4696

2R目、黒色のシューティング・グラスを掛ける。 

3R目、オレンジ色のシューティング・グラスを掛けた。

Img2011020701

疲れている時は素直に休むのが良い、ということみたいだ。

2011年2月 4日 (金)

西日が眩しい

高萩射撃場

 茨城県高萩市秋山2918番地

  telephone 0293-24-1162

冬場、クレー放出機が凍りつくため、射場閉鎖約1か月の冬休みをとる。

2月4日、高萩射場の冬休みが明けた。

立春の金曜日、良く晴れていた。 仕事休み日につき、トラップガン、SKB5700を持って高萩に向かった。   午後、射場着。

Img_4681

先客はベテランの方3名。 そのうち2名の方とラウンドさせていただく。

久しぶりのトラップ。西日がバックストップの赤土を眩しく染める。

1R目、シンシナティの誠さんから頂戴したシューティング・グラスを掛ける。オレンジ色のクレーを見失うことはなかった。

Img_4683

高萩射場の会員登録は年会費1万円。特典は↑のとおり。

Img_4684

現在、高萩射場で販売している装弾は、ケメンとWin.インターナショナル。スタMasaの好みはケメンの24g、7.5号。汚れない装弾だ。

Img_4687

2R目、単独射撃。 オレンジ色のシューティング・グラスを使う。クレーが良く見えた。

しかし、ストレートが中らない感じがする・・・・

そこで3R目は、ストレートの拾い撃ちを行なった。 振り遅れているのか、振り出しが早いのか、分からない・・・とにかく中らず   8枚しか落とせなかった。将来受けるであろう技能講習の実射はストレートのみだとか。 教習射撃の検定と同じく25枚中2枚以上命中で合格なので、8枚砕けば合格であるが・・・ちょっと自信が揺らいでいるshock

陽が陰り始めたころ、4R目は裸眼で撃った。見えていると思ったクレー、バックストップに溶け込むこと多数。   見えないまま失中を重ねたbleah

Img

4R中、20枚オーバーが一つあったので、良しとした。

2011年2月 1日 (火)

毎月一日は映画の日

毎月一日は映画の日、ということらしい。通常大人1,800円の鑑賞料が1,000円である。

2月1日、仕事休み、SB(スモールボア・ライフル)の練習に行くつもりでいた。

前日の仕事上がりの際、デスクから火曜日の休日出勤を命じられる。業務上の事故発生、対策を講じる臨時の会議、ということである。

予定に狂いが生じたbomb  午前中一杯かかるだろうと予想した会議は、1時間程度で終わった。 その気になればSB練習に行けたかもしれないが・・・・・ 気持ちが萎えていた。

映画の前売り券を1枚持っていた。ドンパチ・アクションの「RED」。前売り券1,300円であった。 ふと思った。今日は一日、ということは映画の日、1,000円デーslate

1,000円の日に1,300円のチケットを使うのは、損する感じがする。

「RED」は後日鑑賞することにする。

シネプレックス水戸に行く。 専用駐車場は、映画鑑賞で3時間半無料だ。

上映時間を見て、観る映画を決める。 1本目は・・・・

Img_0001

スーパー戦隊シリーズ「ゴセイジャーvsシンケンジャー」。子ども達の冬休みと春休みの狭間のこの時期、観客はスタMasa一人。

シンケンジャーが倒したはずの外道衆が再び地上に現れた。遭遇したゴセイレッドの危機を救ったのはシンケンレッド。 勢ぞろいしたゴセイジャーとシンケンジャー、はじめのうちは対立するが、やがて幽魔獣と結託した外道衆を倒すべく協力する・・・・という、お約束のストーリー。

幼稚園生にも分かる単純なストーリーであるが(対象が幼稚園児か・・・)、ことのほか面白いcarouselpony  活劇シーン、基本は時代劇の殺陣だ。

突っ走って1時間、最後はこれもお約束の巨大合体ロボである。 無駄の無い脚本とスピーディーな展開、満足の60分であった。

映画はしご。 2本目は・・・

Img

「GANTZ」 これもスーパー戦隊みたいなものだ。 だがこちらは大人向けで上映時間も2時間と長い。  ガンツスーツに身を包み、星人と戦う・・・・やはり戦隊シリーズと変わりはない。 それなりに面白いのだが・・・・ゴセイジャーvsシンケンジャーが良すぎたため、GANTZは、やや見劣りか・・・・。

帰宅途中、この日発売のディアゴスティーニの東宝特撮シリーズDVD本「ゴジラvsスペースゴジラ」を購入。  ちょっと散財した休日であったcoldsweats02

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック