« どこかズレてる...... | トップページ | 秋晴れなれど、富士山見えず・・・ »

2010年11月12日 (金)

猟期直前

11月15日狩猟解禁(本州)。 狩猟準備のためハンターが多数射撃場に押し寄せる時期、のように思うが......

11月12日昼前、スタMasaはフリーライフル、シーレンDGA(.308Win.)を持って、笠間=茨城県狩猟者研修センター大口径ライフル射場に向かった。

Img_3888

先客2名様。混雑で、すぐに射場に入れないかもしれないと思っていたが、意外なことに射場はがら空きだった。

Img_3893

真ん中の3的に入る。

実包はリロード弾。 弾頭シェラ155HPBT、薬莢ノルマ、火薬IMR4895を44gr.初速2700fps見当、雷管CCI。

Img_3895

Img_3896

いつものように3姿勢を練習。

Img_3897

射距離は100m。

Img_3898

Img_3899

Img_3900

S(スタンディング=立射)、チークピースの高さを少し上げる。セーム皮を3枚貼る。反動で唇を切らないためのセッティングを確認する。

Img_3901_2

大口径射場、混雑を予想し、ハンティング・エアライフル、シャープ・エースハンターも持参した。

Img_3902

大口径射場で後片付けを終え、受付で清算したのが午後2時半。この時期、笠間の閉場時刻は午後4時。  10m射場に入る。 

Img_3903

Img_3904

エースハンターを立射で撃つ。

Img_3907

スコープはハッコーの3-9×。

Img_3910

弾はRWSR-10、4.49mm、0.53g。 10m先の紙標的を撃つ分には、ポンプ2回で十分である。

Img_3906

Img_3911

射撃コート、ズボン、靴を着けず、普通のダンガリーシャツにワークパンツ、スニーカーで撃つ。 銃のコントロール、ひどく難しい..... 黒点に入らずcat

 

« どこかズレてる...... | トップページ | 秋晴れなれど、富士山見えず・・・ »

コメント

池袋様、スタMasa様
表彰対象の件、良く判りました。
栃ラ会員は脱藩浪士ならぬ、御取り潰しに成った藩の浪人のようなもの。
県内に日ラ公認の射撃場を持たない悲哀を噛み締めている訳で、近県に出稼ぎに出るしかありません。
その辺のご事情をご高察の上、茨城県ラには広く門戸を開いて浪人の受け入れをお願いいたします。
茨城県ラの会費は納めて居りませんが、大会収入には、何がしか貢献していると考えて居ります。
マスターズの大会のように、非会員割増2千円などと云う事態に至らないことを願っております。

茨城県ラの大会について、今回、県外選手の順位付けがなかった理由はスタMasaさんのご説明の通りです。

現在、県ラの会員には
 日ラ+茨城県ラ会員
 茨城県ラのみ会員
 猟友会からの県ラのみ会員
があって、それぞれ会費をお支払いいただいています。
大口径の大会ではハンターも多いことから、県ラのみの会員になっていただいている方も少なくありません。

どの方の参加を認めて、また、表彰の対象にするかは、以前から役員や選手のあいだで繰り返し話題になっていて、いろいろな意見が出てきました。

大口径担当の下河辺理事の強い指導力もあり、
現在、
少なくても普及大会では、どの方の参加も歓迎していますし、可能な限り、公式の県ラ用紙で参加者全員を表彰するスタンスです。

「どなたでも参加」については役員会での合意もありますが、「表彰・順位付け」については、普及大会に対してでも反対意見があるのが現状です。
確かに、会費を納めている方からすれば、区別がないのなら会費納入へのインセンテブが薄れるでしょう。ですが、*普及*大会であることを根拠に、これまで、(表彰するなら)全員表彰をしてきました。

県ラには普及大会以外に6月の県民総体、11月の県選手権大会がありますが、これらは小口径やエアーの試合も含めたライフル射撃競技全体の行事で、参加者の条件も別に定められています。大口径の試合だけが異なる条件で運営するのは整合性に欠けると考えます。(とは言いながらも、目をぬすんで全員表彰してきましたが...)

今回、「表彰・順位付け」はしませんでしたが、「成績表ではオープン参加として番外に列挙するか、そもそも記載しない」というありがちな対応と比べて、係の苦悩をご理解いただければ幸いです。

県ラの大口径の大会は良くも悪くもいい加減です。表彰もそうですし、参加申し込みも実にいい加減です。
成績集計係でさえ当日朝に来てみて、実際に始まってみないと、どの種目に何人参加がわからないんです。当日朝の射座割のごたごたをご存じの方はあきれていることでしょう。

ですが、このスタイルが

 「申し込まなくても、朝行けば参加できる」
 「気が変わったので、こっちの種目に変える」
 「この種目も出ることにする」

という気安さを生み、競技普及に役立っていると思うのです。はじめは普及大会のみのスタイルでしたが、そのうち、他の大口径の大会も同じスタイルになっていまいました。

今回の問題提起への、成績集計係としての私見は上述の通りです。
県ラ執行部のスタンスとしては、「継続して試合に出場するなら、県ラのみの会員になってほしい。」ということだと思います。

これまでも、大会運営の赤字が大きいとか、きっちり運営すべきとかいろいろ言われて、その都度、改善を図ってきました。
大口径の大会については、皆さんの意見が運営のスタイルを決めていきます。ぜひ色々なご意見をお聞かせいただければ幸いです。

長文失礼しました。
--
大口径担当理事の弟子のひとり 池袋賢一(成績集計係)

◎栃ラ・日ラ会員、ティー・マ 様

茨ラの役員理事職にない小生が申し上げることではないかもしれませんが...
11月7日の試合は、普及大会ではありません。
茨城県ライフル射撃選手権大会大口径ライフルの部でした。 ローカル・マッチで唯一、日本記録公認対象試合です。県選手権なので、表彰の対象は茨城県ラ会員となります。  当該大会が普及大会ではない、ということ御理解くださいますよう御願い申し上げます。

案件:茨城県大口径普及大会について、
今年の夏の大会まで、栃ラの選手にも順位が付いていましたが、11月7日の大会では除外されている。この日、私は通夜が在ったため表彰式まで残って居られませんでした。
今日、茨城ライフル協会のページを見ました。
国体予選などでしたら、除外されることは理解しますが、普及大会でしたら順位に加えて下さっても宜しいのではないでしょうか。
これも一種のアンダーマイニング効果。モチベーションが下がります。

◎誠さん

確かにポジション銃は、立射ではヒップレスト向きに作られていますねevent
今回のシャープ・エースハンター、ヒップレスト姿勢では
据銃し辛いです。
今度、オフハンドで撃ってみます。

◎ムーミンパパさん
ポジション射撃では、コートなどの装備が,如何に重要か、ということですねbleah

先日ミシガンの妻の実家を訪れた際、義理の父所有のレミントン22オートライフルをポジション射撃の立射風に構えてみましたが、首の長い小生は普通に銃を持ったのではサイトが全然見えませんでした。やっぱりもともと完全なオフハンドで持つように出来ているようです。

私もARで
コート類無しで立射したら
黒点に入りませんでした…(ToT)
それ以来伏射専門です(笑)

◎まめと先輩

要するに、小生が下手射手、ということですdelicious

射撃コート、ズボン、靴を着けず、普通のダンガリーシャツにワークパンツ、スニーカーで撃つ。 銃のコントロール、ひどく難しい..・・・

何もなければ素人にはかえって楽に感じますがsign02.. 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122911/37640011

この記事へのトラックバック一覧です: 猟期直前:

« どこかズレてる...... | トップページ | 秋晴れなれど、富士山見えず・・・ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック