« ポイント交換:高萩射撃場 | トップページ | 同窓会 »

2010年10月25日 (月)

100mライフルとトラップ:笠間射場

小雨模様の月曜日、仕事休み。

レミントンM700Pmd(ポリスもどき)とSKB5700を持って笠間=茨城県狩猟者研修センターに向かった。

Img_3742

Img_3758

大口径射場には既に2名の射手が入っていた。 そのうちの一人は、馴染みのK内さん。県ラのポジション射手である。

Img_3740

K内さんの得物は、スタイヤーSSG、口径.308Win.。

Img_3746

スコープは、タスコの4-12倍。

スタMasa、真ん中の3的に入る。

Img_3749

Img_3757

装備は、マークスマンの旧型コートと同ズボン。

Img_3752

Img_3753

Img_3755

射撃終了後、バレル・クリーニング等後片付けと、コンビニで仕入れた惣菜パンで昼食を摂る。

大口径射場を出た時、15時10分。 この時期、笠間射場の開場時間は8時40分~17時まで。 余裕あり。  受付でトラップ射撃を申し込む。

Img_3759

トラップB面に入る。スタMasa単独射撃。 

Img_3760

Img_3762

Img_3763

ここのトラップ射場は、バックストップにグリーン色のネットが張ってあり、クレーが見やすく撃ち易い。 しかし、どうも相性が良くない。

3R撃ったが.....  14-14-10  どこをどう撃ってよいのか分からないトラップであったcat

Img_3769         

« ポイント交換:高萩射撃場 | トップページ | 同窓会 »

コメント

◎CASさん

そのとおり、クレー撃った後、ライフル撃つと、トリガーコントロールが滅茶苦茶になるのは必定。

◎ムーミンパパさん

いえいえ、小生、体力不足ですpig
射撃実射練習の前に、ホントは基礎体力を作るべきなのでしょうが....

大口径の後のトラップは、リハビリ射撃みたいなものですhospital
嘗て長瀞でクレー射場が営業していたころ、
散弾銃も所持していた先輩方は、300m撃った後、
クレー射撃を2、3R撃って帰った、ということを聞いたことがありましたrun

クレー射撃のあと大口径に行くと、勢い良く引き金引いてしまいそうで怖いねcoldsweats01

いやぁcoldsweats01
大口径三姿勢やって
それからトラップ3ラウンドですか…
やった事ないけど
多分私では出来ないでしょうね…
エア60+試射でヘトヘト
ですから…sad
スゴい体力ですね…think

◎暴老さん

笠間のトラップ射場、実際撃ち易いですdelicious
この際、暴老さんもクレー復帰されませんかnotes

笠間は行ったことがありませんが、写真で見る限りでは撃ち易そうですね(トラップ)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122911/37390623

この記事へのトラックバック一覧です: 100mライフルとトラップ:笠間射場:

« ポイント交換:高萩射撃場 | トップページ | 同窓会 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック