« 気温32度、汗だく射撃:AR立射 | トップページ | 彼岸の中日、夏日 »

2010年9月18日 (土)

気温28度、まだ暑い:笠間フリーライフル編

9月3回目の土曜日、気温28度。 ひところの猛暑に比べれば、涼しくなったが、湿度高めで蒸し暑い。

昼前、笠間=茨城県狩猟者研修センターに向かう。 得物はシーレンDGA。

Img_3340

この施設では、受付時、標的を2枚提供してくれる。だが、この日、100m用標的は品切れとのこと。   あらかじめ100m用標的2枚は持ち込んでいたが、ちょっと足りない...。治痕紙を使うか...と考えながら射場に入る。

Img_3341

4的が空いていたので入る。隣の5的には、馴染みのT葉県のハンター、YSDさんが.30-06のテッィカを撃っていた。  YSDさん、100m用標的を余分に持っているとのことで、スタMasaに同標的2枚を進呈してくれた。 ありがたいことである。

Img_3351

スタMasaの装備::: 実包はシェラ155HPBT弾頭+火薬IMR4859を44gr.、2700fps見当、雷管CCI、薬莢はノルマのハンドロード。   コート、ズボン、グローブ、靴はザウアー。 スリングはアカーロジックベルト。いつもの装備である。

Img_3354

Img_3355

Img_3357

Img_3358

2的ではYSDさんのお友だちのK口さんが、.300WSMと7mmマグナムを撃っていた。

インターバル時、YSDさん、K口さんと歓談。

撃ち終えて、バレルクリーニング及び後片付け....時刻16時25分。

9月の開場時間は8時40から17時。 トラップを撃つつもりであったが、タイムアウトclock

トラップを断念して帰途に着いたrvcar 

« 気温32度、汗だく射撃:AR立射 | トップページ | 彼岸の中日、夏日 »

コメント

◎ネコアシさん

その昔、「ピストル」という表記はイメージがよろしくない、ということで「SAR」という種目表記がありましたね。スモール・エア・ライフル.....何のこっちゃ?と思ったら、空気けん銃=エア・ピストルのことでした。   小生、所持許可を得た時はAPで、それから数年間SARとなって、得物を手離すころ、またAPに表記が戻りました。

JSSFですか.......ちょっと前ですが、行きつけのクレー射場で、日クレ会員の人が「日クレと日ラが合同して日本射撃協会が設立されることになった。」と言っていました。  そんな馬鹿な....と一笑に付しておりましたが....もしそういう事態になれば、日ラは日クレの内紛に巻き込まれることになります。というか、日クレが内紛をごまかすため、意図的に日ラを巻き込もうとしているのでは?とちょっと心配になります。

こんにちは。日ラがまた「トンでも案」を出してきました。日ラの英語表記はNRAJですが、悪名高き(?)全米ライフル協会の日本版と誤解されないように、射撃を統括している国際競技団体ISSFに習い、
JSSFに名称変更しよう、というものです。
 問題は日本語名で、「日本スポーツ射撃連盟」では、射撃は射殺など、悪いイメージを連想させるから、「日本スポーツシューティング連盟」にするそうです。
以下は私の勝手な妄想です。

2012年のある日・・・
「はじめまして、代表の○○です。 当施設をそちらの団体の広報普及活動に、使用したいと伺いました。」
「こちらこそ、宜しくお願いします。」
「ところで、この名刺にあります、スポーツシューティングとは、新しいスポーツですか?」
「いえ、百年以上前からあります。 オリンピックでは、陸上、水泳についで参加国が多いです。」
「へー、メジャーなのですねー。」
「はい、的を狙って当てるという単純な・・・」
「では、吹き矢の事ですか?}
「いえ、もっと近代的な道具を使います。」
「では、アーチェリーかボウガンですか?」
「いえ、銃を使います。」
「それは射撃というのではありませんか。」
「はい。」
「では、新しいスタイルの射撃の事ですね。」
「いえ、やっている事は全く同じです。日本ライフル射撃協会を名称変更しました。」
「名称変更するなんて、オタクの団体ではクレー協会みたいに内紛騒ぎでもあったんですか?」
「いえ、イメージが、イメージが・・・」

現場でこうならない事を祈ります。

◎ぱるさん

おはようございますsun
今頃は千葉入りされていますかねairplane
御健闘を祈念いたしますflag

今日の天気予報では、明日で今年の猛暑もやっと終わりとか?
やっと落ち着いて射撃ができる気候になってくれそうです。
私も、10月になったら久しぶりにBB撃ちにいこうっとhappy01

◎誠さん

彼岸だというのに、今日の気温32℃…暑いです。

7㎜マグは日本ではハンタが好む口径です。
現在は.300マグの人気が高いもようですが‥

来年夏、一時帰国ですかcherry 是非お会いしたいですhappy01

7ミリマグナムなんて大砲を日本で所持している方がいらっしゃるんですね。ちょっと驚きました。
小生またまた仕事の依頼がどんどん入り、昨年度と同じ状況になってきました。フルタイムの職が一つ、非常勤が三つ半とすごいことになってしまいましたが、断れない事情がありまして。。。このままでは本当に夏季限定の季節射手になってしまいそうです。
そうそう、来年の夏は一月ほど帰国できるかもしれないんです(まだ本当に初期の予定段階ですが)。正式に決定したらご連絡いたします。REMさんにも久しぶりに会いたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122911/36811469

この記事へのトラックバック一覧です: 気温28度、まだ暑い:笠間フリーライフル編:

« 気温32度、汗だく射撃:AR立射 | トップページ | 彼岸の中日、夏日 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック