« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月23日 (月)

ボルト落とした...(泣”

処暑....暑さが収まり始める時.......暦の上では、そのようだが、実に暑い処暑であった。

スタMasa、真壁=茨城県営ライフル射撃場に向かった。得物はSB、アンシュッツM1407アルミ・ストック。

Img_3271

真壁50m射場の気温、正午時点で35℃。

Img_3268

ボルトアクション・ライフル取り扱いの基本は、射撃時以外、ボルトは銃本体から外しておくこと。

銃に、フロントサイト、リアサイト、バットプレート、ハンドストップを装着し、いよいよボルトをレシーバーに装着しようとした時.....手が滑ったimpact

ボルトは床に落ちた。床は堅いコンクリートであった。

落ちたボルトを拾い、レシーバーに装着する。 Pの姿勢で据銃する。空薬莢を薬室に入れ、照準して空撃ち、フォロースルーを取って、ボルト・ハンドルを引く....この時、異変に気づいた。

排莢されないsign02  空薬莢は薬室に残ったままだ。エキストラクターが薬莢のリムを噛まない。 数回試してみたが、状況は変わらなかった。

撃たずに練習終了crying 急ぎ帰還し、宅配便でボルトを、東京の業者に送ったcarouselpony

銃本体を床に落とさなくて良かった....とも言える。アルミストックは、落とすと簡単に割れるらしい。  いずれにしても、銃の取り扱いは、十分慎重であるべき、という教訓であった。

2010年8月22日 (日)

笠間でフリーライフル

先日、中古のマイクロサイトを購入した。

Img_3265

アンシュッツ・インターナショナル。 一時代前のマイクロサイトだが、傑作と評される製品。今でも人気が高い。

今回購入品はシーレンDGAに載せる。 シーレン用のマイクロサイトは、すでにAns.ITLを3個所有していた。1個は100m用。 他の2個は300m用で1個はP(プローン=伏射)用、1個はS(スタンディング=立射)とK(ニーリング=膝射)兼用。

今回1個追加となったので、これを300mK用に使う予定。

気温やや低め...とは言っても30℃オーバーの金曜日、茨城県狩猟者研修センター大口径射場に入る。 湿度高めで汗ばむ。

射距離100m。

Img_3116

Img_3100

得物はシーレンDGA。

Img_3094

追加購入のAns.ITLサイトを使う。 100mでサイト合わせして、来月、長瀞 に行って300mに修正するつもりである。

Img_3095

実包  弾頭シェラ155gr.HPBT+火薬IMR4895を44gr.初速2700fps見当+雷管フェデラルGM210+薬莢ノルマのリロード弾。

Img_3099

ボルトアクション・ライフルでのサイト合わせは、ボア・サイティングが常道だが、横着者のスタMasaは、まずITLサイトのエレベーションとウィンデージを中間にセットし、その状態でPで撃ってみた。  標的紙に入らず弾着不明の場合は、ボア・サイティングするつもりであったが、一発目、標的紙の下方に着弾した。

Img_3118

紙の中に入れば何とかなる。 P、S、Kの順序で射撃する。サイト合わせは何とかなった。

Img_3119

Img_3120

弾着の乱れは、技量不足による。これは今に始まったことではないので、特に気にすることではない。(ホントは、気にすべきことなのだろうが....)

Img_3096

Img_3098

Img_3107   

この銃の出番は、10月のクラブ対抗戦300m長瀞の陣。 それまで、夏バテを解消しておかねければならないcat

   

 

2010年8月20日 (金)

夏季休暇総括...?

週末から四日間の夏季休暇。

初日、レミントンM700Pmdを持って、茨城県狩猟者研修センター大口径ライフル射場に入る。

Img_3075

スラグ射手のYDさんが、5的で20番スラグを撃っていた。この日のYDさんの得物は、サイガ。

Img_3067

Img_3069

Img_3071

Img_3073

この射場には温度計が無いので、気温は不明だが、軽く30℃は超えていたであろう。

Img_3078

スタMasaの得物、Rem700Pmd、使用弾は弾頭150gr.HPBT、火薬IMR4064を46.1gr、初速2800fps見当、雷管フェデラルGM210、薬莢ラプアのリロード実包。 

Img_3079

Img_3080

Img_3081

休暇二日目の日曜日は、所用あって射撃なし。

休暇三日目は、転勤前の後輩と映画鑑賞。

20100816181353

20100816181648

夏休み期間中なので、小学生以下の子ども客が多いかと思いきや.....朝1回目の上映ということもあるのか、観客の年齢層は高かった。 10代~20台の男のグループ、40代男一人とか....そして、50代スタMasaと20台後輩君.......  ちょっとシュールな雰囲気の劇場内であったslate

休暇最終日の火曜日、SB、Ans.1407を持って、茨城県営ライフル射撃場50m射場に入る。

Img_3091

使用弾はエレースポート。エレーでは最も安い弾だ。

Img_3085

どこぞの大学射撃部が合宿練習をしていた。

Img_3084

昼の気温、34℃......暑い日であった。

暑い日が続いていたので、寝るだけの休暇も考えたが.....できるだけ無理しない程度に体を動かすのが良いのではと考え直し、練習に出るようにした。 水曜日、仕事に復帰  sun       

2010年8月15日 (日)

終戦記念日

終戦記念日である。 

先日、購入した一冊。

20100814183742

大東亜戦争の始まりから終りまで、これまであったモノクロ写真をカラー化した記録写真集である。 鮮烈な画集である。  多くの先人たちの犠牲の上に成り立っている平和の時だからこそ、多くの人に観ていただきたい一冊である。

なお、写真のカラー処理を担当したのは、スタMasaの高校の同窓生でマイミクの一人、mini07氏である。

2010年8月11日 (水)

立秋....か?

立秋を過ぎ、暦の上では「秋」となったcherry

南の地方では、台風4号が吹き荒れているという...typhoon

とても秋とは思えない気温の高い水曜日、夏バテのだるさを覚えつつもスタMasaは練習に行くことにした。 猛暑の中、SBの練習に励む、スターチスの新人ぱるさんの気合に刺激されたからである。

昼前、茨城県営ライフル射撃場、通称真壁に着く。 夏休み期間中なので、どこぞの大学が合宿をしているものと予想していたが...... 50m射場は閑散としていた。

Img_3051

Img_3052

日差しは強く、暑いsun  射場内に設置の温度計をみると...

Img_3049

34℃、暑いはずであるsweat01 

得物はSB(スモールボア・ライフル=リムファイア小口径)のアンシュッツM1407アルミストック。

Img_3054

実包はエレークラブ。 P(プローン=伏射)から始める。 コートとズボンの下に着けたアンダーウエア(上衣ポロシャツ+トレーナー、下衣ジャージパンツ)は、瞬く間に体から噴出す汗を滲ませるsweat02 

50発ほどPを撃ち、S(スタンディング=立射)に移る。 先月下旬の大口径全日本選手権大会で、ハンティング・ライフル3×20を撃った折、立射姿勢が止まらず(というより揺れが小さくならず..)ひどく苦労した。  今回も揺れが止まらず苦しい立射を予想していたが...意外にフロント・リングの中に黒点が納まり、リングの中で黒点が揺れている状態であった。

立射50発ほど撃つ。時折6点、7点を撃つが、概ね8点圏を捉えた感じは良かった。

Img_3053

最後の姿勢はK(ニーリング=膝射)。 この頃、少し風が出てきた。flag 台風の影響かも知れないが、それほど強い風ではない。 Kの姿勢に崩れは感じない。今の銃のセッティングは、悪くなさそうだ。 これも7点、8点を撃つが、概ね9点圏を捉えた。

Img_3059

装備は、ザウアーずくし。 コート、ズボン、靴、グローブはザウアー製。 スリングはアカーのロジックベルト。

Img_3060

Img_3062

前述の全日本選手権大口径は、埼玉長瀞で行われた。 長瀞の暑さと真壁の暑さ....何かが違うような気がする.....cat

Img_3065    

2010年8月 1日 (日)

ライフル&スラグのローカル・マッチ

茨城県ライフル射撃協会大口径ライフル普及大会夏の部が行われた。

会場は笠間=茨城県狩猟者研修センター

夜勤明けのスタMasaは、午前10時ころ射場入りした。睡眠不足の体調につき、今回は射撃せず。   日ラ(日本ライフル射撃協会)地方公認審判員の仕事として、2射群と3射群の射場長を務める。

Img_2980

種目は、100mライフル伏射60発(100nP60)、100mスコープ・ライフル伏射40発(100mP40)、100mライフル3姿勢30発(100m3x10)、100mライフル・ベンチレスト30発

50mスラグ3姿勢30発。 ライフル、スラグ共通で50mランニング・ターゲット10発。

Img_2977

ライフルドスラグ競技とランニング・ターゲットはライフル射撃協会にはない種目である。茨城県ラ大口径担当理事のSK氏は、猟友会員である。SK氏は県ラ事業を盛り上げる策として、猟友会のライフル射手とスラグ射手を、県ラに勧誘した。

Img_2985

今回、30名近い参加者があった。盛況であった。

Img_2983_2

↑6mmPPCのターナーでP60競技中の、スタ「い」選手。ターナーのストックはアンシュッツのアルミ。

Img_2992

410番スラグに換装したウィンチェスターM94の使い手、残弾なしさん

今回、マイミクの一人、やませみさん が観戦しに来られた。会社の夏季休暇を利用して京都から23台のオートバイで関東地方にツーリング。やませみさんだけが一日伸ばして、スタMasaに再会しに来てくれた。   

Img_2990

やませみさんとの再会は、とても嬉しかったnote

Img_3011

↑表彰式。賞状を授与される残弾さん。

暑い日曜日であったが、射手の皆さん、お疲れさまでしたsun 

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック