« 衣替え | トップページ | 買出し、そして保管数調整 »

2010年7月 6日 (火)

射面に人....射撃出来ず:真壁

クラブ対抗戦を二週間後に控えた火曜日、真壁=茨城県営ライフル射撃場50m射場に入る。   

シルバー人材センターの、お爺ちゃん、お婆ちゃん総勢7名が、草刈り作業をしていた。

Img_2704

射撃出来る状況ではないdown

お爺ちゃんの一人に尋ねると、射面の作業は午前中で終わるとのこと。23的に入り装備を出して、作業終了を待つ。

Img_2707

銃:アンシュッツ1407アルミストック

Img_2721

実包はエレークラブ

シルバー勢、午前の作業を終えてランチタイムriceball

スタMasa、プローン(伏射、略称P)から始まる。

Img_2706  

昼の気温、30℃を下回る。暑い事は暑いが、バテるほどではない。

30発ほど撃ったころ、左方からガサガサという音......ふと左前方に目を向けると....

Img_2711

いつの間にか、シルバー婆ちゃん2名、1的のあたりで草刈り作業をしているではないかannoy

スタMasa、急ぎ射座を離れ、銃を後方に下げる。 射座から相当離れているとはいえ、射面に人が居る以上、撃つわけにはいかない。

本日の練習を諦めかけたころ、草刈り作業終了。

気を取り直し、再度射座に入る。

Img_2716

Img_2718

なんとか3姿勢の練習をすることが出来たcoldsweats02

« 衣替え | トップページ | 買出し、そして保管数調整 »

コメント

◎誠さん

そうでしたか。情報ありがとうございます。

そうなんですよ、スタMasaさん。よくご存知ですね。アメリカでは合衆国憲法修正条項第二項で、国民の銃の所持が認められています。しかし、一部の大都市、例えばニューヨーク、ワシントンDC、デトロイト、シカゴ等では、銃所持が禁じられています。今回問題の裁判でシカゴ市が敗訴し、それによって銃規制が緩められることになりました。実際問題として、郊外に行けば合法的に銃所持ができるし、また犯罪者はいずれにしても武装しているので、アメリカでの銃規制はほとんど意味が無いように思えます。

◎誠さん

御夫婦でプリンキング?ですかsun
うらやましいです。

ところで、最近米国では、過度な銃規制は憲法違反の判決が出た....というようなことを、かじり聞きしたのですが...

アメリカでの芝刈りは、ゴルフカートのような大型の芝刈り機(我が家にも一台あります)で行うことが多いので、結構広い敷地でもあっというまに終わります。しかし、射線より前に人がいたときはさぞかしギョッとしたでしょうねshock
ところで先日夫婦で装薬ピストル(22口径)を撃ってきました。牧場育ちの小生の愛妻、意外にも装薬ピストルを撃つのは初めてだったそうです。なんでも牧場では散弾銃や22口径自動ライフル、それに前装式ライフル(といってもステンレス製50口径の最新型)などの長物を使い、拳銃は用がないんだそうです。とにかくすごく面白かったようで、今は「もっと撃たせろ。」と言っていますhappy01

◎ムーミンパパさん

作業終了でランチタイムに入ったシルバー勢、
射面に人が出ていないことを確認してから
練習を始めたのですが.....

射面左奥に、作業員の姿を見つけた時は、
冷や汗ものでしたsweat01

う〜ん(^_^;)
微妙な状況ですね
午後から作業無しとの話なら
そのつもりで装弾済の銃を向けてしまう
可能性もゼロでは無いのでは?
一寸恐い感じがしてしまったのは
私だけ?でしょうか…

◎ぱるさん

シルバー婆ちゃん、平然として、怖がる様子は全くありませんでしたsweat01
こちらの方が怖がったですwobbly

22LRの音は小さいですから、作業の方々も射撃しているという実感がなかったのかもしれませんね。
それともお婆ちゃん、依頼主の命令だからと怖いのを我慢して作業されていたのでしょうか(;^^
でも大事に至らずなによりです。

◎りょんさん

クレー射場の隣にヘリポートとは、射撃に集中しにくそうですねship
ヘリコプターの旋風でクレーの動きが変わることがないでしょうか?

◎暴老さん

百穴射撃場、機会があれば撃ってみたいと思っていました。
今は多くのSB射場では、鉛の回収がし易くなっていますね。
来週のクラブ対抗戦、よろしくお願いしますhappy01

◎射撃組さん

23的から1的への誤射…小生なら十分あり得ますbleah
真壁の10m射場…そういえば、しばらく使ったことがありませんでした。
ちょっと標的面が暗いでしょうか…

怖いですよね!
射撃エリアに人がいた事自体がゾッとします。
秋に、トラップを撃っていると銃口の先端にトンボが止まるんですよね…。
撃てませんが…
某射撃場の隣に民間のヘリポートがあります。
超低空でレシプロエンジンの小さなロビンソンヘリコプターが射場を横切ります。
石ころ投げたら当たりそうなんですよ!
トラップなら被弾しませんが、スキートは角度的にヤバいのでは???っと毎度感じております。
もしかしたら、何粒か当たってるのかもしれませんね…
こわ!

昔、トラップ射撃をしていた頃の話です。

良く利用していた射場の一つに「百穴射撃場」がありました。
ここでは偶に(年1回位)鉛の回収が行われていました。
業者が「回収させて欲しい」と言って来るのだとか。無論、無料でしょうねー。

回収鉛は幾ら位になるんだろうか?

これからの季節 真壁も暑さはキツいですねwobbly
スタMasaさんなら 外す事は無いでしょうが 安全第一ですからね!でも、これで 気持ちよく撃てますねhappy01
先日練習に行ったのですが、真壁のAP射場は 風の具合では 午前中ならそれなりに練習できます。
クラブ対抗戦頑張って下さいgood

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122911/35660355

この記事へのトラックバック一覧です: 射面に人....射撃出来ず:真壁:

« 衣替え | トップページ | 買出し、そして保管数調整 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック