« 気分が乗らない時..... | トップページ | 天候異変 »

2010年2月18日 (木)

雪のち晴れ...映画DVD「乱れる」と「サンガイ」

朝、目覚めると、雪が降っていた。

Img_1310

Img_1307

Img_1312

報道によると積雪10cmだとか..snow

先日に引き続き、エアライフルの練習に出かける予定で、銃器以外の装備を自家用車に積み込んでいた。

あまりの雪の多さに、練習を断念、自動車から道具を降ろした。

午前中、先日調達した無煙火薬で.308Win.実包をリロードする。

高校三年生の一人娘、授業終了し、長い春休み?に突入中。大学入試は2勝2敗。2敗は難関校であったので、娘も親の小生ら夫婦もダメージはない。   2勝のうちの一つ、自宅から通学出来る大学で、親としては最良の合格note  己の能力の割にプライドだけは高い娘には、やや不満らしいが.....pig

昼、娘と二人で回転寿司へ行くriceball  この頃になると、雪は止み、空は晴れてきた。

回転寿司の後、二人でネットカフェで2時間ほど過ごす。

TUTAYAの会員更新に行く。更新割引の旧作DVDを1枚レンタルした。

Img_1315

1964年1月公開の東宝映画「乱れる」。 この作品、劇場で予告編を観た記憶があった。公開時期から推して、「海底軍艦」を観に行った時の予告編だと思う。

演出は成瀬巳喜男監督。主演は高峰秀子と加山雄三。モノクロ、シネマスコープ。しっとりとした恋愛映画である。  舞台は静岡県清水市。小さな酒屋を切り盛りする女将。戦死した夫の母と、夫の弟と慎ましやかに暮らしている。 女将は戦中に結婚したが、わずか半年の結婚生活であった。 戦災で焼けた酒屋を建て直し、幼い義弟を育てた。

義弟は大学卒業後、普通の会社に就職したが、転勤を拒んで退職。以来、マージャン、パチンコ、酒の放蕩三昧。  しかし、彼の本心は、義姉である女将に思慕の情を抱いていたため、義姉のそばに居たかった......。      義弟はついに女将に告白する。揺れ動く女心。しかし、女将は義弟と亡夫の家族の将来を考え、身を引く決意をする。 故郷に帰る列車の乗った女将の前に現れたのは、追いかけて来た義弟であった....。

二人は、ひなびた温泉町に降りる。 義弟の熱い思いによろめきかけるが、女将は義弟の思いを拒否し、家に帰るよう諭す。 義弟は旅館を出て、小さな居酒屋で酒をあおる。

翌朝、思いもかけない事態が.......

モノクロ映画だが、高峰秀子さんの上品さと美しさが際立つ作品である。これほど自然に和服を着こなす女優さんは素晴らしい。    当時、若大将シリーズで人気を博していた加山雄三さんの、純情な若者ぶりも良い。   

恋愛映画であるが、アダルトなシーンは一切ない。もどかしいくらいの純愛である。 驚愕のラストシーンは、観る者の胸を締め付ける...思わず涙ぐむ映画である。

 涙を拭った後、一昨日購入した、デイアゴの東宝特撮コレクション「フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ」を観る。 

Img_1317

1966年の夏休み公開。前年の「フランケンシュタイン対地底怪獣バラゴン」と、やや設定が違うも、その流れで観るのが良いだろう。

元をただせば、第二次大戦末期、フランケンシュタインの心臓をUボートと伊号潜水艦のリレーで、広島に搬送し、そこで迎えた1945年8月6日.......原爆の放射能を受けたフランケンシュタインは、巨大化し、富士山麓で地底怪獣バラゴンと戦う.......

富士山にたどり着くまで、フランケンシュタインは、琵琶湖に潜伏したことがあった。その折の負傷で、細胞の一部が海に流れ、プランクトンなどを栄養源にして再生したのが、海のフランケンシュタイン、ガイラ。 やがて巨大化したガイラは、たんぱく質を求めて人間を襲うようになる。     ここで活躍するのが、陸上自衛隊。コード名L作戦。最新科学兵器メーサー光線車により、ガイラに大きなダメージを与えるも、殲滅には至らず。

ガイラの暴虐を止めるため、山中に潜んでいた元々のフランケンシュタイン、サンダは東京に出現する。東京中心部で壮絶なバトルを繰り広げる、異形の怪人獣二体とメーサー光線車。やがて二体のフランケンシュタインは、戦いながら東京湾から外海へ..そして運命の時が.......。

本多猪四郎監督は、この作品の脚本も共同執筆するほど、気合が入っている。見ごたえのある怪獣映画だ。   この年、本多監督が撮った特撮映画はこれだけ。冬休み公開の「ゴジラ・エビラ・モスラ南海の大決闘」は福田純監督がメガホンを執っている。

この年、本多監督はサンガイの後に1本製作している。秋公開の「お嫁においで」だ。

当時、歌手でもあった加山雄三のヒット曲「お嫁においで」を映画化したものだ。他愛もない青春映画である。 この作品に、本多監督のやる気は見えない。会社から押し付けられた仕事だったのだろう。   「ガルシアの首」を撮った後、「キラーエリート」で、思いっきりダレた演出をしたサム・ペキンパーのようであった。

というわけで、自宅で映画鑑賞の休日であったslate

« 気分が乗らない時..... | トップページ | 天候異変 »

コメント

◎ダイスケさん

ようこそ、おいでくださいましたhappy01
はじめましてsun

以前、ダイスケさんのブログを拝見して
芸術家のハンター、すごい人が居るものだ、
と思ったことがありました。
そのダイスケさんからコメントいただけるとは
光栄です。

リンクの件、こちらこそ御願いいたします。

はじめまして、
ダイスケと申します。
以前からブログ読ませて頂いております。
ミリタリースリングの使い方に悩んでいた時は
スタMasaさんの解説ページがとても参考になりました。

ところでブログの相互リンクをお願いしたいのですが
大丈夫でしょうか。
http://ameblo.jp/hiradama/

よろしくお願いいたします。

◎KINKYさん

ありがとうございます。
娘の入試は、最も良い形で修まりましたhappy01

昔の映画.....内藤洋子さんは良かったですねheart03
小生は恩地日出男監督の「あこがれ」が好きでした。

加山雄三さんは若大将シリーズが有名ですが、
「太平洋の翼」「ゼロファイター大空戦」などの戦争映画が好きです。   30歳を過ぎてからの、ネオ・アクション路線「狙撃」は絶品です。

お嬢様の合格おめでとうございます。と申し上げて宜しいのでしょうか?ご自宅から通学出来れば心配要らないですね。

成瀬監督は純文学の映画化が多い方でしたね。
加山雄三は「若大将シリーズ」はよく観に連れて行った貰いました。
初めて買った邦楽のレコードが加山雄三、洋楽はモンキーズでした。
役者としても歌手としても好きでしたが、子供に純愛映画は無理だったでしょうね。

記憶にある純愛映画は舟木一夫、内藤洋子の「その人は昔」かな?内藤洋子可愛かったです。

◎誠さん

以前にも書きましたが、恋愛の真髄はプラトニック・ラブです。 賛同してくれたのは誠さんだけでしたがheart01

東宝映画「乱れる」のDVD、アマゾンに注文してしまいましたheart

小生も、もどかしいくらいの純愛物語が大好きです。でも、最近では純情なんて言葉、耳にすることがなくなりましたね。

◎ぱるさん

大口径のバイアスロン、一般銃と競技銃の部門があったそうです。 一般銃とは、64式小銃のことだったとか…coldsweats01
ペキンパ作品「戦争のはらわた」がお好みですか。ペキンパ晩年の名作ですねcamera
小生、だいたいの作品は好きですが、キラーエリートだけは、いただけませんangry

札幌オリンピックで見た(TVで)バイアスロンは大口径でした。
クリップで一気に5発を装填するシーンが目に焼き付いています。
長野オリンピックで見た時(これもTV)には、直動式の22LRになっていて、ちょっとびっくりしました。
全力疾走の後で8点に当てるなんて驚異的ですよね。

サムペキンパー、やっぱり「Cross of Iron」が大好きです。

あ、すみません。
常連様ではなく、たまに書き込みさせてもらっている、初心者質問野郎のぷちはんたぁ と申します。

スタMasa先輩、Dr K先輩早速にもご教授ありがとうございました。おかげさまでバイアスロン専用銃の推薦母体と基本性能、おおまかにわかりました。

ストリーミングでバンクーバーの競技をチラ見しました。心肺バクバク状態で、あの薄いつるつる滑るウェアで立射するなんて超人的な種目ですね。
寝たきりで「今日は銃、止まらないな~」とほざいている自分が恥ずかしくなるような画像でした。

今回のNT、靴紐が切れたり、認証シールを剥がして当日失格になったりと、道具にまつわるとほほ、な話が多いですね。

これは余計な話でした。
お手数をかけました。今後もよろしくお願いします。

◎元副将Dr Kさま

さっそくのコメント、ありがとうございます。 宛先間違っているけどbleah 宛先は、ぷちはんたぁさんですcoldsweats01

◎おとうたま様

はじめまして、Dr.Kという者です。
スタMasaさんとは以前同じ射撃クラブで、主将と副主将の関係でした。私は現在はバイアスロン競技のみを興じている者です、バイアスロンの話題が出たと云う事で連絡を頂きコメントをお願いされましたのでこうしています。

バイアスロンの銃は、現在日ラの推薦ではありません、「日本近代五種・バイアスロン連合」により推薦されます。
推薦には走力テスト・立射による射撃テストがあります。

ところで、バイアスロン銃の精度ですが、ポジションシューティングの銃とさほど変わらない性能があると私は思います。
ただしポジションシューティング専用銃と互角に戦えると云う物でもありません、射撃経験者であると聴いていますのでお分かりと思いますが、バイアスロン専用銃ですからその競技に合わせた作りになっつていますので・・・・・、それに銃によって製品のバラつきや、弾との相性もありますので・・・・・。

バイアスロンで狙う的の大きさはSB標的の黒点の大きさ、立ちはそのままの大きさです。
伏せでは、見た目は黒点の大きさですが、命中とされる標的の大きさは概ね8点圏です。

バイアスロンでは点数を狙うものではありませんが、10点を狙う精度は有ると思っています。

興味がございましたら、私のHPを参考にして頂ければ幸いです。


◎おとうたま

サンガイ…ラストが無理やり、の感じですが、上出来の映画だと思います。
メーサー光線車といえばL作戦マーチnoteやはり東宝特撮には伊福部サウンドですhappy01

◎ぷちはんたぁさん
ようこそnote 無煙火薬は、国内にようやく流通するようになりました。小生、先日、6ポンド購入しました。
バイアスロン銃について… 以前は日ラが推薦業務を行っていましたが、現在は近代五種連盟のみの推薦のようです。
バイアスロンに関して小生明るくないので、茨城県バイアスロン連合のDr K氏に、コメントしてくれるよう依頼しました。しばらくお待ちくださいcoldsweats01

をぉ!買いましたか!

やっぱり二人揃ってガオー!って感じの宣材が印象的ですよね。

おとう的東宝歴史録においてはこの作品は「66式メーサー殺獣光線車」のデビューとして残っております。

ちなみにおとうも66式でございます。

こんにちは。
昨年、ハンティングライフル競技の件でお教えいただいたぷちはんたぁです。その節は、ありがとうございました。
雪とくれば、今が「旬」のバイアスロンではないでしょうか(強引・・・)?

最近、大口径用の火薬の入手が思わしくなく、.22を持とうかと考えているこのごろです。
.22は、ネットでしか出物情報を知ることができないので、某海老巣店のみょうに安いバイアスロン専用銃が気になっています。
アレは、そもそも日ラが主管する競技には推薦や公認の出ない類の銃なんでしょうか?
また、性能的に点数を追う銃ではないのでしょうか?

毎度、質問ばかりですみません、ご指南のほどお願い申し上げます。

◎CASさん
こたつでDVD、たぶんそれが、正しい冬の過ごし方だと思いますcat

平地であの積雪量だと笠間射場付近はもっとでしょうか。いまだにノーマルタイヤなので怖い怖い。
極端に寒い日はコタツにDVDも良いのかもしれないですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122911/33434588

この記事へのトラックバック一覧です: 雪のち晴れ...映画DVD「乱れる」と「サンガイ」:

« 気分が乗らない時..... | トップページ | 天候異変 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック