« クラ対大口径最終日 | トップページ | 3週間ぶりのトラップ »

2009年10月21日 (水)

SB当らん.....

良く晴れた水曜日、先週に引き続きSB練習。

Img_9843_3

場所は、真壁50m射場。

Img_9855_3

先客お一人様。クラブチーム「かめむし」の総帥TBさん。

Img_9881_3

スタMasaの得物はアンシュッツM1407。

程よく暖か、風無し。射撃には絶好の気候なれど....当らずshock

S(立射)は6点多し。

K(膝射)は8点地獄。

P(伏射)は、相変わらず10点遠い.....。

特筆すべきこと無し。

« クラ対大口径最終日 | トップページ | 3週間ぶりのトラップ »

コメント

◎Shiroさん ◎「み」さん アドバイスありがとうございます。まずは、ストックを切ることを考えてみます。

Masaさま

Siroさんも言っていますが、1407のストックそのものにフリーのバットプレートを付けたならば、Masaさんの体型であれば長すぎます。
(190cm100kgでないと・・・)
10cm程ストックを切り詰められるとよろしいかと・・・・
ストックを短くする事により、左肩を引きつけられる・・・スリングで支えられる・・・無駄な力がいらない・・・安定する・・・遊びに行く10点を嫌う)弾が減る・・・結果良い成績が残せる・・・と思います。
私自身の意見としては、フォアエンドの厚みを薄くする必要性はストック切り詰め後に判断されればよいかと思います。
身体に合わない道具を使いこなすためにする努力に比べて、道具を身体に合わせて使用する方が効率的だと思います。
小生の所持しているLB、SB共年代物のウッドストックですが、時代に乗り遅れているとは思っていません。それぞれの利点・欠点を知り使いこなせば差はないと思っています。
実際、鉄砲は良いんだけれど・・・という人がいっぱいいますものね。

お久しぶり
クラブ対抗大口径は成績不振で記憶から抹消しました。

写真のストックは昔の1807ストックだからグリップからトリーガーまでが遠く、バットプレートが下についているので、肩の当る位置が無理な力が掛かる形状に見えます。

ストックが長すぎるので肩付けが腕に近くないと構えられない。

ストックを垂直に思いっきり切り詰めて、バットプレートにスペーサーを入れて、バットプレートをもっと高く、角度を今の逆に。
エクステンションチューブを使い、サイト間距離の増やして老眼対策とリアーサイトを前に出すことで弾入れが楽になります。

2丁SBが有るから1丁伏射専用銃を作ったら、撃ちやすいですよ。


◎B.J.ユストさん >P専用ストックですか…… 一応3P撃つこと念頭に置いていますhappy01 鉄砲云々より、小生が下手、ということですねbomb

規則的な練習日程。
誠に恐れ入ります。

非凡なる者、
日々精進。

将軍の為にある言葉ですね。

異教徒の言葉に、
弘法筆を択ばず。
と言うのが、ありますが…

先台、チト厚いのでは。

P専用ストックを導入すれば…
鬼に金棒。
スタMasaに■■


◎NOBさん >アルミ…そういえば小生、アルミの鉄砲を持ったことがありませんcat 時代に取り残されているかもsweat01

つかこの際アルミでしょ?

◎暴走老人さん >おはようございますsun ストックを削る…全く考えたこと、ありませんでしたhappy01

ストックの先台を薄く加工したら?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122911/31880537

この記事へのトラックバック一覧です: SB当らん.....:

« クラ対大口径最終日 | トップページ | 3週間ぶりのトラップ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック