« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月30日 (金)

再検査

8月に人間ドックを受診した。

「上部消化管:できるだけ早期に、再検査必要」 との判定。要するに胃カメラを呑め、ということであった。

スタMasaは、胃カメラが嫌いである。 ドック後、知らぬふりをしていた。 一ヶ月ほど前から、食道に、ひっかかりを感じるようになった。妙な自覚症状である。

意を決し、病院に行った。

Img_9956

昨年も胃カメラを担当したIZ医師『たぶん、大丈夫だと思いますよ..』、と言いながら、人間ドックの結果表を見て....『今回は食道ですか....念のために内視鏡やりましょうか』

ということで、金曜日の午前、胃カメラを呑むことになった。

最近は、鼻から注入する細身の内視鏡が出てきたらしい。だが、この病院では、口から入れる太めの胃カメラであった。

咽喉に麻酔薬を塗布するが、やはり嘔吐感はある。 涙がこぼれたsweat02

胃カメラが体内に入った時間は5分程度であろうか....。

IZ医師 『異常ありませんね。少し胃炎があるくらいです。』

えっsign02 あの食道の違和感は何だったのだろうか.....。

Img_9957

ともかく、今のところ、無事のようであったcoldsweats02

2009年10月29日 (木)

笠間ショック....か..??

一週間前、高萩射場でトラップ、19枚-21枚と撃って気を良くして、翌日、茨城県狩猟者研修センター19-15-16と、どこをどう撃って良いのか分からなくなったshock

夜勤明けの木曜日の午後、トラップガンSKB5700を持って高萩に向かう。

Img_9953

Img_9950

Img_9952

1R目。常連の公式射手、AS氏、IK氏とご一緒させていただく。スタMasa、3番射台に立つ。 据銃すると、何やら嫌な感じが.....typhoon

撃つ前から、中る気がしなかった... 案の定、抜きまくり...先週の笠間と同様、どこをどう撃ってよいのか分からなくなっていた。  砕いたクレーの数、10枚down

2R目。AS氏、IK氏に、本県の公式射手OS氏が加わる。スタMasa、4番射台に立つ。

肩付け、頬付け、据銃、放出孔の先を見る.....コール、クレー放出、銃を振る、撃発、外れる、二の矢発射、クレー無傷のまま落下..... 結果16枚。 先週の笠間ショックを引きずっている。中る気、まったくしないshadow

笠間射場は、バックストップにグリーンのネットが張ってあり、クレーが見やすい。ついつい飛翔するクレーに見とれて、撃発の機を逃していたのかも知れない。

県クレー協会のコーチでもあるOS氏曰く 

『笠間のセットは高萩のとは違う。また、笠間は機械とクレーの相性に癖がある。慣れれば中るようになる。』

機械とクレーの相性問題、初心者のスタMasaに分かるはずもないpig

悪いイメージを、早いところ払拭したい.....。 明日、人間ドックの再検査で、内視鏡胃カメラを呑むhospital     嫌な感じだ...。 滅入った気分で高萩の山を下りたrvcar

20091029212758

Img_9954

この日の使用弾。射場で購入したFOB。

2009年10月24日 (土)

ARとトラップ

曇り空の土曜日。笠間に向かった。練習のメインはAR立射。

この日の笠間=茨城県狩猟者研修センターは、大口径ライフル射場は、県南の猟友会が借り切っていた。

Img_9911

クレー射場は、トラップ、スキート共射場月例会。賑わっていた。

スタMasaが入ったのは、10mAR射場。ここは閑散。

Img_9912

アンシュッツM2002ポンプ、オーバーホール後、初射撃。

Img_9914

点取りはしない。グルーピングをまとめることに留意した。 70発ほど撃つ。不用意な7点が1個、8点ぼろぼろであったが、感触は悪くなかったcoldsweats01

昼過ぎ、スターチス・メンバーの一人、ShimayumiさんがファインベルクバウP70を持って来場。

Shimayumiさんも、スタMasa同様、マコト型標的交換機を使う。

Img_9919

Img_9922

立射練習後、スタMasaはP=伏射を少し撃つ。 Shimayumiさんは、来月のクラブ選抜戦に向け、立射練習。

Img_9915 

Img_9927

Img_9929

Img_9931

Img_9932

Img_9923

先にAR練習を終えたスタMasaは、受付に向かう。 クレーの月例会は既に終了していた。

Img_9943

スタMasaは、トラップガンSKB5700を携え、トラップA射面に入る。

Img_9945

先客はベテラン3名様。 4人で射団を組む。  撃ちやすいはず、の射場だ。だが、妙に中らないdown

この日は、特にストレートがまるで駄目だったpig

1R目、20枚目前の19枚bearing

3名様のうち、お二人がお帰りになった。 2R目、残った御仁と回らせていただく。

抜きまくり、であった。15枚。 今度はストレートのほか、右が追えなくなったdownwardright

一息ついて3R目は単独射撃。 状況変わらず.....16枚snail

設備、ロケーション、いずれも、高萩より優れている射場だ。 

思えば、この射場で20枚を撃ったのは、一度だけである。  もっとも、ここでトラップを撃つ時は、殆どの場合、ライフルを撃ち終えてからなので、体の切換えが出来ていないのかもしれない...と自分に言い訳してみるhappy02

AR立射が、まずまずだったので良しとするか..cat

Img_9949

2009年10月23日 (金)

3週間ぶりのトラップ

高萩射撃場のスタンプカードのポイント100個貯めて、装弾250個と引き換えてから3週間。

久しぶりのトラップ射撃。場所は高萩。

夜勤明けのスタMasaは、午後、鉄砲を取り出し、高萩に向かった。

良く晴れた金曜日であった。

Img_9907

1R目、単独射撃。 1枚目ストレート、軽くあしらわれるdown 6枚目まで3枚抜いたので、ひどく外しまくっているような気になった。  しかし、上がってみると19枚。意外に取っていたcoldsweats02

Img_9905

2R目、4人で射団を組む。スタMasa以外はベテランのハンターさんたちだ。

12枚連続撃破して、勘が戻ったような気がした。しかし、後半崩れて21枚。

3週間ぶりに撃って、20枚オーバー出れば上出来note ここで終了とする。

20091023223133

2009年10月21日 (水)

SB当らん.....

良く晴れた水曜日、先週に引き続きSB練習。

Img_9843_3

場所は、真壁50m射場。

Img_9855_3

先客お一人様。クラブチーム「かめむし」の総帥TBさん。

Img_9881_3

スタMasaの得物はアンシュッツM1407。

程よく暖か、風無し。射撃には絶好の気候なれど....当らずshock

S(立射)は6点多し。

K(膝射)は8点地獄。

P(伏射)は、相変わらず10点遠い.....。

特筆すべきこと無し。

2009年10月12日 (月)

クラ対大口径最終日

平成21年度第14回全日本ライフル射撃クラブ対抗選手権大会300mの部

最終日は祝日、体育の日motorsports 良く晴れた日であった。

最終日の種目は、伏射60発競技(プローン=略称P60)。

今回、スタMasaはこの種目にエントリーしなかった。当る気が全くしないからであるshock

前日の3×40のP、84 89 92 88 計353

60発撃ったら、9割を切ってしまうような点数だ。

さらに、左上腕と左胸に筋肉痛.....前日のPとK、スリング種目の後遺症だ。それだけポジション射撃の練習をしていなかった証拠である。

ポジション射撃の練習をしていなかったが、射撃をしていないわけではなかった。スタンプカードのポイントを稼ぐために、ここ二ヶ月くらいは、高萩射撃場でトラップばかりを撃っていた。トラップ集中練習の成果は、何となく出てきたようであるが.....まともにポジション射撃を出来る状態ではなかった....happy02

というわけで、本大会最終日、スタMasaは競技運営役員に徹する。下命された仕事は、射場長であった。

Img_9807

スターチスToruSさん 

Img_9808

S.O.Sの暴走老人さん

Img_9811

かめむし の重鎮MTさん。

還暦過ぎであるが、アルミストックのケッペラーで.308Win.を撃つ。

Img_9815

スターチスkamoさん。

3P射手だが、今回は体調の都合により、P60にエントリー。 万全な体調ではなかった....。

Img_9816

今回の優勝者、ユニコーンのTTさん。

射撃分析装置ノプテルの輸入代理店、三和管財の社長である。

Img_9819

ホーネットのNOBさん。 マイミクさんである。

Img_9829

AAAの、ぐうたららいふるまん師

全国に多くの信奉者が居る、大指導者。

Img_9832

スターチス「い」さん。

本大会初日、スコープP40で、.300WSMのネシカを撃ったが、P60では、6mmBRのターナーを使う。

Img_9835_2 

NRTのShiroさん。

午後2時、全的終了。 閉会式の後、スタMasaは急ぎ帰途に着く。連休最終日、高速道路の渋滞が予想された。   花園ICから関越道に載るつもりであったが、既に上りの渋滞は始まっていた。  

高速道路を使わず、一般道で茨城に向かう。多少時間がかかったが、渋滞はなく、5時間ほどで帰還できたrvcar

2009年10月11日 (日)

クラ対大口径初日

平成21年度第14回全日本ライフル射撃クラブ対抗選手権大会300mの部

開催は2009年10月11日、12日。会場は、埼玉県長瀞総合射撃場300m射場。

初日10月11日の種目は、フリーライフル3×40(3姿勢120発)とスコープ・ライフルP40(伏射40発)。

Img_9724

スタMasaは、午後、2射群目で3×40を撃つことになっていた。 前日、全国クラブ対抗戦実行委員会のZ委員長より、1射群目の射場長を下命されたので、その任務に就く。

蛇足ながら競技の説明。

3×40・・・・・3姿勢120発競技。スリーポジション=3Pとも略されるが、最近はあまり使    わない語である。    伏射、立射、膝射、各40発計120発1200点満点。

伏射の略称P・・・・ぷくぷくのPさんのPではない。プローンのPである。

立射の略称S・・・・スタンディングのSである。

膝射の略称・・・・・ニーリングのKである。

時間制限あり。 伏射50分、立射1時間15分、膝射1時間。

Img_9733

3Pの最初の姿勢はP。写真はスターチスkoba選手。

koba選手の得物は、ケッペラーの.308Win.

Img_9732

スコープ・ライフルP40(伏射40発)を撃つスターチス「い」選手。 

得物はネシカの.300WSM(ウィンチェスター・ショート・マグナム)。

Img_9743

3P、2番目の姿勢は立射=S。

Img_9748

スコープP40、スターチスとも選手。 得物はレミントンM700VSSF、口径.223Rem.

SB(スモールボア・ライフル)P60のG馬県代表国体選手。本年の新潟国体では、入賞間際の9位。

Img_9759 

3P最後の姿勢はK=膝射。

Img_9769

審査室。

午後から2射群。スタMasaは2射群の3的に入った。 

Img_9765

スタMasaの得物、シーレンDGA、口径.308Win.

実包はハンドロード弾。弾頭155gr.(1グレイン≒0.0648g) 火薬IMR4895を43.7gr.初速2650fps(フィート・パー・セコンド)見当か・・・。

スタMasaの射撃・・・・・とにかくPが当らないshock  撃ち方が良くないのか、目に欠陥があるのか・・・  

P 84 89 92 88  353

S  81 82 76 75  314

K  87 87 88 85  349      計1016

SとKで、何とかごまかして久しぶりに1000点オーバーしたcoldsweats01  勿論、勝てる点数ではない。

Img_9779

スタMasaの右隣4的で3×40を撃っていた、クラブチームNRTのShiroさん。Pの名人である。 昨年あたりから「3P引退する」と言いながら、3Pを撃ち続けている。

Img_9783

スタMasa、シーレンDGA、Kのセッティング。

夕方、宿に戻る。 明日、P60を撃つスターチス「い」さんとスタkamoさんと合流。秩父駅前の居酒屋でミーティングbeer  

明日、最終日。スタMasaはP60にエントリーしなかったので、競技運営役員に専念する。

2009年10月10日 (土)

クラ対大口径前夜

秋の恒例行事、全日本クラブ対抗選手権大口径の部が、10月11日~12日、埼玉県長瀞総合射撃場で開催される。

土曜日の朝、今回の得物、シーレンDGAと.308Win.実包を持って、長瀞に向かう。高速道路休日割引の影響で、関越自動車道、所々渋滞。

昼過ぎ、射場に着く。今のうちに用具検査を受けておくつもりであった。 射場に、本大会の役員の姿なし・・・ 

300m射場には、ライフル・ハンターの人たちが、猟期前の調整に来ているようであった。

Img_9718 Img_9719

しばらくの間、射場でハンターさんたちの射撃を眺める。

Img_9721

Img_9723

夕方、秩父のビジネスホテルに投宿。明日、3×40(3姿勢120発競技)を撃つ予定。

2009年10月 3日 (土)

100ポイント達成!!装弾250個

Img_9530 高萩射撃場

 茨城県高萩市秋山2918番地  ℡0293-24-1162

 開場日 日・月・木・金・土

 ただし狩猟期間中(11/15~2/15)は不定期開場。

茨城県北部の唯一のクレー射撃場。射面は1個。トラップ、スキート兼用。 発行から1年間有効のスタンプカードのサービスを行なっている。 1R撃てば1ポイントである。ポイントが180個貯まれば装弾500個と引き換え、100個であれば装弾250個である。

スタMasaのスタンプカードの発行は、2008年10月4日。2009年10月2日の段階でポイントの数は96個であった。

2009年10月3日、仕事休みの土曜日、スタMasaはトラップガンSKB5700を持って、高萩射撃場に向かった。

Img_9516

Img_9519

持参した装弾は、ウィンチェスター・インターナショナル。24gの7.5号トラップ用。

やや細身なのか、トラップガンの薬室にスムーズに入る。

Img_9514 Img_9527

天候は曇り。風は弱い。

先客あり。常連のKNさんだった。既に数ラウンド撃ち終えていたようだった。1R目、KNさんにお付き合いしていただく。 KNさんとラウンドすると、好スコアになることが多い。スタMasaが、この射場で24枚撃破した時、一緒にラウンドしてくれたのはKNさんである。

KNさんのリズムが良いのだろうか。普段出だし不調のスタMasaの1R目、3枚抜きの22点happy01  KNさんも22点だったようだ。

KNさんが帰った後、単独射撃となる。 ストレート拾い撃ちをする。   ストレート拾い、前日同様、中らずshock 13枚しか砕けなかった...。

一息ついていると、県クレ強化コーチのOSさん御来場。 3R目、OSさんとご一緒させていただく。 前々回アドバイスを受けた姿勢と取ってみる。スタンスを狭めて左脚に重心を移動させる。右脚は少し浮く感じで、左右に振りやすくなる感じがする。だが、窮屈denim

5枚抜いたところで、ライフル立ちに戻した。 以降3枚抜いて結果17点。 OSさん、スタMasaの変形姿勢に言及せず。大人の射手だ。

ランチタイム後、常連ハンターのGAさんとKBさん御来場。 Img_9533

Img_9524

4R目は、OSさん、GAさん、KBさんとご一緒させていただく。  中盤、まとめて4枚抜くも結果20点。

この時点で、ポイント100個達成となったfuji

20091003195855

Img_9526

ポイント交換賞品は、装弾250個。7.5号か9号かの指定は別にして、銘柄の指定は出来ない。その時、高萩射場に在庫する比較的低価格の製品となる。 今回の交換賞品は、ケメンの7.5号24g弾。Img_9532   

スタンプカード有効最終日、ようやくポイント達成。次回からまたポイントを溜めることにするnote

2009年10月 2日 (金)

雨に煙る高萩.....ストレート中らず

夜勤明けの金曜日の朝、曇り空cloud 一旦帰宅、鉄砲出して高萩射撃場に向かうその時、雨が落ちてきたrain 結構強い雨だ。いつもなら練習に行くこと挫けるところだが、スタンプカードのポイント、あと8個で装弾250個である。 昼過ぎ、射場に着いた。

Img_9505 射台にも雨が吹き込む。この天候でクレー射撃をする人は、いないだろうと思っていた。 しかし、クレー好きの先客が居た。

70歳代のベテラン・ハンター氏であった。トラップご一緒させていただく。

風もやや強い。2枚連続抜きで始まった。中る感じがしない。 抜いたイメージが強く、ひどいスコアのような気がしていた。  しかし、意外に中っており 21点note

Img_9508

ベテラン・ハンター氏は、お帰りになった。 2R目は単独射撃。   

トラップの基本練習はストレート撃ち....とは、よく耳にすることだ。  だが、スタMasa、ストレート練習の目的と効用を理解していない。  ミクのあるコミュで、教えてください、と投稿したが、今のところ反応はないshock

というわけで、2R目単独射撃は、ストレートのみ出していただいた。 肩付け、頬付けをチェックし、放出口の先を見る。ウォーい、と間延びしたコールで、クレーが飛び出す。クレーの動きを見ることを意識して追いかけ、引鉄を引く......出る方向が一定なので、振り出しが早くなることを極力避けるよう意識するが.....妙に中らずsign02  外しまくって16点down

一息ついていると、県クレの強化委員のOSさん来場。先週、OSさんが撮影してれた写真を頂戴した。

20091002201518 20091002201730

20091002201835 「ライフル立ち、いずれは直した方が良い」とOSさんは言っておられた。

3R目、OSさんとご一緒させていただく。 先週、OSさんから受けた姿勢のアドバイスを無視し、いつもの変形ライフル立ちで撃つ。初っ端から3枚連続抜いて、結果18点sweat01 でも、OSさんは、何も言わなかった。 

雨風、さらに強くなったころ、常連のIさんとYさんご来場。 4R目、Iさん、Yさん、OSさんとご一緒させていただく。  3枚目から3連続抜き....やはり抜いたイメージが残り、ひどく中らない感じであったが、これも意外な結果で20点flair  20点撃ったが、4人中4位であったhappy02  それもそのはず、ラウンドご一緒させていただいた御三人は公式射手である。

20091002203708_2

ストレートのみ撃ちを含めて4R。ポイント4個加算。 Img_9512

あとポイント4個で、いよいよ装弾250個である。

明日、達成の予定fuji

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック